成果報告書詳細
管理番号20160000000409
タイトル平成27年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム 省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討 工場の低温排熱を有効活用するシステムの市場ポテンシャルに関する調査研究
公開日2016/11/8
報告書年度2015 - 2015
委託先名日本電気株式会社
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約概ね100℃以下の低温排熱の再利用は、膨大な排熱を排出する工場での省エネとして期待されている。しかしながら集熱の効率が低く、再利用先で必要とされる温度が得られないため、経済合理性の確保が難しく、用途が著しく限定されていた。近年、データセンターのサーバーからの40℃前後の排熱を高効率で集め、直接サーバー室外に捨てることで、空調機の電力を大幅に削減する技術が登場したため、圧縮昇温技術と組み合わせて応用することで経済合理性が成立し、利用先が拡大できる可能性を見出した。工場における低温排熱の量については、(財)省エネルギーセンター「工場群の排熱実態調査」(平成12年度)があるが限定的であり、特に低温排気については再利用できないものとして、その熱量はこれまで調査の対象になったことがない。そこで本調査では、工場における排気を含めた100℃以下の低温排熱量と、再利用可能な熱エネルギー量を推定する。本調査にあたっては、特に熱利用が多いとされる7業種(医薬品、輸送機械部品、製紙・フィルム、金属部品、食品・飲料、化学、電子部品)に対象を限定し、訪問と電話によるヒアリングを行った。排熱が発生する工程を確認、分析し、そこで発生する排熱の温度と熱量を推定するとともに、排熱の活用先(設備等)を特定した。最終的には、国内における低温排熱の総量を対象製品毎に見積もった。さらに排熱を再利用した場合にどの程度の省エネルギーが達成されるかを、温熱利用、冷熱利用に分けて算定した。
英文要約Title: Strategic Innovation Program for Energy Conservation Technologies/ Research for the Important technologies of Energy Efficiency Projects/ Survey of the amount of low-temperature waste heat from factories and analysis of its utilization in the market (FY2015) Final Report

Significant energy savings are expected by reuse of waste heat energy less than 100℃ from factories. However, utilization of the waste heat was limited due to inefficiency in reuse process of heat energy and difficulty of reusing lower temperature heat at factories. Currently, heat transport technology that applied in data centers achieved to transport lower temperature heat energy, as a result, saved significant electricity consumption of AC. Combining the heat transport technology with refrigeration cycle by compression has increased possibility of reuse of low temperature heat energy. Amount of lower temperature waste heat has been estimated by the Energy Conservation Center, Japan in 2000, but the data was very limited since it was considered non-reusable. Therefore, amount of waste heat energy less than temperature of 100℃ and the ratio of possible reusable heat energy were investigated in this report. The amounts of waste heat energy by industries were studied based on hearings by visits and telephones. Industries with relatively larger heat energy use were focused and categorized as pharmaceutical products, transportation machine parts, paper and film manufactures, metal parts, food and drink products, chemical products, and electronic parts. Mechanism of heat release by production process was analyzed and amount of waste heat energy and its temperature were estimated as well as proposing possible heat reuse. Finally, the amounts of lower temperature waste heat by specific category of products were estimated domestically. Furthermore, significance of energy savings by reuse of the waste heat was estimated with use of heat energy in different thermal ranges.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る