本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000121
タイトル平成26年度ー平成27 年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/次世代省エネ型輻射式冷房システムのマレーシア普及展開に向けた実証前予備調査」
公開日2017/5/31
報告書年度2014 - 2015
委託先名株式会社エコファクトリー 株式会社レノバ
プロジェクト番号P93050
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成27 年度成果報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/次世代省エネ型輻射式冷房システムのマレーシア普及展開に向けた実証前予備調査」

マレーシアは1日の平均気温が30℃程度の通年高温多湿な気候であり、冷房機器の使用頻度が高い環境にある。マレーシアは資源国で、エネルギー使用インフラも整っており、電力不足は生じていない。しかしながら、経済発展に伴うエネルギー使用量増加により、事業者側では節電設備の需要が高まっている。また、政府側でも省エネ推進のための様々な制度や優遇措置等の支援を行っている。こうした背景から、省エネ機能の高い冷房機器の需要が期待される国である。次世代省エネ型輻射式冷房システムは、気温のみならず湿度も下げること、無風の快適な空間を創出することが特徴である。本技術の効果をマレーシアで検証するため、マラッカ州およびクアラルンプールにおいて実証事業に適したサイトを調査・選定し、マラッカ州の図書館にecowin HYBRIDを、クアラルンプールの体育館にecowinを導入するケースについて検討を行った。冷房の設定温度として日本では28℃が推奨されているが、マレーシアでは24℃とされている。調査を進める中で、現地施設からは設定温度22℃での要求があり、これに対応するため、22℃を満たす設備設計を行った。新規に導入すると仮定した場合のイニシャルコストについて試算した結果、マラッカ州の図書館にecowinHYBRIDを導入する場合は15,098千円、これに対して一般的な空調の導入費用は15,142千円で、差は殆どなかった。一方、クアラルンプールの体育館にecowinを導入する場合は75,940千円、一般的な空調の導入費用は138,220千円で、62百万円のコストダウンが見込まれた。また、ランニングコストについては、マラッカ州の図書館での削減額は1,024,926円/年で削減効果率は50.1%、クアラルンプールの体育館での削減額は883,480円/年で削減効果率は45.3%であった。いずれの施設でも、一般的な空調設備と比較して、ecowinではイニシャルコスト、ランニングコストともに低く抑えられた。このことから、投資回収は導入初年度に可能であることが見込まれ、施設所有者に対する魅力ある提案が可能である。ecowinの1施設当たりの設備投資額を2億円(日本での標準実績ベース)とした場合、クアラルンプールでの市場規模は550億円、マラッカ州では120億円、マレーシア全体では1,300億円と推計される。また、ecowinHYBRIDの1施設当たりの設備投資額を2千万円とした場合、クアラルンプールでの市場規模は860億円、マラッカ州では150億円、マレーシア全体では4,000億円の導入ポテンシャルが見込まれた。実証事業の実施体制については、MOU締結のカウンターパートとして、KeTTHAおよびMiGHTを候補先として可能性を調査した。調査の結果、本技術への理解があり、また、各省庁および地方政府への管理指導権限を有し、本技術普及に対する支援が期待できるMiGHTをカウンターパート候補、また、ID締結候補としてMiGHT所管のMGTCおよびPutrajaya Corporation社を選定した。KeTTHAはMOUに賛同することを示す保証人として署名、またはMOUに賛同する旨の文書発行等の支援が可能であるとの申し出があった。このように、マレーシア政府側からの協力を得られる関係が構築出来たことも本調査事業の成果である。
英文要約Title:Feasibility Study of the Next Generation, Energy-Saving and Panel Cooling Air-Conditioning System in Malaysia (FY2014-FY2015) Final Report

Malaysia has a tropical weather with high temperature and humidity throughout the year. The average daily temperature is about 30 degC and the usage frequency of air conditioning equipment is high. Because the country is rich in natural resources, energy infrastructure is well developed and no shortage of electricity is observed. However, along with the energy consumption increase due to the development of economy, increase in electricity rates is seen in recent years resulting to a higher demand for energy-saving equipment by companies. The next generation energy efficient radiant air conditioning system has a characteristic that not only cools the temperature but also reduces humidity, creating windless comfortable space. In order to verify the effect of the technology in Malaysia, sites in Malacca Province and Kuala Lumpur appropriate for the demonstration project were surveyed and selected as follows:"Installation of ecowinHYBRID in a library of Malacca Province" and "Installation of ecowin in a gym of Kuala Lumpur" The recommended temperature setting of air conditioners in Japan is 28degC, where as in Malaysia, it is 24degC. However, due to a 22degC temperature setting request received from the local facilities during the survey, equipment was designed to satisfy this requirement. Assuming that new equipment will be installed, the initial cost of ecowinHYBRID installation in Malacca library was estimated to be JPY 15,098 thousand, not much different compared to the typical air conditioning installation cost of JPY 15,142 thousand. On the other hand, the installation cost of ecowin in Kuala Lumpur gym was estimated to be JPY 75,940 thousand, a cost reduction of JPY 62 million expected compared to the typical air conditioning installation cost of JPY 138,220 thousand. Additionally, the operating cost was estimated to decrease by JPY 1,024,926/year (reduction rate: 50.1%) for the library in Malacca and JPY 883,480/year (reduction rate: 45.3%) for the gym in Kuala Lumpur. In either facilities, both initial cost and operating cost were kept low for ecowin compared to typical air conditioners. Therefore, the investment payback in the first year of installation could be expected and thus, an attractive proposal could be made to the facility owners. When assuming JPY 200 million (based on experiences in Japan) as the capital investment of ecowin per facility, the market size is estimated to be JPY 55 billion in Kuala Lumpur and JPY 12 billion in Malacca Province, totaling to JPY 400 billion of implementation potential in Malaysia overall. As the demonstration project implementation structure, negotiations and arrangements were made with KeTTHA and MiGHT, the optional counterparts for MOU. As a result, MiGHT who shows full understanding of the technology , has the managing and supervising authority over ministries and local governments, and can be highly supportive in spreading the technology, was chosen as the MOU counterpart candidate. Also, MGTC and Putrajaya Corporation having established relationship directly with MiGHT were selected as the candidates for signing the Implementation Document (ID). KeTTHA also indicated that support such as co-signing MOU as a guarantor to indicate their agreement to MOU or issuing a document stating their agreement to MOU can be provided. It is one of the important outcomes of this study that good relationship was built with the Malaysian government so that cooperation can be achieved in the future such as in developing a demonstration study structure when the form of MOU contract will need to be considered.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る