成果報告書詳細
管理番号20160000000858
タイトル平成27年度成果報告書 戦略策定調査事業 IoT社会で重要となるデータ処理・制御技術等に関する調査
公開日2017/1/7
報告書年度2015 - 2015
委託先名アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
プロジェクト番号P99029
部署名IoT推進部
和文要約本調査は、IoT社会において重要とされる技術のうち、末端側と基幹側を連動させてデータ処理・制御を行う技術および関連する情報セキュリティ技術を中心としてその課題の整理を行い、今後実施するべき事項を明確化することを目的として実施した。基本的な考え方として、シーズアウトに終始することがないように、ユーザニーズを起点とした検討を重視した。具体的には製造業分野/社会インフラ分野/生活分野/サービス分野におけるIoT活用動向を概観した上で、ユーザ企業との討議を踏まえてユースケースを定義し、データ収集/データ蓄積/データ解析/セキュリティの各技術分野における技術課題を同定した。また、今後の垂直連携プロジェクトの展開においては、ユーザニーズに基づいたユースケースをブラッシュアップすることで魅力的なビジネスモデルの実現に向けた技術課題を見極めていくことが重要である。そのために、本調査内で実施された有識者委員会にて各ユースケースに寄せられたコメントを振り返ることで、今後の継続的なブラッシュアップのための要諦について整理した。
英文要約This research was conducted with the goal of organizing the key topics within the key technology for the IoT society, specifically related data processing and control technology for connecting the device-side with the cloud-side, plus the related security technology, the initiatives to pursue next. In terms of basic concepts, the priority focus was on a user needs based research. Specifically, we examined trends in the usage of the IoT in the manufacturing, infrastructure, lifestyle, and service industries/fields, then defined scenarios for usage based on discussions with user companies, and lastly identified technology issues in each technology field for data collection, data compiling, data analysis, and security. Furthermore, in order to conduct a vertical collaboration project in the future, it is critical to refine the usage scenarios based on user needs and examine technology issues for achieving an attractive business model. In order to do so, we reviewed comments on the usage scenarios from the panel of experts assembled for this research and identified the key lessons in order to continuously update and refine them.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る