本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000102
タイトル平成26年度―平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 省エネルギー化センサシステム普及拡大のための環境発電デバイス実装事業
公開日2017/4/27
報告書年度2014 - 2016
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティデータ経営研究所 アルプス電気株式会社 富士電機株式会社 パナソニック株式会社 株式会社竹中工務店
プロジェクト番号P14016
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成26年度?平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業/省エネルギー化センサシステム普及拡大のための環境発電デバイス実装事業

センサシステムを活用した省エネルギーのポテンシャルは大きいが、センサへの電源配線や電池交換など電源供給の手間が障害となって普及が進んでいない。「環境発電デバイス」(クリーンデバイス)を活用することによって、無給電センサが実現し、センサシステムの普及が促進され、省エネルギー化をはじめとする社会課題の解決に資することが期待される。
本事業では、1.オフィスや工場の省エネ推進、2.回転機の故障予測によるロスの削減、3.タイヤ空気圧モニタリングシステムによる燃費向上 の3つのユースケースを想定し、環境発電デバイスによるセンサシステムの長期安定稼働を実証するとともに、普及に向けて、信頼性・安全性評価のための基礎データ収集、試験法ガイドラインおよび設計・実装ガイドラインの策定、国際標準化提案に向けた方針の検討を進める。
英文要約Title: Clean Device Promotion Project, which is aimed to create novel applications of innovative electronic devices through demonstration and standardization: Energy harvesting device implementation project for disseminating energy saving sensor systems (FY2014-FY2016) Final report

Utilization of sensor systems has a large energy saving potential. However, a trouble with the power supply including battery replacement or wiring between power and sensors prevents diffusion of sensor systems. Utilizing “Energy harvesting device (innovative electronic device)” enables sensors without outside power supply. Sensors without outside power supply facilitate promotion of sensor systems; contribution to the solution of social problems including energy-saving. This project reviews three use-cases; 1. Energy saving promotion at offices and factories, 2. Loss reduction by fault prediction of rotating machineries, and 3. Fuel efficiency improvement by applying tire pressure monitoring system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る