成果報告書詳細
管理番号20160000000837
タイトル平成25年度―平成26年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業 燃料電池自動車及び水素ステーション用低コスト機器・システム等に関する研究開発 オンサイト型水素ステーション用低価格水素製造装置の開発
公開日2017/2/23
報告書年度2013 - 2014
委託先名大日機械工業株式会社
プロジェクト番号P13002
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成26年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業/燃料電池自動車及び水素ステーション用低コスト機器・システム等に関する研究開発/オンサイト型水素ステーション用低価格水素製造装置の開発 ステージ1

2010年7月に産業界の総意として燃料電池実用化推進協議会から、FCVの一般ユーザーへの普及開始に向けたシナリオが提案され、水素供給インフラ(水素ステーション)を2025年には1000箇所程度まで普及させる事が発表された。さらに、2011年1月に自動車メーカー及び水素供給事業者13社が共同声明を発表し、自動車メーカーがFCV量産車を2015年に4大都市圏を中心とした国内市場への導入と、一般ユーザーへの販売開始を目指して開発を進めていることや、
水素供給事業者が2015年までにFCV量産車の販売台数の見通しに応じて100箇所程度の水素供給インフラ(水素ステーション)の先行整備を目指すこと等が示され、現在水素供給インフラ(水素ステーション)の先行整備を進めている。しかしながら、オンサイト型水素ステーションのコストは
現状6―7億円であり、普及のためには更なる低コスト化を進め2.5億円程度にする必要がある。その中のオンサイト型水素ステーションを構成する水素製造装置のコストは現状では8.500万円程度であり、普及させるためには5,000百万円以下にする必要がある。本研究開発では水素供給インフラ(水素ステーション)の低コスト化を目的にオンサイト型水素ステーション用低価格水素製造装置の開発を行った。

事業概要
複合型改質器(水蒸気改質器、CO転化器及び蒸気発生器を高度に集積一体化した改質器)を搭載することで、水素製造装置を構成する機器類を大幅に削減した低価格でコンパクトなオンサイト型水素ステーション用低価格水素製造装置の研究開発を行った。開発するオンサイト型水素ステーション用水素製造装置の価格は5,000百万円
(100 Nm3/h)以下に抑える。ステージ1では複合型改質器の基本設計、複合型改質器を搭載した水素製造装置の基本設計及びコスト分析を行うとともに、実証事業計画を作成した。
参考)ステージ2では、複合型改質器の詳細設計、水素製造装置の詳細設計、水素製造装置の製作、水素製造装置の実証試験、複合型改質器の運転評価、水素製造装置の運転評価を実施する。
英文要約Title:Research and development about a hydrogen use technical research development business/a fuel cell powered vehicle and a low-cost equipment and system for hydrogen stations, etc. /development of a low-price hydrogen production unit for on-site type hydrogen stations Stage‐1 (FY2014) Final Report

A scenario for starting to the general user of FCV was proposed from Fuel Cell Commercialization Conference of Japan as a consensus of the industry in July 2010, and it was announced to make a hydrogen supply infrastructure (hydrogen station) spread up to about 1000 points until 2025. The 13 companies of automobile and hydrogen supplier announced the joint statement in January 2011, the automobile companies are advancing the development aiming at introduction of a FCV mass-produced vehicle to the domestic market where 4 large metropolitan areas in 2015 were made the center and sales starting to the general user. It's indicated that a hydrogen supplier aims at the preceding maintenance of about 100 points of hydrogen supply infrastructure (hydrogen station) according to the perspective of sales number of a FCV mass-produced vehicle by 2015, and the preceding maintenance of the hydrogen supply infrastructure (hydrogen station) is being advanced at present. However, the cost of the on-site type hydrogen station is 600 to 700 million yen and furthermore decreases in cost in an advance of about 250 million yen for the spread. The cost of the hydrogen production unit of which the on-site type hydrogen station in it is composed is about 85million yen by the current state, and it's necessary to make it less than 50 million yen to make them spread. A low-price hydrogen production unit for on-site type hydrogen stations has been developed for the purpose of cost reduction of hydrogen supply infrastructure (hydrogen station) by this research and development.

The business outline
It was to load a compound type reformer (the reformer with which a water vapor reformer, a CO change container and a steam generator were accumulated highly), and a low-price hydrogen production unit for low-price and compact on-site type hydrogen stations where the equipment of which a hydrogen production unit is composed was reduced substantially was studied and developed. The price of the hydrogen production unit for developed on-site type hydrogen stations is will be suppressed below 50 million yen (100 Nm3/h). A general plan of a compound type reformer, a general plan of a hydrogen production unit equipped with a compound type reformer and a cost analyses were performed by stage‐1 as well as a proof business plan was made.
A detailed design of compound type starting equipment, a detailed design of a hydrogen production unit, making of a hydrogen production unit, a demonstration of a hydrogen production unit, the driving grade of the compound type reformer and the evaluation of driving the hydrogen production unit are conducted in reference) in stage‐2.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る