本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000178
タイトル*平成28年度中間年報 地球温暖化対策技術普及等推進事業 MRV適用調査事業 ベトナム社会主義共和国におけるエコ・コンビニプロジェクトへのMRV適用調査事業
公開日2017/4/20
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約ベトナムにおいて、今後、急速な増加が予想される民生業務・商業分野のチェーン店舗のモデルとしてコンビニエンスストアを取り上げ、二国間クレジット制度を活用したコンビニエンスストアの省エネ(エココンビニ化)の推進、省エネに貢献し得る我が国の低炭素型機器やシステムの普及を図ることで、CO2の削減を進める。
平成28年度においては、ベトナムのファミリーマートの対象店舗において、以下の業務を実施した。
1)ベトナムファミリーマートの対象店舗において、以下の業務を実施した。
1. MRV方法論の検討及び登録
対象地域となるベトナムホーチミンにおいて高効率機器を導入しているファミリーマートの店舗選定(10店舗)の店舗及び導入機器に関する状況確認をおこなった。本年度1店舗が増設、2店舗が閉鎖となったが、既に1年以上のモニタリングデータが取得済である。
昨年度検討済のMRV方法論(案)の変更の必要性がないか、調査を行った。ベトナムにおける省エネ機器に関する法規:TCVN 7830:2012「NON-DUCTED AIR CONDITIONERS ? ENERGY EFFICIECNY」がTCVN 7830:2015に改定されており、この改訂版TCVNが2017年1月から適用されることが、調査の結果、判明した。最新のTCVN 7830:2015を調達し、エアコンの省エネ基準値テーブル等の更新有無を来年度確認する。
2. 合同委員会で登録されているMRV方法論に基づくプロジェクト設計書(PDD)及びモニタリング計画の作成と有効化申請
モニタリング対象店舗10店舗のうち、現地都合で、増設を行う1店舗、および、閉鎖する2店舗が発生し、それに関する対応の検討を行った。
増設店については、増設後対象機器のモニタリングを継続し、閉鎖店舗については対象機器を同等代替店舗へ移設した。
想定しているPDDの下記適格性要件には影響しないことを確認した。
3. 合同委員会の指定する第三者機関によるプロジェクトの妥当性確認(有効化)の対応
日越政府間交渉の遅延によりジョイントコミッティにMRV方法論を提出できない状況が続いているため、MRV方法論の策定完了が平成29年度にずれ込む見込みとなった。それにともない、妥当性確認に関しても延期が必要となり、第三者機関である外注先と随時情報の共有や、スケジュール調整、契約更新等を行った。
5. プロジェクトのモニタリング、報告、第三者機関による検証までの対応
選定された対象店舗において、モニタリング計画案に基づき照明、空調等に関するモニタリングを継続した。モニタリングは1年間以上実施し、平成28年度12月末まで計測した。
3)コンビニのようなある程度規格化された店舗における省エネ性能の高い高効率機器の普及方法及び波及効果の調査を行った。
調査の結果、ベトナムでは、カフェやベーカリーショップが、フランチャイズ店舗として、ある程度規格化され展開している。たとえば、ベトナム最大手のカフェ、Trung Nguyen coffeeは、1998年にホーチミンでカフェ事業を開始し、50店舗のフランチャイズ店を展開している。同ブランドのコーヒーを提供しているカフェが約1,200店舗あり、あわせてコーヒー豆の生産販売も行っている。
こうしたフランチャイズ店舗を対象に、省エネ性能の高い高効率機器を導入できれば、大きな波及効果が期待されると考える。
英文要約This study adopts convenience stores as the model of chain store business that is expected to grow fast in the future of the businesses and commercial sectors in Vietnam. It is aimed to contribute CO2 reduction, by disseminating Japanese low carbon equipment and systems and promoting Eco Convenience Stores applying Joint Crediting Mechanism.
Report for FY2016
1) The following works were conducted for Family Mart Vietnam shops.
1. Study on MRV Methodology and Registration
We confirmed situation of operation for selecting stores of Familymart which have introduced high-efficient equipment (10 stores). Although, 1 store was expanded and 2 stores for closed, all 10 stores had been monitored more than 1 year.
We confirmed if there are any factors affecting to the MRV methodology draft which have been studied in last year. Vietnam National Standard of TCVN 7830:2012 has been revised to TCVN 7830:2015 and this revised TCVN is applied from January 2017, so that we will purchase it in FY2017 and confirm if parameters are updated or not.
2. Preparation of PDD and monitoring plan/Validation based on MRV Methodology registered by Joint Committee
We discussed countermeasures for the 1 store for expansion and 2 stores for closing. For the expansion store, high-efficiency equipment is keep operating after the expansion construction. For the closing stores, high-efficiency equipment is moved to similar size stores.
It confirmed that there are no affects to the three eligibility requirements in the planned PDD.
3. Evaluation by Third Party listed by Joint Committee
Since MRV methodology can not be submitted to the joint committee due to the delay in negotiations between Japan and Vietnam government. Therefore, validation and verification is also postponed. We shared this situation to outside parties as third party organizations, and we conducted schedule adjustment and renewal of contract.
5. Work for Monitoring of Project, Reporting and Verification by Third Party Entity
A monitoring about lighting and air conditioning, etc. has been continued for selected 10 shops.
Monitoring was continued more than 1 year and finished at the end of Dec-2016.
3) The spreading method and the ripple effect of highly efficient equipment with high energy saving performance in stores standardized to some extent like convenience stores.
In Vietnam, cafes and bakery shops have been standardized and expanded as franchise stores. For example, Trung Nguyen coffee started businesses from 1998 and has 50 franchise stores. There are about 1,200 cafes offering coffee of the same brand.
If we can introduce highly efficient equipment for such franchise stores, a great ripple effect will be expected.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る