本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000174
タイトル平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 IoT社会の実現に向けた電子・情報分野事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発 訪日観光客の滞在快適性向上おもてなしプロジェクト(次世代「生体」画像処理技術の実証実験調査)
公開日2017/4/28
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社Liquid
プロジェクト番号P14016
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成28年度調査報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 IoT社会の実現に向けた電子・情報分野事業の周辺技術・関連課題における小規模研究開発 訪日観光客の滞在快適性向上おもてなしプロジェクト(次世代「生体」画像処理技術の実証実験調査)

 本プロジェクトは、訪日観光客をメインターゲットとし、複数地域で実施し、(1)フィールド調査、(2)技術調査のとりまとめを行った。

 (1)フィールド調査は、観光インフラの効果の調査として、登録場所(ホテル、空港等)や利用場所(店舗等)でアンケート調査と現地調査を実施した。

 (2)技術調査は、観光インフラのセキュリティ化・大規模化と観光インフラの効果の観点や技術課題を整理した。

 (1)フィールド調査を進めるに当たり、パスポートの写しの第三者による電子的保存及び電子的活用を可能にするため、産業競争力強化法の「グレーゾーン解消制度」を活用した。

 (1)フィールド調査の訪日観光客調査の結果、訪日観光客の約8割は、指を置くだけでパスポート情報等の本人情報を提示できるサービスは便利だと思ってることが分かった。また、訪日観光客の約7割は、指を置くだけでお買い物ができるサービスは便利だと思ってることが分かった。さらに、訪日観光客は、主に「チェックイン」「入国・出国手続き」「免税対応」について指を置くだけで手続きできるサービスを望んでることが分かった。

 (1)フィールド調査のホテル調査(実測)の結果、訪日観光客のチェックイン(パスポート確認・コピー・保管)にかかる時間を約7割短縮(約50秒→約15秒)できることが分かった。

 (1)フィールド調査の店舗調査(シミュレーション)の結果、訪日観光客の免税手続きにかかる時間を約6割短縮(約135秒→約50秒)できることが分かった。

 (2)技術調査のセキュリティ化の調査の偽造指対策の整理の結果、皮膚の下の豊富な指紋データを活用する光学式(マルチ)や生体検知用赤外線照射により生体かどうかを判定する方法が適切であると結論付け、観光インフラとして適切なセンサー候補を洗い出した。

 (2)技術調査のセキュリティ化の調査の生体データをクラウドシステムで利用する際の情報セキュリティの整理の結果、オンプレミスシステムであろうとクラウドシステムであろうと情報セキュリティを完全にすることは難しいため、クラウドシステムの情報セキュリティが不完全であることを前提としてデータを分散する分散型のシステム構成が適切であると結論付けた。

 (2)技術調査の大規模化の調査の結果、1,000箇所から同時に利用された場合の処理時間は4秒以内であることが分かった。

 本プロジェクトでは、画像解析やビックデータ解析、人工知能を組み合わせ、生体情報のみで本人証明(本人認証)・決済できる仕組みを構築することで、訪日観光客・ホテル・店舗の課題解決を試み、狙った通りの効果検証と新たな課題を明確にすることができた。この課題解決に向けて取り組み、IoP(Internet of Person)=生体認証だけで外部情報を利用できる世界最先端のインフラを構築し、手ぶらで観光できる世界一の観光インフラの実現を目指す。
英文要約Title:2016 Survey Report on Promotion of a Clean Device Society
- Small-scale R&D of peripheral technologies and concomitant issues in fields of electronics and information towards realization of the IoT society
- Hospitality project designed to enhance comfort of guests staying in Japan (next-generation biological image processing test pilot)

This project treats inbound tourists to Japan as its main target and was launched in multiple regions. Herein, we summarize (1) the field surveys and (2) the technology surveys held.

(1) The field survey was intended to measure the effects of tourism infrastructure, with on-site questionnaires being distributed at sites where tourists register (hotels, airports) and those they use (shops, etc.).

(2) The technology survey assessed the security of tourism infrastructure and the benefits of scaling out, as well as delineated existing technical issues.

(1) Part of the field survey involved a need to allow the digital use and storage of passport photocopies by third parties, so the System to Remove Gray Zone Areas under the Industrial Competitiveness Enhancement Act was used.

(1) A survey of inbound tourists found that approximately 80% of respondents agreed that a system for presenting personal information like passport data by simply pressing the finger would be convenient, and 70% agreed that the same system, when used for shopping, would be convenient. Furthermore, respondents were primarily interested in such systems in the context of check-in procedures at hotels, entry and exit procedures at the airport, and when duty-free shopping.

(1) A survey of hotels (actual survey) found that the time spent on check-in procedures by tourists could be contracted by 70% (about 50 seconds to 15 seconds).

(1) A store simulation found that the time spent on duty-free procedures by tourists could be contracted by 60% (about 135 seconds to 50 seconds).

(2) A survey of issues surrounding use of falsified means to bypass security measures found that a multi-optical approach to using complex subcutaneous fingerprint data, as well as infrared light for biometric detection and other schema, are adequate means of identifying a subject, so these methods were treated as potential sensor candidates for tourism infrastructure.

(2) After assessing our findings on information security when using biometric data on cloud systems, the conclusion was that achieving failsafe security, whether the system is on-premises or on the cloud, is almost impossible, so the underlying premise that data security on the cloud is inherently insecure to some extent should be used to create a system for the distribution of data in order to mask it.

(2) A survey of the scalability of the technology confirmed that processing time if the system were used at 1,000 locations simultaneously would be within four seconds.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る