本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000069
タイトル平成27年度―平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 タイ国における高効率火力発電プロジェクトの案件調査
公開日2017/4/8
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約本調査は、我が国が世界に誇る世界最新鋭の低炭素技術である石炭ガス化複合発電(IGCC)を、タイにおいて導入・普及を推進することにより、同国の温室効果ガス(GHG)排出削減に貢献することを目的とする。
本調査の検討対象となるEGAT(タイ王国発電公社)Mae Moh発電所は、バンコクの北方約500km、タイLampang県Mae Moh地区に位置し、露天堀りのMae Moh褐炭炭鉱に隣接している。1953年に褐炭炭鉱が発見されたことから、Mae Moh発電所はその褐炭利用を前提として開発された発電所であり、現在でも同様の状況である。今回リプレース対象のユニットは、1989年及び1990年にかけて運転を開始した8号機及び9号機(発電容量300MW×2)である。三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)は今回のリニューアル計画に対し、日本の誇る最新技術である空気吹き石炭ガス化複合発電(IGCC 500MW級×1基)の導入を目指している。IGCCは幅広い炭種への適合性を持ち、超々臨界圧発電所とは異なり褐炭利用にも適していることから、Mae Moh発電所に適した最新の高効率発電技術であるといえる。
第1章で調査概要、第2章でタイの気候変動政策・エネルギー政策・電力セクターの概要を把握した上で、IGCCの概念設計・技術の普及可能性を第3章で、事業性、プロジェクトスキーム等を第4章で検討した。経済試算の結果、IGCCがUSCの経済性を上回る結果が得られている。
第5章はBaUの正確な把握のための、タイの石炭火力発電所におけるMRVに使用可能な発電データの整備状況、データ取得・報告の仕組みを調査した結果を取り纏めた。今回の調査では、各発電所の発電端電力量ほかの性能に関するデータは、各発電所で良く管理されていること、またそのデータが政府行政機関まで報告されるフローもきちんと確立されていることが明らかになった。一方で、ほとんどの発電所が独立した民営会社であり、BaU把握のために必要なユニット別の詳細データは、様々な背景・理由から、取得がきわめて難しい状況にあった。正確なBaUを把握することはMRVの第一歩であり、国家レベルでの体制整備が望まれる。
MRV方法論に関しては、第6章で方法論の基本的考え方・リファレンス排出係数の検討を行った。本調査で提案する適格性基準は熱効率と環境基準値のベンチマーク方式である。純削減量を確実に確保するため、BaU排出量を各発電所のデータから算定した上で、リファレンス排出量をその下(効率の高いところ)に引く方法論とした。さらに、方法論策定上の課題、方法論の審査結果、削減量の試算を行った(削減見込み量は年間約36万トン)。開発したMRV方法論は第三者機関(CDM指定運営機関、ISO14065取得機関)の審査を受け、その結果を反映した方法論とした。
最後に、第7章で本事業に関する今後の事業化の見通し及び課題について示している。
タイ国内のみならず、近年、石炭火力発電所に対する逆風が強まっているが、化石燃料の中でも最も賦存量が多いのは石炭であり、供給安定性に優れていることから、石炭は今後も重要なエネルギー源といえる。したがって、石炭火力発電所は今後一層増大する途上国の電力需要に応えるための主要電源と考えられ、その中でも極めてクリーンであるIGCCを我が国が主導して、タイをはじめとした電力需要が増える国々に導入していくことは、世界に向けての我が国、および我が国が保有する高効率技術の貢献となる。
英文要約This Study is aimed to introduce and promote the Integrated Coal Gasification Combined Cycle (IGCC) technology in Thailand, thereby contributing to the reduction of greenhouse gas (GHG) emissions in the country. The IGCC is Japan’s world-class state-of-the-art low carbon technology.
In this Study, surveys were conducted on the Mae Moh power plant of the Electricity Generating Authority of Thailand (EGAT). The power plant is located in Mae Moh District, Lampang Province, approximately 500 km north of Bangkok and is situated adjacent to the Mae Moh open-pit lignite mine. In 1953 the Mae Moh lignite mine was found, and the Mae Moh power plant was built at this location based on the premise to use the lignite of Mae Moh mine, and the circumstances have not changed. The power plant units under consideration for replacement are Units 8 and 9 (total generation capacity: 300 MW×2) which started operation in 1989 and 1990. In this replacement plan, Mitsubishi Hitachi Power Systems, Ltd. (MHPS) aims to introduce air-blown IGCC systems (one 500 MW class IGCC unit), the latest technology of Japan. IGCC is capable to a wide range of coal, and unlike Ultra Supercritical (USC) power plants, is suitable to use lignite coal, therefore is the state-of-the-art high efficiency power generation technology suited for Mae Moh power plant.
Chapter 1 provides an overview of the Study. After capturing, in Chapter 2, the outlines of Thailand’s climate change and energy policies and Thailand’s power sector are overviewed, Chapter 3 examines the feasibility of implementing the conceptual design of IGCC and the IGCC technology dissemination, while Chapter 4 evaluates the business feasibility and the project scheme. Chapter 5 summarizes the results of a survey on the availability of power-generation data at coal-fired power plants in Thailand for use in MRV and on the mechanisms for obtaining and reporting such data. As for the MRV methodology, Chapter 6 considers the basic approach to the methodology and the reference emissions coefficient. To accurately gauge the BaU emissions, the methodology chapter discusses issues related to drawing up the methodology, provides results of evaluation of the methodology, and estimates the emission reductions (the estimated emission reductions were 360,000 t-CO2/year). The MRV methodology was evaluated by third-party entities (a designated operational entity under CDM and an entity with ISO 14065 accreditation) for feedback, and the results of the evaluation were reflected on the methodology. Finally, Chapter 7 looks at the future prospect and issues related to the actualization of the project.
Even though opposition against coal-fired power plants is growing not only in Thailand but also in other countries in recent years, the potential reserve of coal is the highest among fossil fuels and its supply is stable, which keep it an important energy source for the future. Therefore, coal-fired power plants can be considered as an important electric generation source for meeting the increasing power demand in developing countries. In this context, Japan and its high-efficiency technology can contribute to the world through Japan’s efforts in taking an initiative in introducing IGCC, which is an exceptionally clean technology, in Thailand and other countries with growing demand for electricity.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る