成果報告書詳細
管理番号20160000000768
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 チリにおける高効率石炭火力プロジェクトの案件発掘調査
公開日2016/11/19
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所 東京電力株式会社 三菱日立パワーシステムズ株式会社
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約要約
 本調査は、昨年度チリにおける石炭ガス化複合発電(IGCC)の導入可能性について調査した経済産業省(地球環境連携・技術室)委託の「平成26年度地球温暖化対策技術普及等推進事業」の結果をベースとして、IGCC発電所の立地地点候補を具体的に選定するものである。
 昨年度調査においては、チリの関係省庁にヒアリングを行い、IGCCプロジェクトを対象とした日本側の取組みについて、IGCCの先進性とも併せて総じて賛成の立場であるが、近年石炭火力の新設には地域住民の反対があることから、既存地点のリプレイスあるいは拡張が妥当であるとの結論に至った。
 第1章では、チリのIGCC導入の背景となる経済・財政事情、エネルギー政策、気候変動政策、最新電源計画(石炭火力の位置づけ)、電力セクター概要、ディベロッパーの実施能力について記載している。
 第2章では、チリ南部で産出される国内亜瀝青炭を採用した場合のIGCCの概念設計を行った。
 第3章では、3地点をIGCC新規候補地点として選定し、各所の比較・評価を実施した。比較・評価項目は、立地最適性(気候、地形、海洋、環境面など)、建設地点候補別の燃料用石炭調達方法、建設候補地点の既存港湾施設(貯炭、揚炭能力、遊休地の有無ほか)等である。
 第4章では、第3章の比較結果より、総合評価を行った。
 第5章では、IGCC発電所(IGCC)のキャッシュフロー分析を行い、エクイティIRRを算出した。比較対象は、現在チリ国内に多く普及している発電技術である亜臨界圧石炭火力発電所である。IGCCは亜臨界圧と比較して初期導入コストが高額になるが、高い発電効率等によるランニングコストの削減により、優位性を保つことができる。
 第6章では、出資者がプロジェクトファイナンスで資金調達するケースを想定して事業体制を検討した。
 第7章では、昨年度検討した二国間クレジット制度(JCM)の方法論を利用した場合の温室効果ガスの排出削減量を試算した。既存の石炭火力発電所の平均熱効率が、年0.3%改善するケースをBaUとし、BaUで最も導入されている技術(亜臨界圧)の1つ上の技術(つまり超臨界圧)をリファレンス技術とした場合の削減量は約60万トン/年であった。
 第8章では、今後の事業化に向けた課題と対応策を検討した。事業化に向けては、事業体制の精査、チリ国内炭の活用検討、発電所候補地の技術的および社会・環境的課題の調査、発電事業者の運転保守体制の確立、二国間クレジット制度(JCM)適用の検討が主な課題となる。
英文要約Summary
In FY2014, a survey was conducted on the feasibility of introducing integrated gasification combined cycle (IGCC) in Chile. In last year’s survey, because of the opposition of local citizens in recent years against building new coal-fired power plants, a conclusion was reached to either replace or expand on existing power plant sites. Based on the results of this survey, the current study aimed to select the actual candidate sites for IGCC plants in Chile.
 Chapter 1 describes the background information on introducing IGCC in Chile, including the country’s economy and finance, energy and climate change policies, its latest power supply planning (including coal-fired power), the power sector, and capacities of developers.
 Chapter 2 provides a conceptual design of IGCC based on the assumption of using sub-bituminous coal produced in southern Chile.
 Chapter 3 assesses and compares three IGCC candidate sites. The criteria for the assessment and comparison included the optimality of the site (climate, topography, oceanography, environment, etc.), fuel coal procurement methods for each candidate construction site, and existing port facilities of each candidate site (coal storage, coal unloaders, availability of idle land, etc.).
 Based on the results of the comparison of Chapter 3, an overall assessment is provided in Chapter 4.
 Chapter 5 conducts cash flow analysis of IGCC power plants and calculates the equity IRR, in comparison with those of subcritical coal-fired power plants, which are widely used in Chile as power generation technology. While the initial costs of introducing IGCC are higher compared with subcritical power plant technology, IGCC can maintain overall advantage over subcritical technology based on lower running costs achieved from higher power generation efficiency.
 Chapter 6 examines the business scheme based on the assumption that the sponsor will procure funding through project finance.
 Chapter 7 estimates greenhouse gas emission reductions under the methodologies of the Joint Crediting Mechanism (JCM) that were examined last year. In the estimate, the annual improvement of 0.3% in average thermal efficiency of existing coal-fired power plants was set as the business-as-usual (BaU) scenario. If supercritical technology, which is one level more advanced than the subcritical technology most widely used in the BaU scenario, is used as the reference technology, the estimated emission reductions were 0.6 million ton per annum.
 Chapter 8 examines the challenges for future project implementation and measures that could be adopted. The main tasks for project implementation will be close examination of the business scheme, consideration on the use of coal produced in Chile, a survey on technological, social and environmental issues at the candidate sites, establishment of the power plant operator’s operation and maintenance schemes, and consideration on the use of the Joint Crediting Mechanism (JCM).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る