本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000014
タイトル平成27年度―平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 モルディブ共和国における離島型風力発電プロジェクトの案件調査
公開日2017/4/8
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社駒井ハルテック
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約消費電力の99%をディーゼル発電に依存するモルディブの複数の島において、日本製中型風力発電機を日本の離島で培われたマイクログリッド制御技術とのパッケージとして導入し、ディーゼル燃料使用量及び二酸化炭素排出を削減する事業の実現可能性を調査するため、風況調査を含む風力発電設備導入条件の調査、事業計画の策定及び排出削減方法論の検討を実施した。
風況調査では、北部、中北部、マレ近郊の3サイトへ設置済みの風況マストにおける観測データを収集して分析し、年平均風速等を求めると同時に、年変動による補正についての検討や、年間発電量の試算も実施した。いずれのサイトもディーゼル発電機を代替する風力発電プロジェクトを実施するに値する年間平均風速となった。
しかし、クルドゥフシ島は空港の建設計画に実現の動きが出てきため、候補サイトから除外した。一方、マレ近郊の電力会社が管轄するヒマフシ島を新たな候補地として追加した。グリファル島については、現状の電力需要が小さ過ぎるため、施設の拡張計画の確定を待って、システム構成を再検討することとした。
各風況データを使用し、風況解析ソフトWAsPのシミュレーションを用いて、駒井ハルテック製風力発電機300kWを各島に 1?2基設置した場合の年間発電量を試算した結果、1機あたりの発電量は約500MWhとなり、風力発電設備の投資回収年数は13年程度となった。さらに、風況データおよび発電所から取得した電力使用データと発電データを用いて、再エネ連系可能量を試算した。
系統安定化対策として、高出力小容量のバッテリーの導入検討と、ディーゼル発電機の運転状況に応じて風力発電機を制御する再生可能エネルギーマネジメントシステムの基本設計を実施した。
配置計画の策定として、島カウンシルとの協議のうえ、風車設置場所を特定するとともに、地盤調査の実施結果に基づいた基礎の設計を実施した。工事費については、スリランカやモルディブの業者から見積もりを入手して積算を実施した。
MRV方法論はナイファル、ヒマフシの状況に沿って修正し、方法論の第三者審査を実施した。
英文要約The project aims to contribute to decrease the diesel fuel consumption and GHG emission by introducing the mid size (300kW) high spec wind turbines along with the micro-grid system to the islands of Maldives which depends on 99% energy source on diesel generators.
The wind data from the wind mast installed at the 3 sites in Maldives, North, middle north, and Male area, was collected and analyzed. The annual average wind speed for each island showed suitable values for wind-diesel project. However, due to the airport construction plan, the island of Kulhudhuffushi is eliminated, while Himmafushi which is coverned by Male area state electric corporation is added as another project site. With the wind analysis software, WAsP, the annual amount of power generated by wind energy per one unit of 300kW was calculated as about 500MWh, and the payback years was around 13 years. Also, the capacity of the existing grid to acomodate renewable energy is also calculated, and a battery with small capacity but high output is required for short term frequency stabilization purpose, as well as renewable energy management system which regulate the output of wind turbines according to the operation protocol of diesel generators has been designed. As development of the deployment plan, in consultation with the Island Council, the wind turbine installation location was identified. In addition, it was carried out the design of the foundation, which was based on the implementation results of the soil survey. For construction costs, quotes from Sri Lanka and the Maldives contractors are collected.The MRV methodology was modifired to fit with the current situation in Naifaru and himafushi and an independent review of the methodology was completed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る