成果報告書詳細
管理番号20160000000557
タイトル平成27年度成果報告書 我が国ロボット技術の社会実装および市場化等に関する検討
公開日2016/12/21
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号P09018
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 我が国ロボット技術の社会実装および市場化等に関する検討

 本調査では、我が国ロボット産業が今後の技術開発及び市場獲得競争においても「ロボット大国」としての地位を維持すること、また日本を世界一のロボットイノベーション拠点とし、社会変革に繋がるロボットを次々と創出できるような体制、環境整備に資することを目的として、ロボットの技術開発動向、市場動向、導入事例、ビジネスモデル、政策、地域における取組等を国内外において情報収集し、その分析及び考察を行うとともに、その結果を「NEDOロボット白書2014」の改訂、「ロボットの将来市場予測」の改訂や我が国ロボット産業の活性化に資する形で整理した。具体的には、以下の調査を実施した。[1]ロボット最新動向調査では、国内外の自治体、業界団体、研究機関等へのインタビュー等を通じ、我が国はじめ各国の最新政策や取組に関する動向を調査し、我が国におけるロボット産業振興政策に資する示唆を取りまとめた。[2]ロボット導入事例調査では、ロボット導入企業へのインタビュー等を通じ、汎用性の高いロボット導入事例を幅広く収集するとともに、費用対効果等の観点から事例を整理した。この結果を踏まえ、有識者委員会において抽出した導入事例について、ロボット未導入のユーザに対して導入を訴求し得るロボット導入シナリオとして取りまとめた。[3]ロボット将来市場予測調査では、有識者委員会において2009年度ロボット将来市場予測の結果と現状とのギャップを検証し、現状の足元統計データと我が国におけるロボット産業に対する施策の方向性等を踏まえた最新のロボット将来市場予測を取りまとめた。
英文要約Title: Study on Society implementation and Marketing of Robot technology in Japan FY2015 Annual Report

The research is based on two main objectives; the first objective is that Japan aims to maintain the position of its robotics industry as a “Robotics Giant” on a global level in both technological development and competitiveness in expanding market shares. The second goal is to develop a structure and environment that enables Japan to become a hub for the world’s leading robotics innovation and social change through continued development of robots. In order to achieve these objectives, research will be conducted by gaining insights from across the globe on multiple perspectives such as trends on robotics R&D, market trends, implementation case studies, business models, policies, regional approaches, etc. These information will be processed though analysis and examination and then be organized and applied to the revision of “NEDO Robotics White Paper 2014 ” and the “Future Market Forecast of Robotics”. Speceific details of the research are the following three: (1) “Research on the Latest Robotic Trends” which is a report on the global research regarding the latest policies and approaches based mainly on interviews to local municipalities, indistry organizations, R&D institutions, etc. (2) “Case Study on Implementation of Robotics” had been conducted based on interviews to companies whom actually implemented the robots into their business operations to gain insights on the versatility of robots as well as from its cost-efficiency perspective. The various implementation cases were organized into robotic implementation senarios which will be used to non-users of robotics to newly implement robotics. (3) The “Future Market Forecast of the Robotics Industry” is a reseach that has been conducted by identifying the gaps of the forecast made in 2009 and the current status to compile a report on latest data and forecast of the robotics market which will provide direction for the future measures of the robotics industry.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る