本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000177
タイトル*平成28年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業(MRV適用調査事業) ケニア共和国におけるマイクロ水力発電によるコミュニティー電化プロジェクト
公開日2017/4/27
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約本MRV適用調査の目的は、ケニア共和国キリニャガ郡ムウェア キウリア村に経済産業省・UNIDO(国際連合工業開発機関)の支援により設置された低落差型のマイクロ水力発電システムにMRV方法論を適用してGHG削減量を評価し、JCMを活用して第三者機関による検証を受けることである。
(1)PDD作成、有効化申請、妥当性確認、プロジェクト登録申請、モニタリング
(a)PDD作成
 PDD作成の課題は、ケニア側におけるPP(Project Participant)であった。この課題を解決することを目的として、経済産業省とNEDOのご協力により2017年2月21日に開催された「日本ケニアJCMセミナー(Japan-Kenya Joint Crediting Mechanism (JCM) Seminar)」を活用した。セミナーには、ケニアより環境・天然資源省、産業・貿易・協同組合省、エネルギー・石油省、水・灌漑省、国家灌漑委員会(National Irrigation Board:NIB)が参加した。
 参加者にJCMスキームを説明した上で、ドラフトPDDを元にマイクロ水力発電プロジェクトをJCMプロジェクトとして登録する手続きについて協議を行った。結果、NIBとムウェア灌漑水利利用者協会(Mwea Irrigation Water users Association:Mwea IWUA)がPPとなること、ドラフトPDDをパブリケーションすることについて合意を得ることができた。
(b)有効化申請、妥当性確認
 PDDのパブリケーションを受けて、第三者機関(TPE)による妥当性確認(有効化)を実施した。TPEには日本品質保証機構(JQA)を選定し、2017年3月3日?4日に現地審査を実施した。環境・天然資源省、NIB、Mwea IWUAへのインタビューを実施したほか、サイト視察を実施した。JQAからドラフト審査報告書が提出され、プロジェクト登録申請に向けての課題として、1.プロジェクト開始時期が未確定、2.ケニア特有の要件として、PDDにて環境影響評価の実施が不要とする場合は国家環境管理庁のレターが必要、3.モニタリング機器の仕様が未確定という点が指摘された。
(c)プロジェクト登録申請
 2017年3月1日より3月30日にかけて、PDDのパブリケーションを実施した。パブリックインプットがあった場合は、PDDに反映させることを検討する。
(d)モニタリング
マイクロ水力発電システムを設置した、JAGシーベルと協力し、モニタリング機器として、電力量計の設置方針を決定した。現地のマイクロ水力発電の設置を請け負うサブコントラクターと、方法論で規定されている電力量計の選定を進めた。現状、3種類の候補が存在しており、TPEとも確認を行った上で、JCMプロジェクトとして適切な機器を選定し、設置する予定である。
(2)MRVの効果確認や適用可能性の検討及びフィードバック
 2017年度に実施する予定。
(3)マイクロ水力発電システム普及のための調査
今後のマイクロ水力発電システムの普及可能性についての調査を実施した。「国家灌漑計画2015」によると、2030年までに灌漑面積を2013年度比で8倍にする目標が示されている。一方、NIBの「戦略計画2013年?2017年」では現状の灌漑面積を3.4倍に拡張する具体的な灌漑計画が示されている。水・灌漑省による政策目標と、NIBによる具体的な計画には乖離が見られることが判明した。
英文要約The aim of the study is to apply JCM MRV methodology, calculate and evaluate GHG reduction, verify GHG reduction by TPE (Third Party Entity) and consider the availability and adaptability of MRV by installing "Ultra Low Head Micro Hydro Power system (ULH-MHP) ". ULH-MHP was installed at Kiuria Village, Kirinyaga county, the Republic of Kenya.
The project period is 2 year (FY2016 to FY2017), and the following works were conducted in FY2016.
1.Developing PDD, Validation of the project, Request registration of projects , Monitoring of GHG reduction, and verification and issuance of JCM credits
(a)Documentation of PDD
We considered the specific Project Participants (PP) of this project at Kenyan side. ULH-MHP was implemented by Low Carbon Low Emission Clean Energy Technology Transfer Programme (LCET) by Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) and United Nations Industrial Development Organization (UNIDO). The beneficiaries of LCET were considered to be PP of Kenyan side, or National Irrigation Board (NIB) and Mwea Irrigation Water users Association (Mwea IWUA).
Stake holders of LCET suggested that Project Steering Committee (PSC) should determine who should be PP.
METI held "Japan-Kenya Joint Crediting Mechanism (JCM) Seminar" on 21st February, and invited PSC members. They consented to 1. NIB and Mwea IWUA should be PP, 2. Publication of the draft PDD.
(b)Validation of the project
JQA visited Kenya from 3rd to 4th March, and interviewed with Ministry of Environment and Natural Resources, NIB and Mwea IWUA. JQA also visited the site to confirm the installation of ULH-MHP. JQA pointed out 1. Commencement of the project was not fixed, 2. PP should obtain a letter from National Environment Management Authority (NEMA) in order to make sure that EIA was not required, 3. Specification of an electricity meter was not fixed.
(c)Request registration of projects
We submitted the draft PDD, and the secretariat of JCM began publication from 1st March until 31st March.
(d)Monitoring of GHG reduction
We decided to install an electricity meter in order to measure the net electricity supplied to the community. A local contractor of ULH-MHP installation will propose some electricity meters with specification, and we will decide an electricity meter.
2. Consideration of effectiveness and adaptability of MRV, Capacity building of MRV and Feed back of these items
To be conducted in FY2017
3. Study to disseminate ULH-MHP in Kenya
We reviewed the "National Irrigation Policy, 2015”. This policy showed that the irrigation scheme in 2030 would be eight times larger than in 2013.
According to the “Strategic Plan 2013-2017” of NIB, the irrigation area will be developed to 3.4 times larger than in 2012.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る