成果報告書詳細
管理番号20160000000922
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー推進事業 クリーン・コール・テクノロジー推進事業 石炭火力の競争力強化方針の検討
公開日2017/1/5
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P92003
部署名環境部
和文要約平成27年度ー平成28年度成果報告書 ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト クリーン・コール・テクノロジー推進事業 石炭火力の競争力強化方針の検討

我が国の石炭火力発電技術の国際競争力強化に向けて、日本の高いO&M 品質をユーザーニーズに適合したサービスとして提供する新しいビジネスモデルを構築することが有効と考えられる。

本調査では、3カ国を対象としてO&Mの実態やニーズについて現地調査を行い、それらを踏まえたO&M サービスのビジネスモデルを検討し、ユーザーメリットを定量化した。また、我が国のメーカーを核とした2つのワーキンググループにてこれらの結果を議論し、今後必要となる技術開発課題について検討した。

上記の調査の結果、国の置かれた状況等によりニーズは異なるが、稼働率の向上や修繕費の低減が大きなコストメリットをもたらすとともに、計画外停止等の回避がユーザーにとって大きな付加価値となることが分かった。これらを踏まえると、一定条件下での稼働率を保証するビジネスモデルが有効と考えられるが、各国ユーザーともにメンテナンス品質の向上に努力していること、メー
カー側で把握できない運転状況や機器については責任が持てないことから、現状よりも高稼働率/高信頼性を保証することを可能とする革新的な計測、解析技術(シミュレーション含む)が必要であると示唆された。
英文要約Title:Study of strengthening Competitiveness of
Coal‐Fired Power Generation Technologies FY2016, FY2017 Annual Report

To strengthen competitiveness of Japanese Coal‐Fired Power Plant, it would be effective to provide operation & maintenance (O&M) services using Japanese technology, which fulfill end clients’ needs.

In this project, O&M service needs of end clients were investigated through research trips in 3 countries and literature survey. Based on the needs, business models of O&M services were developed with quantification of its benefits for end clients. Two working groups composed of Japanese manufacturers were formed to discuss framework of the business models, user benefits, and future R&D programs to achieve the business models of O&M services.

As a result of the study, it turned out that O&M service needs of each country differ depending on the energy supply‐demand structure of each country. Quantified user benefits indicate that improving availability and reducing maintenance costs have large potential for profit. Though it is difficult to quantify the benefit, avoiding unplanned outage is also very important for end clients.

In light of the results of this study, O&M services, which guarantee certain level of availability under specific conditions, will be suitable for user’s needs. Considering users in each country trying to improve their O&M and manufactures being not able to be responsible for all of the equipment working properly and operating conditions (such as coal characteristics), it is suggested that development of innovative sensing and analytic technologies, which enable to guarantee higher availability and higher reliability, is required.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る