本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000839
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける地方電化率向上のためのバイオマス混焼 循環流動層ボイラ発電設備の設置プロジェクト案件発掘調査
公開日2017/6/15
報告書年度2015 - 2016
委託先名住友重機械工業株式会社 一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約要約
 国家全体の電力不足及び電化率の向上が急務となっているインドネシア国において、ジャワ島、スマトラ島を除くインドネシア東部に対する電化率向上の対策は未だ不充分である。本調査では、インドネシア東部域に位置するスラウェシ島を調査対象地域としている。非産炭地が故、山元発電が出来ないスラウェシ島において、小型発電設備を多く導入し、石炭受け入れ港及び設備をそれぞれに設置することは非効率的である。いくつかの小型発電所を集約し高効率の中規模発電設備の導入し、それに伴い将来需要を見越した送電網計画を強化することが、結果的には電化の加速には効果的であると考えることが出来る。
 具体的な発電設備候補地としては、現存のインフラ、石炭供給地との距離、バイオマスプランテーションの位置などからスラウェシ中央部のサイトBを選定し、燃料調査(石炭、バイオマス)、発電所概念設計、事業性評価、実現へ向けての課題などの評価を実施した。
 発電設備拡大を目指す一方で、2016年10月に開催されたCOP21で調印したインドネシア国は、今後CO2削減へ取り組むことが求められる。それら両方の目的を達成するためには、再生可能エネルギーの普及はもちろんのこと、その他発電設備の拡張に於いては石炭以外への燃料転換、及び高効率発電への転換が必要となる。本調査においては、高効率を促し燃料使用量を減らす再熱方式ボイラを提案している。また石炭だけではなく、バイオマス燃料の使用を同時に提案し、二酸化炭素の排出量を更に削減することが出来る。
 設計燃料に関しては、経済性及びエネルギーセキュリティーの双方から、流通炭だけでなく、未利用の賦存量が多い極低品炭を利用でき、地理的な優位性を持つカリマンタン島の石炭を主燃料として計画する。カリマンタン島北東部には、水分50 %、熱量2500 kcal/kg程度の極低品炭が十分に賦存し、CFBボイラであれば、改質無しで利用することができる。既に、パイロット試験機での実証試験を行っており、技術的な問題も無い。
 バイオマス燃料に関しては、超々臨界型高効率大型石炭火力と同レベルの二酸化炭素発生量と同等レベルを目標とし、最大混焼率を30 %までを設計とし、バイオマス燃料の調達に合せ、20-30 %の範囲をターゲットとする。スラウェシ地区のバイオマス燃料は、パーム農園、とうもろこし、ココナッツなどの残渣が多く、量的には十分なポテンシャルはあるも、成分にアルカリ金属類(特にカリウム(K))、塩素分が多く、使用には注意が必要な物が多く、更なる調査、及び燃焼試験が必要となる。
 再生可能エネルギーへのインセンティブが未だ低いインドネシア国においては、本計画の実現のためには、OECD諸国の公的資金の利用が必要であると考えられ、ファイナンススキームの検討も同時に本調査において行う。経済性評価においては、石炭専焼時にはP-IRRは11 %以上と予想され、十分に現実的な計画と評価される。
 発電設備自体に技術課題は少ないが、送電線の計画には今後詳細な計画、評価が必要である。現存する送電線、及び現計画の送電線では本調査提案の150MW以上の発電所接続に系統容量が不足する可能性が高い将来を見越した送電計画を次のステップで検討に、発電所サイズ、送電容量の統合的な評価が必要である。
 本調査にて小規模発電所の統合による中規模発電所の優位性は確認され、次ステップでの更なる詳細検討を経て、実際のプロジェクトの形成となる。
英文要約Summary
 In this feasibility study, Sulawesi Island, where acceleration of electrification is delayed compared to Jawa and Sumatera, was selected as the investigation area. As the coal deposit is limited and mine mouth project is impossible in Sulawesi, it is inefficient to install small power plants in each district with each coal handling facility including jetty. Then we propose that installing a middle size power plant, not many small power plants, and reinforcement of transmission line along future demands is more efficient.

As the candidate site for the future power plant, Site B located in Central Sulawesi was selected. Site B is near from the coal mines in Kalimantan and is having various kinds of biomass and its plantations. Based on the study of this site, we carried out conceptual design of the new power plant, geographical analysis and evaluation of economic feasibility.

Indonesia runs toward the expansion of power capacity. On the other hand they promised to struggle to reduce CO2 emissions at COP21 held on October 2015. In order to achieve above both aims, it is necessary to adopt the spread of renewable energy as a part of fuel and also it is essential to expect higher power plant efficiency with less coal usage. In this feasibility study, our recommendation is to install a CFB Boiler with re-heater unit and co-combustion between coal and biomass fuel to reduce the amount of CO2 emissions. We can expect higher efficiency with reducing the amount of coal.

We confirmed that we can expect enough amount of LRC with its calorific value around 2500kcal/kg and 50% moisture level, which is available for CFB boiler as main fuel. Concerning biomass fuel, we recommend using up to 30% biomass for co-combustion with coal to reduce the CO2 emission amount just as same level of Ultra Super Critical (USC) boiler. Actual target is 20 to 30% and it depends on the available amount of biomass. In Sulawesi, there are palm oil plantations, corn field and coconuts trees in Central Sulawesi. However some of them include alkaline metal like potassium (K) and Chlorine (CL). We will carry out co-combustion test with the biomass by using pilot plant in the next process.

We cannot expect higher incentive at this moment in Indonesia by adopting biomass as a part of fuels. However in order to be realized our feasibility study to actual project, we will be strongly requested to arrange finance package offered by the government of OECD countries. We examine the suitable finance scheme for the future project in parallel. P-IRR of 100% coal combustion case is more than 11%.
There is no technical difficulty to investigate the power plant itself but the pending issue is to study suitable transmission line network for the new power system. Existing transmission lines are not sufficient to receive electricity from the new 150MW power plant. We need to study for more detail about the ideal transmission network prepared for the future vision.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る