成果報告書詳細
管理番号20160000000117
タイトル平成26年度―平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/ヒートポンプ、蓄電システム等と太陽光発電の連携によるエネルギー効率化システム実証に関する調査(米国)
公開日2017/2/21
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社デンソー 株式会社デンソーウエーブ 株式会社ドリームインキュベータ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業実証要件適合性等調査 「ヒートポンプ、蓄電システム等と太陽光発電の連携によるエネルギー効率化システム実証に関する調査」(米国)

 今日、世界的な環境意識の高まりに伴い、各国で省エネルギーや再生可能エネルギーの活用が求められている。中でも米国は一人当たり電力消費が世界二位、CO2排出量が世界最大であり、我が国と比較して、省エネやCO2削減の余地が大きい。こうした状況を受けて2014年、米国環境保護局はCO2削減を狙ったクリーンパワープラン(Clean Power Plan,以降CPP)を発表した。司法の判断に委ねる部分があるものの、同計画を基に各州が規制を策定し2030年までにCO2を2005年比で約32%削減するとしている。

 本事業では、CO2排出量削減目標・省エネ・再エネ導入・ピークカットへの期待の大きい米国において、家全体の省エネ効率の向上・太陽光発電の最大利用・デマンドレスポンスを可能とする、行動予測に基づくエネルギーマネジメントシステムの導入を図ることを目的としている。本事業を通じた同システムの米国展開は、我が国のインフラ輸出に貢献すると共に、米国の省エネ・CO2削減を促進し、両国にとって有益なものとなる。また、世界のエネルギー対策及び地球温暖化防止に対しても貢献する。

 実証事業に先立つ実証前調査として、当該実証に用いるシステムや導入設備・ターゲット顧客・実証候補地域の検討、当実証に協力可能な企業や行政の有無、ビジネスモデル、米国における市場規模、競合他社に対する優位性の有無、普及可能性の検討を実施した。

 実証前調査の検討の結果、エネルギー事情・自然条件・電力条件・インフラ整備状況・関連政策等から判断し、実証候補地としてデトロイトが最も適していることが判明した。また当該地域における大手電力会社DTE エナジーは、既に省エネやデマンドレスポンスに対する取り組みを多数行っている先進性の高い企業であり、当実証への関心も高い。また、デンソー社の米国拠点も存在し、実証住宅の選定、PHV/EVの充電器設置事業所の選定において協力が得られやすい地域でもあり、実証の実現性は高いと判断された。また、事業性検討においてはエネルギーマネジメントシステムの販売事業・デマンドレスポンス事業、いずれにおいても一定の採算性が得られることが判明した。

 以上の結果を踏まえ、実証事業においては、デトロイト地域の住宅30棟を対象に、エネルギーマネジメントシステムとHP給湯器・太陽電池・PHV/EV・エアコンとの連携による省エネ効率機能を実証すると共に、上記設備を活用したデマンドレスポンスによる需給調整機能の実証を行う。
英文要約Title: Basic research into conforming to the requirements of a demonstration project for an energy management system saving energy in relation with heat pump, battery, and PV. FY2015 Final Report
 Global higher awareness on environmental protection requires various activities on energy-saving and renewable energy use in every country in the world. The United States is the 2nd largest energy consuming nation per capita and the largest CO2 emitting country, which means energy saving and CO2 reduction feasibility are larger than that of Japan. Due to such situation, United States Environmental Protection Agency announced the Clean Power Plan (herein after ‘CPP’) in 2014, targeting to reduce CO2 emission. Based on the plan, every State imposes its own regulations and the United States plans to reduce CO2 by approximately 32% from 2005 level by 2030, although a certain part depends on the judicial ruling.
 The object of this demonstration project is to introduce the energy management system based on the “prediction of consumer’s actions”, which enables energy saving efficiency improvement, maximum PV power use, and the demand response in the United States where CO2 reduction, energy saving, renewable energy introduction, and peak-cut are highly expected. The system application in the United States contributes to the export of infrastructure from Japan as well as energy-saving and CO2 reduction in the United States, which is profitable for both countries. In addition, the system contributes to a better energy usage in the world and global warming countermeasures.
 Pre-study before demonstration project includes studies and reviews on feasible system, equipment, target customers and demonstration site, finding probable companies and municipal government to join, business model, market size in the United States, and expectation of system use in the market.
 Based on the pre-study, Detroit turns out to be the most suitable site for the project, in terms of factors including energy usage, environment, electricity, infrastructure preparation, regulations and policies related. In addition, DTE Energy, one of the major utilities in the area, is an advanced company already implemented various programs on energy saving and demand response, who shows positive interest on the demonstration project. DENSO Corporation holds its one of overseas group companies in Michigan, so that the company cooperates to select demonstration project houses and charging installation sites for PHV/EV, which shows high feasibility of demonstration project. Regarding business, it is concluded that a certain level of profit will be feasible in energy management system sales and demand response business.
 Based on the study, energy saving functions integrating heat pump water heater, PV, PHV/EV, and air conditioner, as well as demand response shall be implemented as a demonstration project in Detroit area using 30 houses.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る