成果報告書詳細
管理番号20170000000061
タイトル平成25年度ー平成27年度成果報告書 太陽光発電多用途化実証プロジェクト/太陽光発電多用途化実証事業/海上・離島沿岸部に適した太陽光発電技術開発及び実証
公開日2017/3/31
報告書年度2013 - 2015
委託先名株式会社シリコンプラス
プロジェクト番号P13008
部署名新エネルギー部
和文要約塩害により出力低下しない太陽電池モジュールの開発については非EVAの封止材を用いることで、PID現象による出力低下を防ぐことが出来ることがわかった。
海上での設置コストを下げるために、架台を組むのではなくモジュールをフロートとして直接浮かべる構造を開発し、実証実験を行った。金属フレームに浮きを組み合わせた構造が良好であった。海上で使用した際の漏電や感電のリスクを避けるため、地絡検出により回路を遮断する接続箱を開発した。
離島での電力供給に貢献するため、蓄電池と組み合わせたパワーコンディショナーの開発及び実証を行った。
海上で実証を行ったモジュールを解析した結果、PID現象による出力低下は見られなかったが、海上での波や風の影響によりモジュールに負荷がかかりセル割れの問題が発生し、それによる出力低下がみられた。
発電コストは地上設置の26.8円/kWhに対し、28.0円/kWhまで近づけることが出来たが、海上での固定方法や海上使用権費用などの影響が大きいことがわかった。漁業関係者にメリットが出る方法を提案することでこのコストが圧縮可能となり、今後の課題である。
英文要約Salt and water resistant PV module technology was established.
Non-EVA encapsulant prevents output degradation, caused by PID phenomenon.
In order to reduce the installation costs, we developed floated PV module system at the sea. It can launch directly without trestle. The structure which combined a float with a metallic frame was good. In order to avoid the leakage and risk of electric shock when using at the sea, a junction box from which a circuit is insulated by earth fault detection has developed. To contribute to supply of electric power at a solitary island, development of the power conditioner combined with an accumulator were evaluated.
In the result of the analysis of the tested module at the sea, an output degradation by a PID phenomenon wasn't seen, but some PV modules decreased output by cell cracking. The phenomenon maybe occurred by load of wave and wind energy.
We can reduce the generating electricity cost close to 28.0 yen /kWh, but it is slightly higher than 26.8 yen/kW on land. It was found to be the influence of the fixation method and the marine usufruct cost. The cost reduction will be possible by proposing beneficial way to the fishermen, and it is an issue in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る