成果報告書詳細
管理番号20160000000412
タイトル*平成27年度中間年報 戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討(平成27年度第2回)/マイクロ波を用いたカーボンマイクロコイル触媒昇温システム技術の調査研究
公開日2016/11/16
報告書年度2015 - 2015
委託先名イマジニアリング株式会社
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約近年の自動車では冷気始動時やアイドルストップ再始動時に触媒が活性化するまでのエミッションの増加を抑えるために、暖機運転や燃料増量などの触媒活性化対応技術が行われ、燃費低下の要因になっている。触媒活性化の手段として、電気ヒーター等を用いた加熱による触媒活性化が行われているが、大電力を要するという欠点がある。本プロジェクトでは触媒昇温に関する最新技術動向を調査する。またマイクロ波エネルギー吸収性能の高いカーボンマイクロコイル(以下CMCと略記)の触媒昇温への適用可否を調査確認する。27年度は技術調査を中心に研究を行う。技術論文調査では、日本のJSAE(自動車技術会)からは44文献の収集、米国のSAEからは50の有用な文献収集を行った。その結果、排気規制、燃費規制、HV車の普及などにより、触媒性能向上、特にコールドエミッション低減ニーズが極めて高いことが分かった。論文調査と並行して行なった専門家からの意見聴取では、触媒昇温に対しCMCを用いた急速昇温の可能性が高いことが推察された。特許では将来障壁となる可能性の有るJIS法規制12件の内容について調査した。市場調査では、本技術の適用可能性の高い乗用車を排気量別に2009年から2014年の期間で台数調査をした。その結果、量が多く台数変動も少ない2Lを中心に調査を進めていくこととした。成果としての研究発表・講演なし、特許等なし、受賞実績なし。
英文要約Title:Strategic Innovation Program for Energy Conservation Technologies/ Research for the Important technologies of Energy Efficiency Projects/Research on Catalyst Warming up System Technology Using CMC and Micro Wave Power (FY2015-FY2016)FY2015 AnnualReport In a recent automobile, engine catalyst activation technology (e.g. warm-up operation, fuel increase) is applied to reduce the exhaust tail pipe emission that occurs before the catalyst is activated at cold start or at idle stop restart. This can be one of the causes of poor fuel economy. Catalyst activation by means of an electric heater requires large amount of power. Therefore, this project is implemented to investigate the recent technology of catalyst warm-up. Also, we investigate whether Carbon Micro Coil (hereinafter referred to as “CMC”) can be applied to catalyst warm-up or not in this project because CMC has high performance in absorption of microwave energy. The main topic in FY2015 is the technology research. In the research of technical paper, we collected 44 papers from JSAE (Society of Automotive Engineers of Japan) and 50 papers from SAE (Society of Automotive Engineers, US). These papers say that improvement of catalyst performance, especially reducing a cold emission is in high demand because of the emission regulation, fuel regulation, the widespread use of HV vehicles etc. We infer that the catalyst warm-up by CMC has high utility value according to the experts. We conducted the interviews with these experts in parallel with the research of the paper. As to patent, we also investigated the contents of 12 JIS regulations which may become a barrier in the future. For the market research, we conducted a statistical survey on the automobiles which have adaptability of this technology. The subject of the survey is the automobiles which are mainly manufactured from 2009 to 2014by classifying automobiles into its engine displacement. The result of the survey showed that the 2 L automobiles (of engine displacement) is large in number and has less ups and downs; therefore we decided to use those automobiles for this research. There is no research publication/speech, or patent and prize as the achievement.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る