成果報告書詳細
管理番号20150000000781
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業・実証前調査 省エネ・環境対応型油田インフラシステム実証事業(インドネシア)
公開日2017/1/20
報告書年度2014 - 2015
委託先名東洋エンジニアリング株式会社 丸紅株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業・実証前調査 「省エネ・環境対応型油田インフラシステム実証事業(インドネシア)」

インドネシアの油田分野では、温室効果ガス排出削減に係る国際コミットメントへの対応から1)フレアガスの削減、2)フレアガスの有効利用、3)老朽化した生産設備の更新による省エネ化が必要とされている。本件では、インドネシア西ジャワ州ジャティバラン鉱区において、新規性のある省エネ・環境対応型油田インフラシステムを導入し、同システムの経済性、事業性の実証に加え、実証施設を利用した技術ニーズの把握を目的とする。また、同システムのインドネシア油田への導入をモデルケースとし、我が国が競争力を有する、ガスの分離・回収技術的差別化による高付加価値パッケージインフラ輸出商機の拡大を目的とする。本件では、油田における高濃度CO2随伴ガス分離の操業において、動的に変動する生産プロファイルの条件下で運転モードを最適化する技術の実証を目指している。適用する技術は、1)膜と化学吸収法の併用を最適化する構成化技術、2)CO2濃度および流量の計測を用いた高度制御技術からなる。現在、炭化水素とCO2のガス分離においては化学吸収法が広く用いられているが、装置が巨大となることから、機器費用および操業費が高いことが知られている。また、化学吸収法は、炭化水素系の分離効率が良いが、高濃度のCO2には不向きである。一方、膜を用いた方法については、装置が小型で機器費用および操業費は抑えられる反面、炭化水素系の分離効率に課題がある。そこで、膜分離法と化学吸収法の併用を行うことで双方の利点を生かすことができる。加えて、油田において動的に変動する生産プロファイルとその複雑さの条件下では、それに対応できる技術が必要である。この課題を解決するため、本件では、高度制御システムにより、CO2濃度とガス生産量を同時計測、分析し、変化に合わせて運転を最適化するといった技術を用いる。本技術により、経済性向上実現を可能とする省エネ化および環境に配慮したフットプリントを実現し、高効率の炭化水素とCO2の分離を目指す。ジャティバラン鉱区では、高濃度CO2を含む随伴ガスの分離ニーズが高い。従来、随伴ガスからのCO2分離には化学吸収法が一般的な方法であるが、ジャティバラン鉱区のようにCO2濃度が高い場合には、化学吸収法は著しく効率の悪いものとなるため適さない。このため、本鉱区では従来方法に代わる効率的なCO2分離方法を模索している状況である。このような状況において、提案システムの導入検討調査を行った。実施した調査は順に、1)既存の貯留層モデルに対し、過去のガス生産履歴のマッチングが充分でないためのモデル改善、2)改善モデルを用いて発生ガスのパターン策定および予測、3)これを設計ベースとしガス分離システムの検討、概念設計、4)省エネ、代エネ効果等の試算、を内容とする。また普及性調査のため、システムの概念設計を他のインドネシアE&P会社、およびE&Pの監督官庁であるSKKMIGASに紹介しフィードバックも得た。インドネシア内石油会社へ新たに適用される技術の普及に際してはSKKMIGASからの承認が必要であり、承認後SKKMIGASのガイドに順じた方法での石油開発会社への技術普及活動となる。そのため、そのガイドラインに従い、現地ローカル企業パートナーなどを通じた営業活動が必要となる。併せて汎用部品と組み立てについては現地化をすすめることでコストダウンを行い、価格競争力を上げていく。これによりインドネシア国内にて拡販をすすめ、インドネシアの省エネルギー及び環境問題への貢献を目指す。
英文要約Title:International Demonstration Project - Energy Conservation and Environment-friendly Oilfield Infrastructure Development in Indonesia(FY2014-FY2015) Final Report

Indonesia committed to reduce greenhouse gas effect internationally and set up objectives; 1) flare gas reduction, 2) flare gas utilization, and 3) energy conservation for depleted oil & gas production facility when upgraded. This project aims to validate potential needs, economics and marketability of proposed system that can contribute energy conservation by demonstrating pilot system in Jatibarang oilfield, west java. This can be one of implementation model at oilfield in Indonesia. We would like to open new market of high value added energy infrastructure for associated gas utilization in oilfield. The project is to demonstrate optimum drive of gas separation system by absorbing variability of gas production profile. Applied technology comprises of 1) membrane and amine hybrid architecture, and 2) advanced control with CO2 and flow measurement. Amine system is widely used for CO2 removal unit with big foot print, and high CAPEX & OPEX. It has advantage of low hydrocarbon loss but is not suited for high CO2 concentration. The membrane unit is used for high CO2 concentration with small foot print and low CAPEX & OPEX, but it has disadvantage of large hydro carbon loss. Combining approach with membrane and amine method has the potential merit to take each advantage. It can minimize CAPEX & OPEX with the effect of energy saving. It requires certain technology to address dynamic change of production in the field. The advanced control system analyzes measured CO2 concentration and flow rate in real time, and determine optimum operation mode. This technology can contribute for high efficient gas separation with saving power. Jatibarang field has strong needs of efficient CO2/Hydrocarbon gas separation for CO2 rich associated gas because conventional method is not efficient for high CO2 content gas. The study included 1) review and improve production simulation model with tuned parameters based on existing model for better matching of gas history, 2) production simulation for future prediction and patterns with improved model, 3) designing concept of the system based on this gas production simulation, and 4) estimate effect of energy conservation & energy alteration. In addition to this study, the applicability of proposed system was surveyed with other Indonesian E&P company as well as SKKMIGAS that regulate oil and gas activity in Indonesia. In Indonesia, implementation of new technology requires endorsement by SKKMIGAS. Upon this endorsement, we will be able to introduce new system commercially to E&P companies. By following this guideline, we will make promotion of this system to Indonesian E&P companies through using local partner who has already developed business with clients. In parallel, localization of parts procurement and construction will be done to reduce total cost as competitive as possible. Through this plan, we would like to contribute energy conservation and environmental issue in Indonesia.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る