本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000841
タイトル平成27年度成果報告書 低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/パワーエレクトロニクス技術の展開に関する検討
公開日2017/6/7
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10022
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度成果報告書 「低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト/パワーエレクトロニクス技術の展開に関する検討」

我が国が比較的優位な位置を占めているパワーエレクトロニクス市場において、今後も優位性を維持し続けるために、SiCやGaNなどの次世代パワーデバイスの研究開発が進行している。一方で次世代パワーデバイスの高付加価値化には、アプリケーション応用や回路設計など、上流から下流に至る様々な関係者(ステークホルダー)のニーズを集約し、ロードマップや海外展開などを含めたシステム全体の戦略を検討することが重要になる。

このような状況を踏まえ、サービス事業者(アプリケーションの利用者)、機器メーカ、デバイスメーカなどを一堂に会して、次世代パワーデバイスを活用したアプリケーションのユースケース案を検討する委員会を立ち上げた。「鉄道車両」「道路交通」「電力安定化」の3委員会を設置し、それぞれ3回(のべ9回)の会合を実施し、各委員会から2機器ずつ、合計6つのユースケース案を作成した。ユースケース案を実現するために必要なパワーデバイスの諸元を、アプリケーションの性能目標から導出し、次世代パワーデバイスへの要求事項として整理した。またかかるアプリケーションの国内外の将来市場規模(概ね2035ー40年)の推計を行った。またアプリケーションから派生して、次世代パワーデバイスに関連する可能性のある国際標準化動向の情報収集を行った。

上記調査結果を踏まえ、平成26年度「パワーエレクトロニクスの市場動向及び技術開発動向等に関する検討」にて作成したロードマップについて、次世代パワーデバイスに達成が期待される性能目標として更新を行った。また、次世代パワーデバイスの実用化とアプリケーションへの実装を加速する上で有益な実証事業案を、委員会の有識者の意見を参考に取りまとめた。さらに、次世代パワーデバイスの国内研究開発動向と海外企業の取組動向に関する周知のため、国内外関係者を招聘した「パワーエレクトロニクスシンポジウム」を開催した。
英文要約Title:Next Generation Power Electronics Project for a Low Carbon Emission Society / Investigation for Dissemination of Power Electronics Technologies FY2015 Final Report

Japan holds an advantageous position in the power electronics market, and is seeking to keep its supremacy through research and development on the next-generation power devices, such as SiC and GaN.In order to add higher value to such devices, it is critical to review system-wide strategies including roadmaps and overseas operations, by aggregating needs from wide variety of stakeholders from upstream to downstream, on issues such as applications and circuit design.

Under such circumstances, we set up committees, comprised of service providers (applications users), equipment manufacturers, devices manufacturers, etc., on “railway rolling stocks”, “road traffic”, and “power system stabilization”, in order to review use-cases proposals for the next-generation power devices applications. Each of these three committee has held 3 meetings (9 in total) and prepared 2 proposals (6 in total) for different devices. Then, we derived the specifications necessary for the realization of such proposals to, from applications’ performance targets, and organized them as the requirements for the next-generation power devices. We also estimated the future national and international market sizes for the applications in consideration (largely for the year 2035-2040), and collected information on the trends of international standardization that may possibly relate to the next-generation power devices.

Based on above studies, we updated the roadmaps, prepared for “Investigation for Market and Technical trend of Power Electronics” (FY2014-FY2015), as performance targets for the next-generation power devices, and based on the opinions from experts of above committees we summarized demonstration projects proposals aimed at accelerating commercialization of the next-generation power devices and their implementation in applications. We also held “Power Electronics Symposium”, inviting parties concerned, in order to disseminate the trends in research and development in Japan and the trends in foreign companies’ effort on the next-generation power devices.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る