成果報告書詳細
管理番号20160000000862
タイトル平成27年度成果報告書 スマートコミュニティ実証技術の普及に資する国内外関連機関との連携方法とその連携の活用方法に関する検討
公開日2016/11/9
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約 スマートコミュニティ国際実証技術の普及のためには、国内は勿論のこと、国外の機関との日頃からのネットワークの構築が重要で、その点、様々な機関をメンバーに持ち、しかも年々メンバー数を増やしているGSGF (Global Smart Grid Federation)のネットワークは世界に対する影響力がある。そこで、本事業においては、GSGF を中心に国外のスマートコミュニティ関連団体との連携を活用してNEDO のプレゼンスを高め、NEDO の国際実証技術を普及させるために、NEDO が発信すべき内容を補足し関連情報を収集しながら、効果的な情報発信の方法について検討することを目的としている。

本事業では、まず、「GSGF のネットワークの効果的な活用方法に関する検討」において、GSGF の活動の最新情報を収集し、NEDO としての情報発信のあり方を検討した。
さらに「GSGF におけるワークグループの動向分析及び活用方法に関する検討」では、GSGF が設置しているワークグループに関して日本としての活動のあり方を検討し、この活動を実施した。また、「GSGF の各加盟団体の動向調査及び各加盟団体との連携に関する検討」においては、GSGF のメンバーとなっている海外の機関と、日本との間の有効な連携について検討した。「GSGF とISGAN の連携内容の分析及び両者の連携を活かした具体的な案件やその実施方法の検討」においては、GSGF を通じてISGAN(International Smart Grid Action Network)の活動にどのような貢献ができるか、日本にとって効果的な連携のあり方を検討した。
最後に、「その他機関との効果的な連携に関する情報収集・分析」では、GSGF 自体、あるいはGSGF のメンバー組織、ISGAN とは異なる機関と、連携することによる効果を検討した。
英文要約 In order to disseminate internationally demonstrated smart community technologies, it is important to create and effectively utilize networks with various organizations, not only in Japan but also overseas, on a daily basis. In this respect, the network of GSGF(Global Smart Grid Federation), with consists of a growing membership base that consists of different organizations, has a large impact on the international community.Accordingly, this project was conducted with the aim to utilize cooperative relationships
with GSGF and other smart community-related organizations in Japan and overseas to enhance the presence of NEDO. This was done by collecting relevant information that supplement the messages to be sent out by NEDO so as to spread knowledge about NEDO’s internationally demonstrated technologies; and examining effective methods of spreading information.

First, the latest information on GSGF activities was collected in the “Study on Effective Methods of Utilizing the GSGF Network” to consider the ideal method of Japan’s spreading information. Next, the project examined how Japan should engange in activities related to the Work Group established by GSGF in the “Trend Analysis of the GSGF Work Group and Study on Its Utilizing Methods”, and subsequently supported these activities.
Next, effective collaboration between GSGF member organizations overseas and Japan was considered in the “Trend Analysis of GSGF Member Organizations and Study on Japan’s Collaboration with Them.” Furthermore, in the “Analysis of Collaboration between GSGF and ISGAN and Study on Specific Projects Utilizing Their Collaboration and Project Implementation Methods”, possible contributions to ISGAN activities through GSGF and effective collaboration for Japan were examined.
Lastly, in the “Collection & Analysis of Information on Effective Collaboration with Other Organizations,” the effects of collaborating with organizations other than GSGF, GSGF member organizations or ISGAN were studied so as to contribute to the development of new collaborative relationships.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る