成果報告書詳細
管理番号20160000000086
タイトル平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/台湾の既設建物におけるBEMSとESCOによる省エネルギー化に関する実証要件適合性等調査
公開日2016/12/13
報告書年度2015 - 2015
委託先名アズビル株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、日本の建物省エネの技術を台湾に移転し、台湾の建物市場の省エネ対策のレベルアップの可能性を図ることを目的に実施した。建物市場のエネルギー効率化は、都市全体のエネルギー最適化を促進し、省エネ対策に関する法制度の整備やインセンティブ充実の機会創出につながる可能性が高く、実施意義の高い分野である。対象の技術は、日本の既設建物市場のエネルギー効率化に寄与した、ビルエネルギー管理システム「BEMS」と省エネ保証スキーム「ESCO」に、省エネ効果を確実にし、最大化させる「エリアマネジメントシステム」を組み合わせた「最適省エネ支援システム」である。エリアマネジメントシステムとは、建物のBEMSから消費エネルギーや設備の運転データをインターネット経由で収集し、省エネ効果の維持・拡大を目的として、以下の省エネ活動支援をビルオーナーに対して行うものである。(1)消費エネルギー分析により、他ビルとのベンチマーク比較や設備機器運転の改善点を示した省エネレポートを提供し、省エネ活動の推進を促す。(2)省エネレポートを基に建物オーナーへ省エネコンサルティングを行い、PDCAサイクル持続を支援し、省エネ効果の維持と拡大を図る。本調査ではエリアマネジメントの実現に必要なインターネットインフラが台湾で充分に発達いることを確認し、実際の建物に最適省エネ支援システムを導入するための実証事業計画を策定した。実施サイトは、7件の候補建物から省エネ診断および実証事業への協力交渉を経て、独自に定めた選定基準に適合し、オーナーから協力合意が得られた台北のTWC2ビルと台中のTWI病院の2件を選定した。参画合意を得られなかった建物については現状の省エネ市場の問題であると仮定し、普及フェーズで解決を図っていく。[実証事業内容](1)事業1年目:BEMS、高効率機器の導入及びBEMSとエリアマネジメントセンターの接続。(2)事業2年目:BEMS、高効率機器の運用による省エネの実現(年間削減率 TWC2ビル:12.2%、TWI病院:11.9%)、エリアマネジメントシステムによる運転データの収集・分析及び省エネレポートによる効果のフィードバック。(3)事業3年目:2年目の運転データを基に最適チューニングの実施(2年目の省エネ効果をTWC2ビル:18.2%、TWI病院:17.9%まで向上させることを狙う)及び省エネレポートによる効果の再フィードバック。併せて、普及フェーズにおけるビジネスモデルの検討も行った。「最適省エネ支援システムに、省エネ効果保証とファイナンスプログラムを担うESCOスキームを組み合わせた個別の建物の広範囲に渡って対策を実施する省エネソリューションパッケージ」により、普及を行う。本ビジネスモデルは、以下の台湾市場の課題を解決することで、現地の事業者との差別化を狙う。(1)台湾の省エネ事業の多くは機器更新を中心とした小規模な事業である。そのために提案の差別化が難しく、価格競争が激化した結果、資金調達を省エネ事業者が負う手法が定着している。小規模な事業は投資対効果が小さく、オーナーにとって魅力が少ないため、積極的な投資が行われにくい実情もある。(2)現状の省エネ対策では、設備機器を効率的に運転・制御し、そのパフォーマンスを引き出す事で建物全体のエネルギー効率を最大化させるような対策は取られていない。さらに、建物のオペレーターの省エネ運用に関する知見が低く、導入した高効率機器やシステムを最適に運用し、そのパフォーマンスを最大限に活用する事が出来ていない。
英文要約This project aimed at transfer of Japanese building energy saving technology to Taiwan in order to promote energy saving activity. An improvement of building energy efficiency has a high significance because it is expected that city-wide energy will be optimized and a consideration of the legal system and incentives towards energy saving activity will be enhanced. A targeted technology is “Optimized energy saving support system (Hereinafter called “OESS”)” which consists of a building energy management system “BEMS”, guaranteeing scheme for energy saving effect “ESCO” and “Area energy management system (Hereinafter called “AEMS”)”. “AEMS” is a tool to assist building owners to set a target for energy saving amount and keep doing PDCA cycle activity for improvement energy efficiency based on a report written with the analyses of energy consumption data and equipment operation data from BEMS via internet which consist of energy saving performance, benchmark comparison and improvement of efficient operation. Infrastructure of internet service in Taiwan is sufficiently developed to realize the AEMS, therefore, in this project, “TWC2 building” and “TWI hosptal” were chosen as a candidate site for demonstration project thorough the approach for participation and energy saving audit. Detailed plan was conducted as follows. 1) 1st year *Introduction of BEMS and high efficiency equipment. *Connecting BEMS with AEMS center. 2) 2nd year *Achievement of energy saving performance. (Targeted reduction rate : TWC2 building 12.2%, TWI hospital 11.9% ) *Data collection, analysis and valuation about the operation of equipment. *Feedback the performance by energy saving analysis report. 3) 3rd year *Tuning the operation of equipment based on the running data of 2nd year. (It aims at improvement of energy saving performance and its targeted rate is 6%.) *Re-feedback the performance by the report. Furthermore, basic study a business model of “OESS” was conducted. Penetrating into the existing building market by comprehensive energy saving service, “one packaged model consisted of OESS and ESCO”. This business model will be differentiated from Taiwanese energy saving company by solving current Taiwanese issues as follows. 1) Price competition has been increased and energy saving company has to bear its project finance due to the lack of differential factor between projects. Furthermore, small project is less attractive for building owners because it generates little return. Willingness to investment for energy saving will be promoted by the big project that provides big benefit. 2) Counter measures for energy saving to maximize the performance of equipment has not been taken in current Taiwan. Furthermore, building operators don’t have knowledge of the operation for energy saving, therefore difficult situation on optimizing the efficiency of energy saving equipment has been occurred.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る