成果報告書詳細
管理番号20160000000878
タイトル平成23年度―平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業
公開日2017/2/2
報告書年度2011 - 2015
委託先名三菱重工業株式会社 株式会社日立製作所 三菱商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約本プロジェクトは、スマートコミュニティ関連技術の実証を目的に、スペインのマラガ市(アンダルシア州の地中海沿岸地域)で実施した。
プロジェクトでは、将来、主要公共サービス(電力、交通、熱、水、都市ごみ等)をスマート化して、それらを統合管理する拡張性を考慮しつつ、特にここ数年で、大きな革新が期待される道路交通と電力の分野にフォーカスして検証を行っている。
具体的には、大量の電気自動車(EV)を社会に受け入れるための EV インフラ(充電器およびそれらを管理する管理センタ)を構築し、そのスマート管理を試み、また、給電安定化に必要な電力システムマネジメントに関する実証試験を行った。
本実証では、スマートコミュニティを実現する解を、包括的にパッケージ構築する観点から、以下大きく4つの機能群について実証を行ってきた(1.EVスマートインフラ、2.電力マネジメント、3.情報プラットフォーム、4.総合サービス)。
1.は、EVとEVインフラのICT管理に関する実証であり、道路ネットワーク上の電気自動車と充電インフラ(=充電ステーション)をオンライン化して、センターにて管理・分析する取組みである。
2.は、電力マネジメント関連技術を、スペインの電力会社エンデサと共同で評価する試みである。
3.は、スマートコミュニティ構想で将来、各公共サービス(電力、交通、熱、水、都市ごみ等)全体をスマート化していく際に、それらを統合管理する情報基盤としてのプラットフォーム構築である。
4.は、今後スマートコミュニティセンタに集約されていく多様な情報を元に、それらの組合せによって新たなサービスを提供するビジネスモデルの開発を試みるものである。
本プロジェクトでは、上記1―4について横断的に実証してきた。
1.では、通常のCHAdeMO急速充電器の他、蓄電池を組み込んだ複合型急速充電器を導入し、グリッドからの買電量の平準化や、それによる系統強化工事不要化のメリットを検証した。また出力可変型で複数の給電口を有する急速充電器も導入し、各々の給電量を調整することで、限られた充電容量でも複数台の車両に同時給電できることを証明した。
加えて、これらの充電器を用い、一般・法人から募った実証会員のEVユーザらに対し、有償で充電サービスを提供し、その利用動向や商業成立性についてスタディをするとともに、有価ポイントによる疑似的なダイナミックプライシングの実験を行い、EV充電行動に関するエネマネの可能性について検証した。
2.では、将来のEV普及フェーズにおける急速充電ステーション大量増設時のグリッドへの影響をアセスできるようにするため、充電器連系時の電気的影響(潮流計算など)を評価できるシミュレータを開発し、前記エンデサ社と合同で評価を行った。3.では、マルチアプリケーションを想定した汎用的なコンセプトの社会インフラ用 統合情報基盤を開発した。
このプラットフォームは、汎用的な文書形式(XMLベース)とAPI(RESTful)で接続可能で、データ管理やデバイス管理の統合機能も有しており、これら機能が正しく動作することを実証データの収集を通して確認した。
4.では、テレマデータ活用の、応用ビジネスのフィールド実証として、次世代型の自動車保険やカーシェアのシステム(データ収集/業務管理/データ分析)をプロトタイプ開発し、現地のパートナーとのコラボレーションを通して評価を行った。
さらに、これら1―4の技術的実証を通して得られた結果や知見を基に、実ビジネス展開の可能性スタディや、標準化に関する取組みも行っている。
英文要約This project was carried out in Malaga City in Spain for the purpose of the demonstration of the smart community-related technology.
Considering the scalability to the integrated management of future smart infrastructures (i.e. electricity, transportation, heat & water supply, municipal waste, etc.), the project was executed focusing on the fields of transportation and electricity, where the big innovations are expected.
Specifically, the project built EV management infrastructures that are comprised of quick chargers (QC) and management center, conducted a series of smart management trials through their operation, and then, carried out the verification tests on electricity management system.
Demonstrations were conducted with respect to the following four major functional groups ([1] smart EV infrastructure, [2] power management, [3] information platform, [4] comprehensive service).
The demo for [1] is related to management of EV and EV infrastructures (i.e. QC stations) based on ICT technology, and it monitors and controls them from the center computer via the M2M network aiming to obtain knowledges for future applications.
The [2] demo aims to evaluate a power management-related technology in collaboration with a Spanish power company Endesa.
The demo [3] is an approach to build an integrated information platform for the smart infrastructures that are to be equipped in the future.
The demo [4] intends to make a business model for a variety of new services that might be possible by combining various collected information.
The major results of the demonstrations are as follows; In the [1] demo, a LIB built-in type QC was newly introduced and its advantages in equalizing purchased electricity amount and eliminating the need for grid reinforcement were verified.
Another new type of QC with multiple charging poles and variable output levels was also introduced, and it proved that it can charge more than one vehicle simultaneously even in limited charging capacity by adjusting the output level for respective poles.
The project also studied the utilization patterns of the QCs to evaluate the possibility of behavior-based energy management, its commercial feasibility, and the pseudo-dynamic pricing method by valuable points.
In [2], aiming to the future stage where EVs are widely spread, a simulator, which can assess the impact of massively deployed quick chargers to the grid, was developed and evaluated jointly with Endesa.
In [3], an integrated information platform for social infrastructure was developed and its functionalities were verified. With its "general purpose" and "multi-application" features, data management and device management can be done in an integrated manner.
In [4], prototypes of next-generation automobile insurance system and the car sharing system were developed and evaluated jointly with the local partners.
In addition, a feasibility study for real business development and a standardization activity were also conducted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る