成果報告書詳細
管理番号20160000000062
タイトル平成26年度成果報告書 太陽エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 太陽光発電技術開発動向等の調査(太陽光発電システム等の普及動向に関する調査)
公開日2016/12/13
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社資源総合システム
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約本格普及期を迎えた日本の太陽光発電システムの普及を更に促進し、太陽光発電産業の国際競争力を強化するとともに、激変する世界市場を客観的に分析するために、国内外のマーケット動向、太陽光発電産業動向、普及施策動向等の詳細な調査を実施し、太陽光発電市場の予見可能性を向上させ、市場の透明性を確保することにより、将来にわたる普及拡大と産業育成に向けた我が国の施策立案に資することを目的として、調査を実施した。 1.日本の太陽光発電システムの市場動向調査 日本の太陽光発電システムの生産動向、価格動向、導入動向、輸出入動向などについて、これまでの推移と今後のシナリオについて纏めた。国内のシナリオについては、固定価格買取制度に伴い急拡大した日本市場は、今後数年間はこれまでに認定された設備の施工が進むため、一定の市場を維持するものの、その後は縮小すると予想した。太陽光発電市場が縮小する要因は、買取価格の引き下げなどもあるが、特に、電力系統への連系制約が大きいほか、低コストで施工できる適地が減少していることも挙げられる。 2.各国の太陽光発電システム導入に関する調査 各国の太陽光発電システムの導入動向や市場規模、雇用、生産額などについてこれまでの推移を纏めた。統計資料が不足している部分は、一部推定して補った。 3.太陽光発電システムの利用動向調査 海外における太陽光発電システムの価格及び運用管理に関する最新の実態について、海外の専門家を通じて調査した。また、日本の住宅用太陽光発電システムについては、運転維持費や余剰売電比率、燃料電池による押し上げ効果などについて纏めた。これらは、太陽光発電システムの一般利用者に対するアンケート調査に加え、メーカーや事業者等からの聞き取り調査も実施した。 4.国内の地方自治体の太陽光発電関連施策の調査 国内の全ての市町村・特別区に対して、太陽光発電の普及施策や規制施策、課題、問題点等についてアンケート調査を実施した。有効回答率は約75%であり、各自治体がそれぞれの特色を反映し、太陽光発電に対して実施している様々な普及施策の実態が明らかになった。また、一方で太陽光発電による乱開発などが問題になっている自治体もあり、既に対策を打ち始めているケースも見られた。また、アンケートの結果から太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーに対して特に積極的である自治体と様々な課題が生じている自治体を抽出した。その中で福岡県と対馬市に対して訪問ヒアリング調査を実施し、より詳細な現場の実態を調べた。 5.太陽光発電に関する国際比較・分析と今後の方向性 太陽光発電を巡る2014年の国内外の動向を纏め、国際比較及び分析を行って、今後の方向性を分析した。今後の、1)コストダウンと性能向上に向けたたゆまぬ技術開発、2)「PVソリューション」としての事業展開、3)グローバル展開ーー等が不可欠であるとの結論に達した。
英文要約Title: Research and Development of High Performance Photovoltaic Generation System for the Future, Survey on Photovoltaic Power Generation Technology Trend (Summary of “Survey on Photovoltaic Power Generation Technology Trends” on the dissemination trends of PV systems)(FY2010-FY2014) FY 2014 Final Report

(1) Survey on the trends of the PV market in Japan The past developments and the future scenarios on the trends of production, price and installation, as well as trends of export and import in the Japanese PV market was surveyed and complied. As for the scenario in the domestic market, we forecast that the Japanese market, which has achieved a rapid expansion thanks to the Feed-in Tariff (FIT) program, will maintain a certain size of the market for the next few years as the construction of already-approved PV projects will be progressed, but after that it will shrink. (2) Survey on the installation of PV systems in other countries Developments of trends in PV installation, market size, employment and amount of production in major PV markets overseas were studied and compiled. (3) Survey on the trends of PV system utilization The latest status of PV system prices, operation and management of PV systems overseas were studied through experts abroad. As for the residential PV systems in Japan, operation and maintenance (O&M) cost, the ratio of the sale of surplus electricity versus the entire generated power and the effects of injected amount to the grid by fuel cells and storage batteries, etc. were studied and compiled. We sent out questionnaire to general users of PV systems and had interviews with manufacturers and project developers. (4) Survey on policy measures on PV power generation by local governments and municipalities in Japan We sent out questionnaire to all the local governments and municipalities in Japan to ask them about dissemination measures, regulatory measures, issues and challenges of PV power generation. According to the results of the questionnaire, it became clear that each local government or municipality has various unique measures for dissemination of PV power generation, reflecting their characteristics. Based on the results of the questionnaire, we extracted local governments and municipalities that are particularly active in promoting renewable energy including PV, and those that are facing various challenges. (5) International comparison and analysis of PV power generation and the future direction We compiled the trends of PV-related activities in 2014 both home and abroad, made the international comparison and analysis, and analyzed the future direction of PV power generation. It was concluded that the following three areas of activities are essential for the future of PV power generation: 1) constant efforts on technology development for cost reduction and performance improvement; 2) development of business as “PV solution”; and 3) global PV expansion.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る