成果報告書詳細
管理番号20160000000924
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 次世代スマートデバイス開発プロジェクト/電子・情報分野の研究開発成果の事業化促進に向けた知的財産プラットフォームの実現性に係る調査
公開日2017/1/12
報告書年度2015 - 2016
委託先名アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
プロジェクト番号P13005
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度ー平成28年度成果報告書 次世代スマートデバイス開発プロジェクト/電子・情報分野の研究開発成果の事業化促進に向けた知的財産プラットフォームの実現性に係る調査調査

プロジェクト概要
本調査事業では、電子・材料・ナノテクノロジー部で実施中の電子情報分野における事業(次世代スマートデバイス開発プロジェクト等)の成果を最大化するために、知的財産の普及、活用を含めた基盤の整備を目指し、ひいては機構が実施する電子・情報分野の事業における今後の事業運営へ反映することを目的とし、NEDOのプロジェクト運営を補佐・支援する成果最大化支援チームの構想を、有識者ヒアリングや事例調査を通じて検討した。具体的には、成果最大化支援チームに求められるプロジェクト運営機能・運営プロセス・体制の検討を実施した。併せて、スマートデバイスを含むIoT分野の特許マップの俯瞰的調査を実施し、知財戦略から見た留意点を抽出した

プロジェクト調査結果概要
<支援チーム構想検討結果>
有識者へのヒアリングからは、多種多様なプレイヤが参画する中でのビジョン・ゴール定義の重要さ、状況変化の速いIoT世界における変化対応型のプロジェクト運営の必要性、事業で勝つためのビジネス・エコシステム設計および技術・知財戦略の重要さが多く指摘された。以上の指摘を踏まえ、事業成果最大化のためには、1.研究テーマのゴール・進捗をチーム横断で管理すると共に、環境変化を踏まえてプロジェクト全体の方向性を適切に司る全体統括・戦略機能、2.事業化に向けた産業界との連携支援機能、3.各個別テーマ領域に対する木目細かい実用化支援機能が求められると考えられる。
<特許調査の結果>
IoT分野では「技術レイヤを跨いだ戦い」と「アーキテクチャを巡る戦い」が激化している。自レイヤ内の競合技術・知財の把握だけなく、技術レイヤ全体の戦略を包括的に捉えた上で、目指すべきビジネス・エコシステムの設計、技術・知財戦略策定を実施することが肝要といえる。
英文要約Title: “Report of Findings for 2015 - 2016 Research related to Realizing an IP Platform for Advancing the Commercialization of the Output from Next Generation Smart Device Development Projects and R&D in the Electronics and IT Fields”

Project Overview
In this research project, ADL looked to form a support team plan to assist with PM/PT/PL work and conducted interviews with experts, as well a case study research, in order to achieve the main goal for the “multidisciplinary technology development project to promote the IoT”. The team will aim to build a platform, including the spread and utilization of intellectual property, and incorporate this into the project management for NEDO’s endeavors in the ICT field (the Next Generation Smart Device Development Project, etc.), which the Electronics and Materials & Nanotechnology Division is currently undertaking, in order to maximize the results. Specifically, ADL examined the functions, operations processes, and organizational structure required for the support team plan.
Simultaneously, ADL examined patents in the IoT field, including the smart devices field, formulated an overview patent map, and identified key points of concern based on the status of intellectual property/assets (IP) strategy.

Research results
{Results of the study on forming a support team plan} In order to maximize the output from the study, they need to have the ability to conduct overall integrated management, plus the ability to collaborate and implement, but the ability to conduct overall integrated management is especially important (vision and ecosystem design, plus technology and IP strategy and operations).
{Results from the patent research} In the IoT field, “the battle to bridge the different technology layers” and “the battle surrounding architecture” are intensifying. The key is not only grasping the competing technologies and patents within one’s own layer, but getting a comprehensive understanding of the status of the battle across all technologies layers, then designing a business ecosystem to target, and formulating the optimal technology and IP strategy.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る