成果報告書詳細
管理番号20160000000363
タイトル*平成26年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証要件適合性等調査 ヒートポンプ、蓄電システム等と太陽光発電の連携によるエネルギー効率化システム実証に関する調査(米国)
公開日2017/2/2
報告書年度2014 - 2014
委託先名株式会社デンソー 株式会社デンソーウエーブ 株式会社ドリームインキュベータ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約 北米において提案システム導入の実証要件適合性について検討した。
 3月3日―3月7日の日程でミシガン州を訪問し、現地で再生可能エネルギーや省エネルギー関連技術の研究・普及活動を行う政府系企業と、当該分野に関する情報交換を行った。この企業は、再生可能エネルギーや省エネルギーに関する高い専門性と、政府・国内外企業との広いネットワークを有する。また、敷地内にV2Hの実証用住宅を建設し、実用技術に関するノウハウやグローバル企業との共同プロジェクトの経験を有する等、基礎調査に関して十分な調査能力を有することを確認できた。続いてこの訪問の中で、現地ニーズを調査する目的で、ミシガン州デトロイト近郊(サウスフィールド市、バトルクリーク市、アナーバー市)を訪問し、現地の住宅環境・交通環境・太陽光パネルの設置状況を視察した。この地域には、ミシガン州立大学もあり、2008年に学内中央発電所に太陽熱集熱器を導入、2012年には電力会社DTE Energyと共同で大学敷地内にメガソーラーを建設するなど再生可能エネルギーの実用化研究に積極的である。
 上記訪問結果に基づき、基礎情報調査を開始した。カリフォルニア州、コネチカット州、イリノイ州、メリーランド州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オレゴン州、ロードアイランド州、テネシー州、テキサス州、バーモント州)の13州を対象とした。このうち、コネチカット、イリノイ、ロードアイランド、テネシー、バーモントの5州は、初期の段階で候補から外した。理由は、規制環境が他の8州と比較して不十分であること、ユーティリティに関するRPS(Renewable Portfolio Standards)が弱いこと、住宅および自動車の市場規模が小さいこと、プラグイン車の消費者に対するインセンティブが小さいこと、他市場に比べて太陽光発電の導入が少ないこと、等である。次に、残り8州に対して環境政策、再生可能エネルギーの規制環境、再生可能エネルギーの現状、プラグイン車の市場性などによってランキング付けを実施した。この結果、マサチューセッツ州、カリフォルニア州、オレゴン州、メリーランド州等が上位にランキングされた。マサチューセッツ州は、再生可能エネルギーに対して積極的で、太陽光発電設備の成長率が2014年で278%に達するなど8州で最も高い。カリフォルニア州は、再生可能エネルギーを推進する政策や研究機関を有する。またプラグイン車に対する購入インセンティブ(最大5000ドル)やEVSEの特別な融資もある。オレゴン州は再生可能エネルギーの成長に積極的で77%発電能力を有する。一方で、EVSEの普及はやや遅れている。
 今後、調査結果を精査して2―3州に絞り込み、対象地域における最適システムを検討するとともに、実証に向けて現地パートナーの選定や交渉を進めていく予定である。
英文要約We have reviewed the suitability of prerequisite of demonstration project in North America.
From March 3 to 7 in 2015, we visited State of Michigan for pre-research of basic information research and discussed the issue with a nonprofit organization who accelerate renewable energy use, energy related research and growth. The entity holds a high speciality on renewable energy and energy saving, as well as wide network with government, autonomies and various companies inside and outside of the United States. Their facility, a house for demonstration project, provides platforms for testing and demonstrating V2H, and we have learned that they has a sufficient research capabilities of basic research on their various experience of co-project with global partners and know-hows of practical technoloties. After the information exchange, we visited outlying cities of Detroit (Southfield, Battle Creek and Ann Arbor) to check housing, transportation and solar panel installation. In the area, the Michigan State University is also located, who is very positive on application research of renewable energy, introducing solar energy collector to their central generation plant on campus in 2008 and building a solar farm together with DTE Energy on campus in 2012.
Based on the research and visit result, we have started the basic research. Firstly we selected 13 States including California, Connecticut, Illinois, Maryland, Massachusetts, New Jersey, New York, Oregon, Rhode Island, Tennessee, Texas and Vermont. At the first stage, 5 States, including Connecticut, Illinois, Rhode Island, Tennessee, and Vermont were eliminated because regulatory environment is not as accomodating as the 8 states identified, RPS (renewable portflio standards) for utilities is weak, the housing and/or vehicle market size is small, plug-in electric vehicle or electric vehicle supply equipment consumer incentives is low or not prepared, and adoption of photovoltanic solar is not as strong as the other markets. Then, considering factors including environmental policies, renewables and regulatory environment, status of renewable energy and vehicle information, overall scorecard is made. Massachusetts, California, Oregon, Maryland are lanked to top 4. Massachusetts has a strong trajectory towards greater renewable energy based on their 278% of utility scale solar growth in 2014, which is the biggest among 8 states. California has strong support for renewables through policy, research organizations, as well as significant PEV purchase incentives (up to $5000) and special financing to EVSE. Oregon is a state that encourages renewable energy growth, which holds a mix of 77% renewable generation capacity, on the other hands, EVSE density is low.
Based on the research result, we will select 2 to 3 States, while reviewing the optimum system in the applicable area and selecting/negotiating partners in the Unites States.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る