本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000248
タイトル平成27年度―平成28年度成果報告書 NEDOプロジェクトから実用化した製品やプロセスに関する可視化・俯瞰に関する検討
公開日2017/4/28
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号
部署名評価部
和文要約国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDOという。)では、平成16年度よりNEDOプロジェクト終了後における開発成果の活用状況、売上げ及びマネジメント等に関して追跡調査を実施している。しかしながら、追跡調査はプロジェクト終了後、約5年間にわたる開発成果の動向把握であるため、プロジェクト終了後6年以上経過したのちに製品やプロセスとなり広く社会に活用されている開発成果の状況については、十分に把握できていなかった。そのため、NEDOでは平成21年度より、NEDOプロジェクトから生み出された開発成果がコア技術として活用された製品・プロセス等を「NEDOインサイド製品」と定義して、該当製品の抽出及び抽出されたNEDOインサイド製品に対する上市以降の売上実績、将来の売上予測、便益及び波及効果等の調査を行ってきた。
本調査では、平成26年度までの調査により把握した「NEDOインサイド製品2015(109製品)」に関する売上実績、将来の売上予測、便益及び波及効果等について現在の情勢を反映した再試算を行った。具体的には、NEDOインサイド製品に係る市場動向や事業者の販売状況等にかかる最新情報を調査した上で、実態を踏まえた売上実績の精緻化、将来売り上げ予測ロジックの再検討、省エネ効果推計方法の見直し等を行ったほか、現時点の販売状況を踏まえてNEDOインサイド製品の統廃合も行った。また、その過程において、今後各製品の推計見直しを効率的に行うためのデータシートを作成した。
加えて、新規NEDOインサイド製品候補の抽出を行い、売上実績、将来の売上予測、便益及び波及効果等についての推計を行った。新規NEDOインサイド製品候補の抽出にあたっては、過去にNEDOインサイド製品候補として取り上げた製品群の他、NEDOにおいて実施している追跡調査結果を等を活用し、それらに対する現在の市場動向や事業者の販売状況等の確認を行うとともに、最終的には、当該技術を保有するNEDOプロジェクト参加企業へのヒアリング調査等を経て平成27年度に3テーマ、平成28年度に6テーマのNEDOインサイド製品を追加した。また、代表的な新規NEDOインサイド製品の効果については、個票として取り纏めを行った。
英文要約New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has conducted follow-up study of its projects with regard to utilizing the results (i.e. technologies and products), sales performance and management since FY 2004. They are conducted only five years after the closure of each project in order to grasp trends of the results during the period. Therefore, after the follow-up study, the outcomes beyond the scope had not been able to grasp sufficiently. In order to solve this problem, NEDO defined technologies and products in which the core technology was developed in a NEDO project as “NEDO-inside Products” and has studied them from FY 2009. In the past studies, NEDO-inside Products were identified and their fundamental data (past sales figures, sales forecast, social benefits and ripple effects) were examined.

In this Project, the fundamental data of the "NEDO-inside Products 2015 (109 products)" were reevaluated based on the current conditions. Specifically, various conditions related to the NEDO-inside Products were surveyed and based on the latest information obtained from the research, creating more detailed sales figures, reconsideration of forecasting methods, revision of approach for estimating energy efficiency were carried out. The consolidation of the 109 NEDO-inside Products was also carried out depending on their sales performance. In this process, data sheets were created in order to make a review process for the NEDO-inside Products effectively.

In addition, new candidates for the NEDO-inside Products were selected and analysis of their fundamental data were carried out. Past candidates for the NEDO-inside Products were also included as new candidates. In the process of selecting candidates, the current market trend, the candidates’ sales performance were examined by utilizing the data of the follow-up study conducted by NEDO. Furthermore, interviews of participating companies in the past NEDO projects were conducted. All things considered, nine products (three products from the FY 2015 and six products from FY 2016) were added to the NEDO-inside Products in this Project. Representative products from new additions were selected and their impacts were summarized individually.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る