成果報告書詳細
管理番号20160000000099
タイトル平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証前調査/グリーン都市システム・熱併給発電所の省エネ化実証事業(ウクライナ)
公開日2017/3/24
報告書年度2015 - 2015
委託先名伊藤忠商事株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約 1.概要:本報告書は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構から委託を受け、キエフ市の熱併給発電所(CHP-6、およびPozniyaki)にガスタービン発電機(GTG)と排熱回収ボイラー(HRSG)を主要機器とするガスタービンコジェネレーションシステム(GTCS)の導入による省エネルギー効果等の実証、および当該技術の普及の可能性に関する調査を取り纏めたものである。 2.調査概要:既存設備の稼働状況、同国の環境規制および法制度等を調査し、ウクライナ側の要望に基づいて、導入する設備の基本システムを設計した。また、両国の役割分担を協議し、ウクライナ側には総費用の積算と建設に必要な初期段階での認可申請を行わせた。総費用の積算結果は、109億円(CHP-6、VAT抜き)、113億円(Pozniyaki、同)となった。 3.調査期間:調査は、2015年4月1日から2016年3月18日に亘り実施された。現地調査は、9回に分けて実施された。第1回(4月)第2回(5月)第3回(6月)第4回(7月)第5回(9月)第6回(10月)第7回(11月)第8回(12月)第9回(2月) 4.効果の検証:本調査では、CHP-6において発電出力139.4MW、熱出力87.5Gcal/hのシステムを選定し、発電効率の高いGTG、およびHRSGから供給する蒸気量相当分は既設の蒸気ボイラーを焚き減らす効果による、省エネルギー効果や温暖化ガス削減効果を検証した。その結果、燃料削減による省エネルギー効果は、3,024.7TJ/年、温室効果ガス削減効果は172,800t-CO2/年となった。また、NOx排出量も72.4ppmの削減効果が見込まれた。 5.実施スケジュール:建設工事は、ウクライナ国内で必要な諸手続きが完了しなければ開始することができない。それには時間が掛かることが想定されるので、全体スケジュールは長くなる。短縮の可能性のある建設工事スケジュールにつき、ウクライナ側の業者が決定し、詳細に検討できる体制が整ってから、工事工法等を検討して行く予定である。 6.普及可能性の評価:ウクライナ政府は、2030年までにCHPによる発電量を20,000GWhまで高める目標を掲げている。これは、年平均成長率4.13%の伸びであり、市場ニーズは非常に高いと言える。またウクライナは、電力需要の9割近くを原子力発電と火力発電に依存しているが、何れも旧ソビエト連邦時代に建設された設備であるため、更新時期を迎えている。設備更新は諸外国よりの援助に頼らざるを得ず、天然ガスを燃料とするGTGやGTCSの普及可能性は高いと判断する。そのためには、以下の課題を克服する必要が有る。総事業費の圧縮、政府による優先度、燃料の天然ガス価格、売電価格等の優遇措置。特に、総事業費用の圧縮は不可欠であり、少なくとも財務的内部収益率が10%となる90億円を初期目標に、最終的には投資回収年が7年を切る70億円を普及段階時のターゲットと考える。 7.帰結:ウクライナ側資金負担の目途が立たず省エネルギーモデル実証事業への移行は断念したが、本報告が当該案件実現の一助となり、加えて我が国関係者の方々のご参考になることを希望する。
英文要約1. Brief Overview: This report summarizes, commissioned by NEDO, the study on the impact in energy conservation by means of introducing gas turbine cogeneration system (GTCS) mainly consisting of H-100 gas turbine generator (GTG) and heat recovery steam generator (HRSG) into the combined heat & power station (CHP) in Kiev (i.e. CHP-6 and Pozniyaki), and the commercial potential in Ukraine. 2. Study Outline: The operational status of the existing facility, and Ukrainian environmental regulations and legal systems were investigated. Based on the requirement of Ukrainian partners, the basic concept of the installed system was established. The division of responsibility between two countries was decided and the project cost was estimated by Ukrainian partner as Yen 10.9 bil. (VAT excluded) for CHP-6 and Yen 11.3 bil. (do) for Pozniyaki. The initial application for implementation of the project was filed. 3. Period of the Study: The study had been made for the period of 1st April 2015-18th March 2016. Nine field surveys were made; 1st (April), 2nd (May), 3rd (June), 4th (July), 5th (September), 6th (October), 7th (November), 8th (December) and 9th (February). 4. Verification of the Effects: The new CHP at CHP-6 with generation capacity of 129.4MW and 87.5Gcal/h was examined. The exiting boilers can turn down the output by the same volume generated by HRSG and reduce fuel consumption. This reduction can produce energy conservation effects of 3,024.7TJ/year, greenhouse gas reduction effects of 172,800t-CO2 /year, and NO2 reduction effects of 72.4 ppm. 5. Implementation Schedule: Construction can start after all the necessary permits and licenses are obtained. It is expected that the procedure takes rather time and implementation schedule will be prolonged. In order to shorten the implementation schedule, the most efficient method of procurement, logistics and construction will be considered after Ukrainian partners involved are selected. 6. Commercial Potential: Ukrainian government sets the target that the generation capacity of CHP’s will increase up to 20,000GWh. It is 4.13% CAGR, which evidences that Ukraine has great commercial potential. Ukraine depends nearly 90% of her electricity demand on nuclear and thermal power plants, which were constructed in Soviet Union era and shall be replaced with new facilities. Ukraine must rely on assistance from the advanced countries, and GTG and GTCS, which run on natural gas, have great possibility for the replacement of those facilities. To this end the followings are the challenge to be overcome. 1) Project cost driven down. ii) Priority given by the government. iii) Stability of natural gas price and preferential treatment in electricity tariff. Especially, the project cost shall be driven down to Yen 9 bil. as the first target which achieves FIRR at 10%, and finally to Yen 7 bil., which makes the repayment period shorter than 7 years. 7. Consequence: The difficulty in securing finance for Ukrainian portion gave up on the implementation of the project. We, however hope that the report will be helpful for the realization of the project and be of reference to all the members concerned.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る