成果報告書詳細
管理番号20160000000778
タイトル平成27年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ブラジルにおける高効率石炭火力発電プロジェクト案件発掘調査
公開日2016/12/20
報告書年度2015 - 2015
委託先名PwCアドバイザリー合同会社
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約本報告書では、「ブラジルにおける高効率石炭火力発電プロジェクト案件発掘調査」について、その調査結果を取り纏めている。
豊富な水資源を有するブラジルは、100年以上前から水力発電所の開発を進め、長い間水力発電による電力供給に依存してきた。2013年末までは、水力による発電量が全体の約8割を占め、残りを火力、原子力、再生可能エネルギーで賄う構造であった。
しかしながら、急激な水不足の影響で2015年初頭に首都ブラジリアや、サンパウロ・リオデジャネイロ等の大都市を含む11州にて大停電が発生したことを機に、ブラジル電力セクターでは電源多様化による安定的な電力供給が重要課題となった。大停電は渇水による影響が大きかったが、ブラジルの比較的規模の大きい水源はアマゾン川水域に多く、環境や原住民への配慮、また送電網の未整備の問題から、今後大型水力の新たな開発自体が、既に限界であることも認識され始めた。
このようなブラジル電力セクターにおける変革の中、PwCアドバイザリー合同会社(以下、PwC Japan)は、同国最大の民間石炭企業であるCopelmi(コペルミ)社と協業し、ブラジル国内炭と本邦技術を組み合わせた、石炭火力発電の導入可能性に着眼した。具体的には、1,000MW級の超超臨界(以下、USC)の導入を目指すもので、USCの建設・運転にて豊富な経験を有する東京電力株式会社(以下、東京電力)の協力を得て調査を進めた。またブラジルの電力市場や電力オークション制度の調査については、PwC Brazilにも協力を依頼した。
ブラジルの石炭産業における重要事項は、同国石炭埋蔵量の9割を占めるリオグランデドスル州(以下、RS州)の存在である。RS州には既に稼働している石炭火力発電所が4か所あり、既存の設備の稼働状況等やトラブル事例も現地へ足を運び聴取した。またRS州で産出される石炭品質の本邦技術への適合性を調査するべく、東京電力のにて各種試験による石炭品質の評価も実施している。発電所の建設候補地についても、同州内のより良質な石炭を産出する炭鉱近くの山元発電を前提とし、周辺環境の調査を進めてきた。
またブラジル政府の石炭火力に対する見方も、徐々に変化していることが、調査を通じて分かってきた。本調査の開始後に発行された、鉱山エネルギー省公表の「エネルギー拡張10カ年計画」では、水力に代わる電源として、初めて石炭火力が言及されている。この流れは、エネルギー事情の変化と共に、州を挙げて石炭振興に取り組むRS州の働きかけにより漸く実現したもので、PwCは同州エネルギー局とは、調査開始時より協力体制を築くことができている。また鉱山エネルギー省の傘下で、同国の長期エネルギー計画を作成するエネルギー研究公社(EPE)に、調査開始時から本調査を共有している。EPEからは、再生可能エネルギーへの投資が進んでいるのは事実だが、より安定した電力供給が可能な石炭火力も、競争力さえあれば重要な電源になり得るとの見解を得ている。
2016年1月には、EPEからエネルギー計画局長、RS州政府から鉱山エネルギー局長、RS州議会から鉱山開発委員長を日本へ招聘し、政府間協議や東京電力の石炭火力発電所の実査を通して、日本のUSC技術の優位性についてアピールした。
今年度の調査結果を基に、今後は案件実現化に向けて、特にブラジル炭の品質に適したボイラの設計検討、経済性の詳細検討、プロジェクトスキームの組成、環境規制を始めとする各種法令・規制の詳細調査等を進めてゆく。
英文要約This report informs the result of the feasibility study regarding high efficiency clean coal technology for thermal power generation in Brazil.
Brazil has been depending on hydroelectricity as its electric power source for a long period. Until 2013 almost 80% of the electricity in the country was supplied by hydro generation and other power sources compensating for the remaining power demand.
After a massive blackout in 2015 in 11 states including Brasilia, Sao Paulo, and Rio de Janeiro caused by severe water shortage, stable power supply by diversification of power source is growing in importance, in spite of this recently it has been recognized that there are other problems on hydropower generation and that the development of a new big hydro generation plant itself has proven difficult in view of the fact that water sources suitable for hydro plants are mainly around the Amazon river area where pristine wilderness and Indians live, far from the connection point of the power grid.
Throughout the current transformation of the Brazilian energy sector, PwC Advisory LLC (PwC Japan) started its feasibility study with COPELMI, the biggest private coal mining company in Brazil, to seek the possibility of introducing Japanese clean coal technology on power generation using the coal produced in Brazil. The basic concept of the project is the introduction of 1.000MW Ultra Super Critical (USC) technology, Tokyo Electric Power Company (Tepco) supports this study from technical aspect with its plenty of experiences of USC construction and operation. PwC Brazil also supports in investigation of Brazilian electricity market including its auction system.
In the Brazilian coal sector, the state of Rio Grande do Sul (RS) plays a big role having 90% of the overall coal reserve in the country, PwC Japan and Tepco created a solid relationship with the Secretary of Mines and Energy in RS. Currently there are four existing coal-fired power plants in the state and we visited several plants to learn current situation of the plant and the troubles resulted from coal quality. Tepco had combustion test of the Brazilian coal at its laboratory and evaluated its quality essential to understand whether or not Brazilian coal can be suited for USC.
During this study it became more obvious that the policy of Brazilian government towards coal-fired power generation has changed. On the “10 years plan of energy expansion in Brazil (2024)”, the potential of power supply by coal-fired power plant was mentioned for the first time. According to EPE even though the Brazilian energy sector tries to expand the investment on renewable energy in terms of environmental issues, the country is still in need of more stable electricity sources and coal-fired power can be one of the options with price and performance competitiveness.
Based on the result of the study this fiscal year PwC Japan and Tepco will continuously promote this study in order to achieve the project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る