本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000499
タイトル平成27年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム 省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討 航空手荷物におけるトレーサビリティ技術動向調査とビジネスモデル検討
公開日2017/5/11
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社デンソーウェーブ トーヨーカネツソリューションズ株式会社 国立大学法人埼玉大学
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約本調査の目的は、航空手荷物のトレーサビリティ管理に電子タグを活用することにより省エネルギー化を実現するビジネスモデルが成立するかを検証すること、及び、検証により抽出された技術的課題/コスト見通しを精査し航空手荷物をキーとしたスマート物流システムの基本設計に反映することにある。このために、航空会社・空港会社・宅配事業者・物流/航空関連団体・有識者・オブザーバーにて構成する航空手荷物新技術研究会を設置し、ビジネスモデルにおける技術的検証を行った。ビジネスモデル成立の前提条件を、固有ID(GUーID)を持つスーツケース、Eーチケットでのチェックイン、手荷物自動預け機器による運用、スマートフォンによる運用、手ぶら旅行/観光とした。また情報共通プラットフォームを想定し、GUーIDをキーとした宅配事業者・空港会社・航空会社での情報共有および各社の管理コードと紐づけた航空会社の予約システム・手荷物情報システムとの連携が不可欠な要素とした。航空手荷物運用作業に於ける実用性評価検証から、航空機遅延を防止する技術的確認/検証による課題の抽出を行い、空港内手荷物搬送に関するシステム基本設計時に考慮が必要な項目をピックアップした。ウエアラブル端末の表示方法・堅牢性確保の工夫、到着便の電子タグ認識率を上げるための搬送ライン上アンテナの専用設計、航空機駐機位置からの携帯電話回線を使用したデータ通信、スーツケース埋め込み型EBT(電子手荷物タグ)のモジュールのサイズ・設置場所/方法の最適化など。更に、海外空港調査等の先進事例における電子タグ運用のビジネスモデル・課題抽出を行った。カンタス航空はQーBAGタグを使用して世界初の表示機能無しの電子タグによる運用を実施中。バーコードとRFID混在の運用であるため国際線への展開には仕様の共通化が課題。香港空港では電子タグを全便対応中。電子タグの高い認識率(97%)が大規模空港での空港運用の効率化および定時運航に寄与している。ミュンヘン空港では30分乗継を目標としており、大規模BHS(手荷物搬送システム)と航空会社と空港による航空機運用オペレーションセンターの一体運用にて実現している。手荷物追跡対策については、海外先進空港は長期的展望や計画を持っているが、電子タグ対応やIATA R753による手荷物追跡対策の準備には至っていない。リモワ社による電子タグ内蔵スーツケースは、RFID非搭載でBLE通信利用および表示書換えのため電池内蔵であることからメンテナンスや長期的運用に課題がある。以上の調査から、当該事業の“電子タグによる空陸一貫輸送・航空機出発遅延防止”は、世界最先端の研究の位置付けにあることが分かったことから、航空手荷物新技術研究会においてビジネスモデルの成立性検討を行った。各委員に行ったアンケートでは「成立」が36%、「条件付きにて成立」が64%であり、PR/プロモーションの実施と複数関係者間でのサービスモデルの共有が条件として提示された。阻害要因としては、運用面では手ぶら観光における適正なコスト、取扱い締切時間までのリードタイム、利用料金の支払い方法、制度面では現状の法制度の課題、責任範囲の規定が示唆された。また、当該事業における2030年度の省エネルギー量として約4万KL/年と算定し、空陸一貫の運用ビジネスモデルとして成立するとの結論を得た。
英文要約Title:Strategic Innovation Program for Energy Conservation Technologies/ Research for the Important technologies of Energy Efficiency Projects/Traceability technology trend study and business model review in the aviation luggage (FY2015) Final Report

The purpose of this study is to verify the possibility of establishing a business case for Energy Conservation, by utilizing RFID to track and trace the baggage for air travel. The cost and technical issues will be looked into, and the result will be reflected into the basic design of the smart logistics system, which the airline baggage is the key item. For this purpose, New Technologies for Airline Baggage Handling Study Group was formed. The group mainly consisted of airlines, airports, courier companies. We supposed that the baggage with Unique ID (GU-ID), check-in by the e-ticket, application with the Self-Bag-Drop equipment and the smartphone, hands free travel are precondition for business model materialization. In addition, for the consideration of platform to share information, it should be a essential element that a coordination with information sharing by home delivery service companies, airports, air carriers which use GU-ID, with reserve and baggage information systems of air carrier which are connected company management code. From results of utility evaluation in the aviation baggage handling, we extracted challenges to prevent aircraft delay and picked up requirements about the luggage transportation in the airport at the time of system fundamental planning. For example, display method and case solidity of wearable terminal, exclusive use design of the RFID antenna under the conveyer, data communication using the cellular phone from aircraft parking position, optimization of size, set place/method of the module for the EBT (electronic baggage tag) implanted in the suitcase. Moreover, overseas airports survey were made. Qantas Airways has been using the RFID without display, called Q-Tag. At Hong Kong International Airport, all baggage are handled with RFID with high read rate. Munich Airport has achieved 30 minutes minimum connecting time.These advanced airports have a long term plan, but the compliance with IATA R 753 and using RFID are not in their scope yet. From an investigation above, it became clear that our theme of "intermodal transportation of air and land, and the prevention of the departure time delay of aircraft by the electronic tag" was the position of the world's most advanced research. Then the review for materialization of the business model had been done in our Study Group. By the questionnaire, 36% said "materialization" and 64% said "materialization with condition". The enforcement of the PR, Promotion and the collective occupation of the service model between plural relevant people were suggested. For factor of inhibition, proper cost in the hands free travel, lead time until dealing deadline, means of payment, and current legal system were suggested. In addition, we calculated the amount of energy conservation of 2030 in the said business with approximately 40,000 KL/year and got a conclusion that it can be established as application business model of the intermodal transportation of air and land.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る