成果報告書詳細
管理番号20160000000211
タイトル*平成27年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証前調査/圧縮天然ガス(CNG)車普及に向けたインフラ構築を含む持続可能な環境整備・実証事業(インドネシア)
公開日2016/12/13
報告書年度2015 - 2015
委託先名豊田通商株式会社 トヨタ自動車株式会社 日野自動車株式会社 東邦ガスエンジニアリング株式会社 一般財団法人日本自動車研究所
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約(1) 実証サイトとCNGステーション建設候補地の選定及び費用算定 国有石油ガス会社Pertaminaをカウンターパートとし、同社との協議と現地調査に基づき、CNGステーション建設候補地として、ジャカルタ市街地(南地区)の既設給油所に併設2ヵ所(Fatmawati、Lenteng Agung)、ジャカルターチカンペック高速道沿いの工業団地内に併設1ヵ所(Bekasi-MM2100)と新設1ヵ所(Karawang-KIIC)の計4ヵ所を選定した。NEDO予算規模(消費税除く)は14.5億円(CNGステーションに係る設計、機器・装置納入、輸送・工事、許認可、試運転、保守、現地税金、土地リース等)、実証期間は4年4ヵ月(建設1年4ヵ月、運用3年)である。実証事業後の資産の扱いについては、併設3ヵ所がインドネシア側への無償譲渡(工事費はインドネシア側負担)、新設1ヵ所が事業継続者への有償譲渡である。有償譲渡先については、KIIC工業団地管理会社、Pertaminaとコンソーシアム内で検討中である。
(2) CNG車のモニターユーザーの選定及び費用算定 CNG乗用車の実証モニタリングについて、前半(1.5年)は普及施策に反映させるべく、政策決定者(大統領府や関係省庁等)に車両品質の優位性と経済性を実感してもらい、後半(1.5年)は関心の高い民間企業(10社程度)を対象に、計20台(1車種)を供与する。CNG貨物車については、実証サイト近辺を拠点とする大手物流会社及びPertaminaの燃料運送会社の計8社を選定し、計20台(3車種:トラック/トラクタ)を供与する。NEDO予算規模(消費税除く)は約6億円(CNG車走行情報提供料、保守費、実証モニタリング費用等)。
(3) 許認可、環境規制等諸規制、関連法規、税制等に関する調査 CNG品質規格については、日本自動車工業会JAMAが欧米自動車工業会に対して提案した世界燃料憲章WWFC(Worldwide Fuel Charter)のCNG規格を、石油ガス総局MIGASに提案する方向である。また、懸案のコンプレッサーからの混入オイル量の計測については、物理的方法を採用し、CNGステーションのオイル消費量と販売CNG量から、オイル混入量を推計することにする。この方法は、CNGステーションの日常管理の一環として実施でき、簡便かつ現実的と考える。CNG車の安全面については、国連規則UNECE R110等に基づく国際基準調和の流れをインドネシアにも導入し、車検等により法規が遵守される仕組みを、日本側(国土交通省、経済産業省、JASICジャカルタ、JAMA)とインドネシア側(運輸省、工業省、インドネシア自工会GAIKINDO)が協議する方向にある。なお、車両認証の期間は、通常2ヵ月だが、CNG車の場合、CNG部品認証(特に高圧容器の認証試験)のため3ヵ月ほどかかり、早めの手続きが必要である。
(4) 実施計画に基づく協定付属書(ID)原案の作成 Pertamina等と実証試験実施計画に基づく計画書原案(実施分担、費用分担、日程等)を協議の上、作成中である。
(5) フォローアップ事業の計画 実証事業後の普及促進のために、需要が見込まれるジャカルタ首都圏とスラバヤ広域都市圏を対象に、セミナー(NEDO事業成果、法規概要、討議等)、と見学会(CNGステーション、車両製造工場等)の2日コースをそれぞれ1回ずつ開催することとし、プログラム内容、日程、費用を検討した。
英文要約(1) Selecting location of CNG refueling stations (SPBGs) and estimate of budget:Four (4) SPBG locations have been selected through site researches and discussions with Pertamina. Among four SPBGs, two SPBGs will be developed by extension to existing petroleum stations (SPBU) in South Jakarta (at Fatmawati and Lenteng Agung), one SPBG by extension of SPBU in industrial estate (Bekasi - MM2100) and one new SPBG will be developed in industrial estate (Karawang - KIIC) along the Jakarta - Cikampek expressway. Yen 1.45 billion (excluding consumption tax) is estimated as budget of design & engineering of SPBGs, equipment & facilities, transportation, construction, commissioning, maintenance, local tax, lease of land and etc. The project period is expected for 4 years and 4 months including 1 year and 4 months for SPBG construction & CNGV supply and 3 years for operation and monitoring period. After the demonstration, the 3 SPBGs of extension type will be transferred to Indonesia side without compensation (however, Indonesian side will borne expenses of construction). And another new SPBG in Karawang will be expected to be transferred with compensation at depreciated value.
(2) Selection of CNGV users and estimate of expenses:Twenty (20) units of cars and trucks will be introduced respectively. For the first half of the demonstration period (1.5 years), in order to reflect to institutional design for spread of CNGV, CNG car will be used by policy makers (the Government and authorities) and expect to be feelt real superiority of OEM CNG cars. Then for the second half, private companies in Jakarta will use and monitor. CNG truck will be used by local logistic companies (including Pertamina’s tank trucks) operating in and around JABODETABEK area. Total expenses of correcting operational data, maintenance, and monitoring is estimated at Yen 600 million.
(3) Research on approval, regulations and a tax system:For improving CNG quality, we will recommend MIGAS (Directorate General of Oil and Gas) to accept JAMA’s proposal concerning CNG quality to WWFC (Worldwide Fuel Charter). Regarding measurement of oil in CNG from compressor as contamination, we will estimate by physical method calculating the oil consumption and CNG sales volume at SPBG through material flow analysis. For CNGV safety regulation, we will have discussions among Indonesian side (MOT, MOI and GAIKINDO) and Japanese side (MLIT, METI, JASIC Indonesia and JAMA) and introduce inspection system based on UNECE R110 as international harmonization. Though in case of gasoline and diesel cars, it takes 2 months for type approval in Indonesia, it takes 3 months for CNGV because of CNGV parts, especially high pressure tank test.
(4) Preparation of Implementation Document:Discussions were made with Pertamina for split of works, share of project budget, risk and account and timetables for preparation of Implement Document.
(5) Plan of follow-up project:For spread of CNGV, a plan of follow-up project is made, such as 2-days course with seminar, SPBG visit and CNGV manufacture, respectively in JABODETABEK (the biggest CNGV market) and Surabaya (the second biggest).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る