成果報告書詳細
管理番号20160000000859
タイトル平成27年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける低品位炭燃焼による大型超々臨界圧石炭火力導入可能性の案件発掘調査
公開日2016/12/29
報告書年度2015 - 2015
委託先名電源開発株式会社
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約件名:平成27年度成果報告書「クリーンコール技術海外普及展開等事業/石炭高効率利用システム案件等形成調査事業/インドネシアにおける低品位炭燃焼による大型超々臨界圧石炭火力導入可能性の案件発掘調査」

 インドネシア国有電力公社(PLN)は、政府のエネルギー政策を背景に、2020年に100%電化率の目標を達成すべく、自国で安定的に産出される石炭を主柱とし、短期・中長期の電力開発に取り組んでいる。具体的には、政府主導により第1次、第2次のFast Track Program(FTP1、FTP2)を立ち上げ、同計画を実施中であるが、機器トラブルや建設工程の遅れ等により、計画全体の大幅な遅延が発生している。さらにFTP2の中心として期待されるIPP案件についても、土地取得プロセスや環境アセスメントの実施および許認可手続き等の遅れにより、計画どおりの実施が見込めない状況となっている。
 本調査は、電力公社(PLN)作成の電力マスタープラン(RUPTL2015-2024版)及びインドネシア政府によって、2015年1月に閣議決定された「国家開発計画」(2019年までに35GWの増設)をベースに2022年以降の新規電源開発を見据え、電力需要の大きいジャワ島を焦点に、大型超々臨界圧石炭火力発電所の導入可能性の調査を実施した。
 本調査は、インドネシア国内で産出される低品位炭(4,300kcal/kg±500kcal/kg)を利用し、ジャワ島南西部または中南部に大規模な石炭火力発電所(超々臨界圧:USC, 1,000MW×2基)の建設が可能な地点を4候補地の中から1地点選定するとともに、最終選定した地点での発電所建設に当たっての主要設備(含む付属設備)の概念設計、発電所運転維持管理に関する検討、JICAガイドラインに基づく環境社会配慮評価、建設工事費並びに経済・財務分析を行ったものである。
 また、本調査では、本件(2,000MW)及びPLNの要望により将来の増設を含む、合計4,000MW(2,000MW+2,000MW)の建設スペースの調査、地震および津波に対する検討も併せて実施した。
本調査の実施は、PLN、PLNの送配電会社(P2B)及び新規発電所建設管理事務所(Project office No.8)をカウンターパートとし、現地調査を含む調査を行った。
 電源開発株式会社は、国内外の専門会社に協力を得て、インドネシア側カウンターパートやインドネシア関係政府機関等との調整、および日本側設計業務とインドネシア側業務間の調整等を行い、各種検討を行うと共に、CO2排出削減量の評価も行った。なお、現地のデータ収集や設計等における一部の業務については、該当業務に精通している専門性の高い外注先を起用することにより、限定された期間内での調査の効率化と調査内容の精度向上を図った。
 以上の調査の結果、本調査対象である日本のクリーンコールテクノロジーを採用したインドネシアにおける大型・低品位炭燃焼・高効率・環境負荷低減型且つ、津波対策及び地震対策を考慮したUSC石炭火力発電所案件発掘の可能性が確認され、また、CO2排出削減ポテンシャルも高いこと、同国における本プロジェクトの実効性があることを確認した。
英文要約Title: NEDO Project Formation Research on High-efficiency Clean Coal Technology Pre-Feasibility Study on a large-scale, low grade coal-fired, USC Power Plant in Indonesia

The International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy/Research for Developing Projects Using High-efficiency Coal Utilization Systems, Project Formation Research/Feasibility Study on High Efficiency and Environmentally-compliant Ultra Supercritical Coal-fired Power Plant for new project in South Java Area in Indonesia (FY2016) Final Report.

PT. PLN (Persero), the national target of 100% electrification in 2020, has been engaging in mid-term national power capacity enhancement by defining domestically available coal as its mainstay based on such new national energy policy direction. Two-phased Fast-Track Programs (FTP I and II) were launched as the national flagship program to address surging power demand; however, the overall plan is lagging far behind the schedule supposedly due to some mechanical trouble after COD(Commercial Operation Date) or delayed process of construction. In the meantime, prolonged process of land acquisition or environmental assessment is causing delay of some of the IPP projects that are highlighted as a strong force in FTP II.

In order to mitigate the serious power shortage in Indonesia, the study will be conducted to investigate possibility for adoption of low grade indigenous coal to a large-scale coal-fired power generating units with USC (Ultra Super Critical steam condition); based on look at what things will be like announced by government its intention to commission new 35GW generating units by 2019 as per the National Development Plan approved by the Cabinet in January 2015.

The purpose of study was to utilize low grade indigenous coal (4,300kcal/kg±500kcal/kg)in Indonesia, the J-POWER and PLN will select one place among four places in south west or middle west Java area for adoption of large-scale coal-fired power generating units (USC: 1,000MWx2) with USC system.

In addition to this study, the consideration for construction space for future extension plan, anti-earthquake measures and anti-tsunami measures were conducted in accordance with PLN’s request.

J-POWER oversaw the entire study process and also studied power generation facility, auxiliaries and made basic environmental assessment as well as the overall situation around plant construction and also CO2 emissions reduction evaluation, financing options and made economic assessment. Part of data collection and other relevant work were subcontracted to a highly professional company for the sake of efficiency and accuracy of the Study that was planned to complete in a limited time period.

The study concluded that the selected candidate site at South Java region with appropriate Tsunami countermeasure is feasible. High potential of CO2 emissions reduction was also confirmed. Financing options with existing barriers were also discussed and identified through the study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る