成果報告書詳細
管理番号20160000000555
タイトル平成27年度成果報告書 インフラ維持管理におけるUAV技術の活用に関する検討
公開日2017/1/5
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P14031
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:インフラ維持管理におけるUAV技術の活用に関する検討

我が国では、総合科学技術・イノベーション会議が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」において、マルチコプターを用いた効率的・効果的な点検・診断を行う維持管理ロボット技術の確立を目指した技術開発を平成26年度から実施している。本調査は、このSIPの下で実施されたものである。
はじめに、本調査では、Unmanned Aerial Vehicle(UAV)を用いたインフラ維持管理技術に関する国内外の技術動向・市場動向について調査した。具体的には、インフラ維持分野におけるUAVの利用実態を調査するとともに、国内外の技術と企業の動向、市場規模に係る情報を収集した。
次に、インフラ維持管理向けのUAV技術に関する国内外の政策的取り組み、試験フィールドでの実施試験内容等について調査した。具体的には、国内外のUAV関連の政策と規制、実証試験、標準化動向等について情報を収集した。
最後に、橋梁やトンネルのインフラ維持管理にUAVを利用する上での中長期的な展開を俯瞰できるような技術の見通しの作成を行った。見通しの作成に当たっては、産官学の有識者から構成される委員会やWorking Group(WG)等を立ち上げ、合計6回開催し、専門的見地からの意見を聴取した。さらに公開シンポジウムを企画し、200名以上の聴衆を集めて開催した。
英文要約Title: Study on Utilization of Unmanned Aerial Vehicle (UAV) Technologies for Infrastructure Maintenance

In Japan, the technology development aimed at developing robotics technologies, which inspect, diagnose, operate, and manage infrastructure elements efficiently and effectively by using a multicopter, has been conducted since FY 2014 through the Council for Science, Technology and Innovation-led “the Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program (SIP) / Infrastructure Maintenance, Renovation, and Management”. This study has been conducted under the SIP.
Firstly, we researched domestic and international trends in technology and market with respect to infrastructure maintenance technologies using Unmanned Aerial Vehicle (UAV ). Specifically, we researched actual use of UAV and collected information on the trends of domestic and international technologies and companies, the size of market.
Secondly, we researched UAV technologies for infrastructure maintenance including domestic and international political efforts and contents of the experiment conducted at test sites. Specifically, we collected information including policies and regulations, demonstration experiment, trends in standardization related to UAV both domestically and internationally.
Lastly, we developed the technology outlook which enables a panoramic view of medium- and long-term developments on use of UAV for infrastructure maintenance of bridge and tunnel. In the development of outlook, we organized the committee and working group consisted of industry-government-academia experts, and hold a total of six meetings to get expert advice. In addition, we organized and hosted open symposium attracting over two hundreds participants.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る