成果報告書詳細
管理番号20160000000921
タイトル平成27年度―平成28年度成果報告書 ロボットの新たな戦略に向けたワーキンググループ実行業務
公開日2017/2/15
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号Q14004
部署名ロボット・AI部
和文要約平成 26 年度に安倍総理のイニシアティブにより「ロボット革命実現会議」が設置され、「ロボット新戦略」(平成 27 年 2 月 日本経済再生本部)が策定された。当該新戦略では「日本を世界のロボットイノベーション拠点とすること、2020 年までにロボット分野の市場について製造分野で現在の 2 倍/サービスなど非製造分野で 20 倍に拡大すること、2020 年にロボットオリンピック(仮称)を開催すること」等が示された。「ロボット新戦略」の具体的な推進母体として設立された「ロボット革命イニシアティブ協議会」のうち、「ロボットイノベーション WG」(以後、「WG」という。)と WG の下に設置された3つのサブワーキンググループ(以後、「SWG」という。)の事務局を運営している。WG内には3種類のSWGが存在する。SWG1:プラットフォームロボット サブワーキンググループロボット革命を実現するためには誰もが使いこなせる「Easy to Use」を実現し、多様な要請に柔軟に対応できるロボットを普及させる必要がある。本 SWG では、多様なニーズに応えていけるプラットフォームロボットとしてどのようなものがありうるかについて検討している。SWG2:ロボット活用に係る安全基準/ルール サブワーキンググループ2020 年に日本全体を「世界一のロボット利活用社会」のショーケース化するために、自律移動型ロボットや空港で働くロボット等の社会実装が進められており、その実現のために日常空間や空港等において自律移動型等のロボットが利活用される際の基準・ルールを検討している。SWG3:ロボットオリンピック(仮称) サブワーキンググループロボット新戦略においてロボットの研究開発を加速し、実社会への導入・普及を図る、すなわち社会実装を進める一つの方法として、様々なロボットを対象とした競技会や実証実験、デモンストレーションために、2020 年にロボットオリンピック(仮称)を実施、2018 年にプレ大会を実施することが記載されており、その実現に向けて競技種目等の検討をしている。上記のSWGの議論を本業務にて加速させることで、中身の濃い報告書に仕上げることを目的とする。上記ヒアリングやアンケートに加え、1)過去に作製されたプラットフォームの狙いと効果実績・課題、2)各国の安全基準・規制・ルールと課題はどうなっているか、3)過去に実施されたロボット競技会における開催趣旨、種目、評価方法、等について情報を抽出しまとめた。ロボット国際競技大会(仮称)SWG3において議論されている、様々なロボットを対象とした競技会や実証実験、デモンストレーションするために、2020 年にロボット国際競技大会(仮称)を実施することを目的として、新たにロボット国際競技大会実行委員会を発足させた。国内有識者からなる 30 名程度のロボット国際競技大会実行委員会を1月、4月、6月に開催した。実行委員会では、競技分野の選定、競技の国際性について議論を行った。また、国内外のロボット技術研究者等からなる 10 名程度の国際競技大会実行委員会諮問会議を2月に開催した。この会議でロボット国際競技大会の目的・どのような競技を行うかについて議論が行われた。世界各国のロボット関係有識者やユーザに対して下記の事項についてヒアリングやアンケートを実施した。本年度はEuropean Robotics Forum 2016やIEEE International Conference on Robotics and Automation2016、RoboCup(準備期間)に参加し、欧州で行われているロボットの競技大会について情報収集を行った。また、ロボット関係の有識者に対してヒアリング・アンケートを行い、興味のある開催分野、参加したいと考える競技大会について調査を行った。
英文要約Title: (FY2015-2016) Execution of assignment for New Robot Strategy Working Group

In 2014, Prime Minister Abe took the initiative in establishing "Robot Revolution Realization Council", and formulating "Japan’s Robot Strategy" (the Headquarters for Japan’s Economic Revitalization, February 2015). The following statements were shown in the new strategy, such as making Japan as robot innovation hub in the world, making the robot market share growth double in manufacturing field and twenty times in non-manufacturing field by 2020, and holding International Robot Competition in 2020.Among the “Robot Revolution Initiative” which has been established as a nucleus of the “Japan’s Robot Strategy”, NEDO operates the “Robotic Innovation Working Group (hereinafter referred to as “WG”)”, and three “Sub Working Groups (hereinafter referred to as “”SWG”)” outlined as follows:SWG1: Platform Robots:In order to realize the robot revolution, it is needed to achieve concept of user-friendly "Easy to Use" and familiarize the robot which can flexibly respond to the diverse needs. The SWG1 will discuss and determine what kinds of platform robots will be able to correspond to various needs.SWG2: Safety Standards and Rules for Robot Utilization:The SWG2 is responsible for identifying the standards and rules for autonomous mobile robots that would be necessary for actual utilization at the airports and daily life environments, for showcasing robots to the world, aiming to achieve a society with the highest level of robot utilization in the world and realize to daily life that robots exist all over Japan in 2020.SWG3: International Robot Competition:“Japan’s Robot Strategy” says International Robot Competition is to be held in 2020 and pre-competition ― in 2018, in order to accelerate the research and development of robot and promote the introduction and spread of the robot to the real world, that is, as one of the methods to push forward social implementation. The SWG3 is responsible for determining the domains of the competitions.NTT Data Institute of Management Consulting, Inc. (hereinafter referred to as “NTTDIOMC”) will facilitate the discussions of the SWGs to support the compilation of a comprehensive and extensive report.In addition to the interviews and questionnaires, NTTDIOMC extracted the information and summarized it about the followings:1) Aim, effect achievements, and challenges of the platform manufactured before; 2) Safety standards, regulations, rules and challenges of each country;3) Spirit, categories, evaluation method, and etc. for robot competitions that have been carried out before.In order to hold competitions, conduct demonstration experiments with various robots under discussion at SWG3 as a target, Executive Committee for the International Robot Competition was established, so that International Robot Competition would be held in 2020.In January, April and June, Executive Committee meetings for the International Robot Competition were held by nearly thirty experts and key figures in Japan to discuss the selection of the competition categories and internationality of the competition. Furthermore, Advisory Board meeting of the Executive Committee for the International Robot Competition was held in February by nearly ten Japanese and overseas Robotics researchers. There was a discussion about the aim and categories of the International Robot Competition to be held in 2020.This year, NTTDIOMC took part in European Robotics Forum 2016, IEEE International Conference on Robotics and Automation 2016, RoboCup (in preparation period), and gathered information about robot competitions held in Europe.NTTDIOMC held hearing with the experts and users concerned with robot and made survey of the competition categories and type that they are interested in.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る