本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000181
タイトル*平成28年度中間年報 風力発電等技術研究開発 風力発電高度実用化研究開発 スマートメンテナンス技術研究開発(雷検出装置等の性能・評価技術の開発)
公開日2017/4/27
報告書年度2016 - 2016
委託先名一般財団法人日本海事協会 学校法人中部大学(中部大学) 電源開発株式会社
プロジェクト番号P13010
部署名新エネルギー部
和文要約研究開発の内容
加速度計測による異常被雷検知システムの研究開発
本研究では、風車ブレードに損傷(FRP層の破壊)を与える異常な被雷(レセプタ外着雷)の発生を検知するシステムを開発する。目的達成のため、模擬雷によるレセプタ外着雷検知方式の検証及び確立、加速度データ転送に光通信を用いる方式のプロトタイプ製作及び安全性試験、を行い実用システム開発への道筋をつける。
平成28年度実施概要
レセプタ外着雷検知方式の原理検証を行うとともに、レセプタ外に着雷した雷を落雷時の計測データに基づき判別するためのアルゴリズム確立に取り組んだ。
具体的には、平成28年度はモックアップ試験体の製作や加速度等計測システムの試作を実施するとともに、次いで大電流試験設備を用いた模擬雷撃実験を2回(平成29年1月30-31日、3月6-7日)実施した。模擬雷撃実験の結果、加速度センサー系への電磁ノイズ影響が大きいため、正確な加速度計測のためにはノイズ低減対策が必要であることが判明した。雷撃時電流についてはロゴスキーコイルにより良好に計測できることが確認できた。
英文要約Detection system for abnormal lightning strike by acceleration measurement
High voltage tests simulating lightning strike were conducted in FY2016. A GFRP blade model with 8 m in length was fabricated for the tests. The blade model has receptors at the tip and the side of it. Acceleration and current measurement system was constructed for the test. Pie-zo type acceleration sensor and Rogowski coil were employed for acceleration and current meas-urement, respectively. The acceleration sensors were bonded on the surface of the blade model by structural adhesive.
As the high voltage tests result, electromagnetic noise impede acceleration measurement was found. The electromagnetic noise made zero point drifts or device failure. On the oth-er hand, the current measurement by the Rogwoski coil was accurate. The measurement system will be improved in FY2017 for the noise reduction.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る