成果報告書詳細
管理番号20160000000861
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 省エネルギー技術開発制度の成果の把握及び分析等
公開日2016/11/8
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度ー平成28年度成果報告書 省エネルギー技術開発制度の成果の把握及び分析等

本調査では、「エネルギー使用合理化技術戦略的開発」、「省エネルギー革新技術開発事業」、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」を対象として、技術開発終了後のテーマにおける成果の活用状況等をテーマ実施者に対するアンケート調査、ヒアリング等による情報収集により把握するとともに、その結果を分析することで、省エネルギー技術の開発にどのような貢献を果たしてきたのかを明らかにすることを目的とした。
また、制度利用者や制度活用を検討したものの提案しなかった社(不提案者)に対するヒアリング等により、制度の改善等に向けた意見等の掘り起こしを行い、今後の制度運営におけるマネジメントに活用することも目的とした。
さらに、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において重点的に推進している「重要技術」の採択状況を確認し、特許情報等を活用してシーズ保有企業等を明らかにすることにより、今後のテーマの掘り起こしにつなげることも目的とした。以上の目的のために、以下の2つを実施した。
(1)成果等に関する把握及び分析
(2)制度の改善等についての検討

「成果等に関する把握及び分析」では、まず、昨年度調査の回答者向け及び今年度新規対象者向けの2種類の実施者向けアンケート調査票を設計した。なお、アンケート調査票には以下の項目を含めた。
・制度応募時の状況
・目標設定と達成度
・成果・波及効果(現時点での売上高・省エネルギー効果量、今後見込まれる売上高・省エネルギー効果量、省エネルギー効果実現に向けた課題等)
・現行制度への応募検討状況
・制度に対する評価、意見・要望等
上記のアンケート調査票を用いたアンケート調査を実施し、関連した研究開発を中止した企業以外からは原則として全件回収し、NEDOの保有する情報とともに分析することで、技術開発終了後の成果の活用状況や成功要因等について集計・分析を行った。
また、アンケート調査の結果、すでに実用化がなされた事例や今後、省エネルギー効果が期待される事例について、ケーススタディを実施し、とりまとめを行った。

「制度の改善等についての検討」については、制度活用を検討したものの提案しなかった不提案者に対するアンケート調査の調査設計及び調査実施、分析を行った。さらに、「成果等に関する把握及び分析」における実施者向けアンケート調査結果の分析やヒアリング調査、さらに不提案者に対するアンケート調査やヒアリング調査による同制度への意見・要望を踏まえ、事業化率向上に向けた今後の制度改善等について検討を行った。
さらに今後のテーマの掘り起こしのため、「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において重点的に推進している「重要技術」の採択状況を確認し、掘り起こしを行う「重要技術」を絞った上で、当該技術に関する特許情報等により、シーズ保有企業等をリストアップした。
英文要約Title:Comprehension and Analysis on Achievement of Research and Development Programs for Energy Efficiency Technology (FY2015-FY2016)Final Report

The objective of this research is to bring out the contribution of the three programs of NEDO; “the Strategic Technology Development for Energy Use Rationalization”, “the Research and Development Program for Innovative Energy Efficiency Technology” and “Strategic Program for Innovative Energy Efficiency Technology” toward the development of the energy conservation. We have operated questionnaire surveys and interviews to the project operators entrusted by NEDO in order to figure out the situation of utilization of the outcomes from the technology developments after the projects.
Also, we have set the goal on the utilization of the opinions gathered by the interviews to companies who used the programs and the ones who considered using but did not apply about the project improvements for the future management on the project operation.
Furthermore, we have set the goal on digging up new themes in the future by verifying the situation of selection for “Important Technologies” which is intensively promoted in the “Strategic Program for Innovative Energy Efficiency Technology” and discovering the companies with seeds by utilizing patent information.We have operated the two studies for the goals;
(1) Grasp and An
(2) Examination of the project improvements
As for the “(1) Grasp and Analysis of the outcomes”, we have designed two questionnaires; one for the project operators who answered the questionnaire in the previous year, the other for the new practitioners in this year. The questionnaires included the questions as follow;
the situation when they applied for the projects
their goal set and the degree of attainment
the outcomes and ripple effects (the PRESENT sales amount and quantity of the energy saving effects, the EXPECTED sales amount and quantity of the energy saving effects, and the challenges toward the realization of the energy savings)
application status to the current program
the evaluations, opinions and demands for the projects
From the questionnaire survey with the two questionnaires noted above, we have collected all the answers from the project operators except for some companies who already stopped the related research and development. With analysis of the information owned by NEDO, we have made up the situation of utilization of the outcomes from the technology developments and the success factors.
Also, we have operated and completed case-studies on the ones already put to practical use and the ones the energy saving effects are expected.
As for the “(2) Examination of the project improvements”, we have designed, conducted and analyzed questionnaire survey to companies who considered using the programs but did not apply. Furthermore, in order to increase the commercialization proportion, we considered project improvement based on opinions and demands from (1) Grasp and Analysis of the outcomes, such as analysis on questionnaires and interviews with companies who used the programs and with ones who considered using the programs but did not apply.
In addition, in order to dig up new themes in the future , we listed the companies with seeds by checking the situation of adoption of “Important Technologies” intensively promoted at “Strategic Program for Innovative Energy Efficiency Technology” to choose some “Important Technologies” for further digging up, and by taking a look at patent information on that technologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る