成果報告書詳細
管理番号20150000000805
タイトル平成26年度―平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/マレーシア・イスカンダル開発地域の工業団地におけるスマートコミュニティ実証事業の要件適合性等に関する調査
公開日2017/2/23
報告書年度2014 - 2015
委託先名パシフィックコンサルタンツ株式会社 川崎重工業株式会社 株式会社オリエンタルコンサルタンツグローバル
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/マレーシア・イスカンダル開発地域の工業団地におけるスマートコミュニティ実証事業の要件適合性等に関する調査(H26-H27)

2020年の先進国入りを目指すマレーシアでは、経済発展と環境対策の両立を目指している。特に、成長の推進力として期待されるジョホール州南部のイスカンダル開発地域は、シンガポールの国土の約3倍に相当する開発面積を有し、工業団地に加え、金融・行政・教育・医療・住宅・アミューズメント施設なども設置予定であるように、一大総合開発が進んでいる。
本調査の目的は、イスカンダル開発地域において、我が国の優れた技術システムを用いた高効率の冷房システムを導入・普及に向けて実証事業の実施に必要な要件適合性等について検討することである。具体的には、実証事業実施の際の民間側パートナー企業及びカウンターパートとなる政府関係機関を検討し、マレーシアの実情に即した技術システムの構成を検討した。
本調査の結果、イスカンダル開発地域の西側にあたるヌサジャヤ地区において開発される「ヌサジャヤハイテク工業団地」及び「メディニ都市開発における業務用ビル」を実証実施サイトとすることとした。
実証事業実施の際の民間側パートナー企業については、現地の大手地域冷房サービス事業者として豊富な実績を有する「A社」との間で実証事業に向けた実証前調査を協力して行うことに同意した。
実証事業の実施にあたり、NEDOの政府側カウンターパートとなる政府関係機関については、イスカンダル開発地域における中央政府関連機関のワンストップ窓口であり、現地地方政府機関とのパイプ役でもあるイスカンダル地域開発庁(IRDA)を特定した。
IRDAは関税・法人税等の免税や投資インセンティブ付与を担当するマレーシア投資開発庁(MIDA)の機能も有しており、実証事業における機器設備の輸入時の関税免除についても検討する。
また、IRDAを議長に、MIDAのほか、エネルギー・グリーン技術・水省(KeTTHA)、環境・再生可能エネルギー省(MERE)等を含む協議・連携体制が構築されており、必要に応じて各関係省庁に協力を要請し相談することが可能。
加えて、関連書類の地方政府窓口への提出に際し、IRDAを通じて速やかにジョホールバル市役所(MPJBT)に提出され許認可を受ける体制が構築された。
実証事業で導入される技術システムについては、従来型の「冷気供給式の個別空調エアコンシステム」の代わりに、「環境配慮型の冷水式の高効率地域冷房システム」を導入することで、電力使用量を削減し省エネとCO2排出削減を図る。
その際、「ノンフロン型水冷媒高効率ターボ冷凍機」の導入によりフロンガスと温室効果ガス排出削減を図るとともに、大型のフロン型高効率ターボ冷凍機との連携により、冷房需要のベースロードを越える負荷変動に効率的に対応する。  
また、各種システム制御については、「中央監視制御装置」により適切にエネルギーマネジメントを行う。
英文要約Title: 2015 International Energy Consumption Efficiency Technology and System Demonstration Project/Demonstration Requirement Compatibility Survey /Survey concerning Requirement Compatibility of Smart Community Demonstration Project for Industrial Park in Iskandar Development Region, Malaysia (H26-H27) Final Report

Malaysia, who envision to elevate the country to a developed-nation status by 2020, aims for the simultaneous pursuit of economic development and environmental preservation. The Iskandar Development Region, anticipated as the driving force of economic growth located in southern Johor, is currently under process of a comprehensive development which includes development of industrial park, financial districts, administrative centre, educational institutions, medical institutions, residential areas, amusement facilities, etc. throughout an area of approximately 3 times the national land of Singapore.
Purpose of this research is to consider requirements for the implementation of demonstration on the installation and dissemination of high efficient cooling system utilizing Japanese advanced technology system. Specifically, appropriate public and private partners for this project was found, and the technology system configuration which is matched with Malaysian conditions was studied.
According to results of this survey, “Nusajaya Tech Park (NTP)” and “Commercial Buildings in Medini Iskandar Malaysia (MIM)” within Nusajaya development area will be focused as project sites.
One of the most experienced local district cooling “A” company was selected as a private partner of study team, and Iskandar Regional Development Authority (IRDA) was identified as a public partner of NEDO for this project.
IRDA has a partial function of Malaysian Industrial Development Authority (MIDA) including the entitlement of the exemption of custom and corporation tax and incentives of investment. It is possible to request for the cooperation and advices from relating governmental organizations through the liaison council consists of MIDA, Ministry of Energy, Green Technology and Water (KeTTHA) and Ministry of Natural Resources and Environment (MNRE) and chaired by IRDA. In addition, construction permits and licenses regarding this project are supposed to be approved by Johor Bahru Central Municipal Council (MPJBT) supported by IRDA.
In order to reduce energy consumption and emission of CO2, “eco-friendly and high efficient district cooling system” will be installed instead of conventional “stand-alone cooling facility”.
Along with the reduction of Freon gas and Green-house gas through the installation of “non-Freon typed high efficient turbo chiller with using water as a refrigerant”, fluctuations exceeding the basic cooling load will be tackled effectively with the combination of large-size existing Freon typed high efficient turbo chiller.
This system will be controlled and managed by “central monitor controller” appropriately.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る