成果報告書詳細
管理番号20160000000515
タイトル平成27年度成果報告書 「Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)」の実施に係る運営業務
公開日2016/12/3
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q10001
部署名国際部
和文要約本調査は、NEDOが日本政府と協力して毎年実施することとされたICEF(Innovation for Cool Earth Forum)の第2回年次総会(平成27年10月7日ー8日開催)について、適切かつ効率的に運営することを目的として実施した。
ICEF第2回年次総会のアジェンダは、本会議である「プレナリー・セッション」と各分野別のトピックスについて詳細に議論する分科会である「コンカレント・セッション」により構成された。本調査では、各々のセッションにおける背景情報等を整理した上で、座長及びスピーカー候補の検討、候補者の専門性の概要を把握するための資料作成等を行うとともに、当日のシナリオ及びパネルディスカッションの論点を検討し、座長及びスピーカー等への共有を行った。
「プレナリー・セッション」については、1)将来の温室効果ガス削減に向けた主要課題、2)イノベーター・ビジョナリー・グローバルリーダーによる将来展望、3)気候変動問題に対する将来戦略をテーマとした。
また、「コンカレント・セッション」については、1)水素セッション、2)セメントセッション、3)鉄鋼セッション、4)途上国への技術移転と投資促進セッション、5)風力セッション、6)蓄電セッション、7)スマートグリッドセッション、8)ゼロ・エネルギー・ビルセッション、9)低炭素モビリティセッション、10)研究開発・デモンストレーションのための公的資金の役割セッション、11)先進的液体バイオ燃料セッション、12)太陽光エネルギーセッションをテーマとした。
この他、直近1年間に発表された技術開発・ビジネスモデル・政策に関する事例を収集・整理し、優れた事例を選定するとともに、「R&D(基礎研究段階)」、「Pilot & Start-up(実証・FS 段階)」、「Commercialization(商用化段階)」、「Challenging(世界を大きく変える可能性を秘めた新規性の高い技術の開発)」及び「Policy & Standardization(政策、技術の標準化)」の5つのカテゴリーに分類した。更に、「CO2の排出削減ポテンシャル」、「技術の革新性」、「実現可能性」の観点から、特に優れた事例の絞りこみを行い、トップ10イノベーションの候補を選定するとともに、ICEF第2回年次総会の参加者が投票の際に参照する情報の取りまとめを行った。
また、ICEFの企画・運営において、世界の多様な意見を反映させるため、日米欧中韓、中東、アフリカ、中南米の有識者で構成されている運営委員会が設置されている。本調査では、運営委員会に向けた情報収集、資料作成等を行った。
この他、ICEFに類似した国際会議、エネルギー分野のイノベーションに関するランキング事例に関する動向の把握を行った。
英文要約This survey was conducted in order to ensure the effective and proper operation of the Innovation for Cool Earth Forum second annual meeting (ICEF2015) was held in Tokyo, from October 7th to 8th, 2015.

The agenda of the ICEF 2015 consisted of three large “plenary sessions,” attended by all the attendants and speakers, and separate sessions, called “concurrent sessions,” where specific topics were discussed.

The background for each session and the session scenario for each day were prepared. The information was conveyed to the speakers. The concurrent session themes in this survey were as follow:

The plenary sessions covered the following topics: 1) Principal Issues in the Future GHG Reduction, 2) Future Perspectives from Innovators, Visionaries and Global Leaders, and 3) Future Strategy for Climate Change.

The concurrent sessions covered the following topics: 1) Hydrogen Energy, 2) Cement, 3) Iron and Steel, 4) Technology Transfer to Developing Countries and Investment Promotion, 5) Wind Power, 6) Electricity Storage, 7) Smart Grids, 8) Zero Energy Building, 9) Low-Carbon Mobility, 10) Role of Public Funding for Research, Development and Demonstration, 11) Advanced Liquid Biofuels, and 12) Solar Energy.

In addition to the above, the “top 10 innovations” of the previous year were selected from the most excellent technological innovations, business model innovations, and policy innovations. Selected innovations were classified into five categories: 1) R&D, 2) Pilot & Start-up, 3) Commercialization, 4) Challenging, 5) Policy & Standardization. GHG emissions reduction potential, innovativeness, and feasibility were considered when selecting candidates. Information about the innovations was gathered and distributed so that the participants in the ICEF 2015 were able to vote for the top 10 innovations.

Furthermore, a steering committee was formed including members from Japan, the U.S., China, South Korea, the Middle East, Africa and South America, to gather opinions from across the world. Data were collected and reference materials were prepared to support the steering committee meetings and discussions regarding ICEF 2015. The current situation at the international conferences and the rankings (awards) of innovations in the area of energy were also reviewed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る