成果報告書詳細
管理番号20150000000855
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 高度交通信号システム(自律分散制御)実証事業(ロシア国:モスクワ市)
公開日2017/3/3
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社京三製作所 株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 実証前調査 「高度交通信号システム(自律分散制御)実証事業(ロシア国:モスクワ市)」

本実証の狙い:本事業は、モスクワ市において(株)京三製作所が開発した自律分散型の信号制御システム(Autonomous and Real-Time signal control based on Estimation traffic demand for Minimization of Signal waiting time: ARTEMIS)を導入することにより、渋滞が解消されて燃料消費及びCO2の排出量が削減されることを実証実験で確認し、このシステムがロシア連邦においてもきわめて有用な信号制御技術であることを実証することを目的としている。
技術の概要:自律分散型の信号制御とは、隣接した交差点に設置する信号機同士で情報交換を行い、交差点に到着する車両情報(到着予想時刻や台数)から最適な表示時間を計算し、渋滞が発生しないように制御を行うことである。
NEDO関与の必要性):NEDOのような公的機関が窓口になると、モスクワ市政府との関係構築や実証に向けた交渉がスムーズであることから、NEDOの関与の必要性は非常に高い。
実証実施体制:本実証事業では、モスクワ市交通管制センター:TsODD(モスクワ市道路交通・インフラ局の下部組織)とNEDOがMOU、TsODDと京三製作所がIDをそれぞれ締結する予定である。TsODDは実証事業時の機器組み立てや据付工事を工事会社へ発注する。
実施スケジュール:本事業は2016年1月までにMOUとIDの調印予定。MOU及びIDの締結の後、機器の設計・製造は2016年6月までに終了する予定。実証試験は2016年9月から実施する。モスクワ市政府の評価は2016年10月に受ける。なお、ARTEMISの厳寒期作動の確認のために2017年3月までデータ取得を行う予定である。
実証前調査によるシミュレーション試算結果:本調査では、モスクワ市から提供された実証候補サイトにおける交通量データを活用し、ARTEMIS導入シミュレーションを行った。その結果、渋滞削減効果(旅行時間削減効果):最大40%。省エネ効果:ガソリンの消費量が約24kL削減、年間約830GJのエネルギー消費削減。温室効果ガス排出削減効果:年間約56t-CO2の排出削減。渋滞緩和による経済効果:時間短縮により年間2,200万円。今後、これらを実証試験で検証する。
実証事業のリスクと対処の方針:実証事業において想定されるリスクとしては以下の通りである。
(1)様々な原因で手続きや業務が遅延する
(2)実証時において機器やシステムの故障や破壊等による「ARTEMISシステムが正常に動作しない」という状況が起こる。
このようなリスクに対処するためには、以下の対策が重要である。(1)工程管理表を作成し進捗管理を徹底して遅延を予防する。(2)障害発生時に以下を実施して影響を最小化する。対応管理表を作成。責任者・作業者の認識徹底。保守備品の確保。保守担当者とタスクの認識徹底。
英文要約Title: Basic Study for Field Test Project on Increasing the Efficient Use Energy: Advanced Traffic Signal System (Autonomous Distributed Control) Demonstration Project (Russia Country: Moscow City) Final Report

The aim of this demonstration: The purpose of this demonstration project is to confirm the reduction of fuel consumption and CO2 emission caused by road traffic congestion in Moscow City by installing ARTEMIS (Autonomous and Real Time signal control based on Estimation traffic demand for Minimization of Signal waiting time).
Overview of technology: When ARTEMIS are installed in adjacent intersections, they exchange information each other between multiple intersections, and calculate the optimum signal schedule using the information such as estimated arrival time and number of cars.
Implementation schedule: The signing of the MOU and the ID is scheduled in January 2016. After the conclusion of the MOU and ID, the design and manufacture of equipment are scheduled to be completed by June 2016. Demonstration will be carried out from September 2016. Evaluation by the Moscow city government will be received in October of 2016. In addition, it is planned to carry out the data acquisition until March 2017 in order to confirm the midwinter operation of the ARTEMIS.
Simulation calculation results based on the preliminary survey for five intersections: Traffic jam reduction effect: The travel time is estimated to be reduced by up to 40%. Energy-saving effect: consumption reduction of gasoline is estimated about 24kL/year, which corresponds to the energy consumption reduction of about 830GJ/year. Greenhouse gas emission reduction effect: Emission is estimated to be reduced about 56t-CO2/year. Economic effect of Traffic jam relief: it is estimated to gain 22 million yen a year by the time shortened. We will verify them above in the demonstration project.
Risks and deal with policy of demonstration projects: The risk are as follows. (1) Procedures and operations will be delayed for various reasons. (2) The situation like "ARTEMIS system is not working properly". To deal with these risks, the following measures are important. (1) Making a process management table and proceeding management to prevent delay. (2) Minimizing the effects by implementing the following in case of failure. Creation of a countermeasure management table. Reaffirmation of missions and role-sharing by staffs. Ensuring maintenance equipment. Reaffirmation of tasks by maintenance staffs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る