本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000876
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開事業
石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 可能性調査
公開日2017/6/15
報告書年度2015 - 2016
委託先名一般財団法人エネルギー総合工学研究所
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約世界の石炭生産・消費量は近年一貫して増加傾向にあり、世界全体のエネルギー供給の約30%を占めている。国際エネルギー機関(IEA)によると、今後新興国における石炭消費量の増加により、2035年の世界の石炭消費量は現状の1.2 倍にまで拡大すると見通されている。
石炭火力発電については、現在世界の発電電力量の40%以上が石炭火力から供給されており、IEA の見通しでは、2035 年の石炭火力による発電電力量は現在の1.3 倍に拡大するとされている。一方で、地球温暖化防止対策として省エネルギーが推進され、CO2 など温室効果ガス排出削減に向けた取組みもなされている。また、2015 年12 月の国連気候変動会議(COP21)では、世界各国からCO2削減約束草案が提示され、一層の温室効果ガス排出削減努力が求められている。
日本のクリーンコール技術(CCT)は世界最高水準にあり、また発電所の運転保守技術の高度化により、発電効率の経年劣化などが最小限に抑えられている。これら日本の強みを経済発展が著しい新興国の石炭火力に普及展開することによって、世界的な石炭需要の増加と、CO2 など温室効果ガス削減のジレンマを解決することが可能となる。
そこで本調査では、各国のエネルギー政策動向と火力発電設備の輸出実績などを調査した。その結果、日本の石炭火力輸出競争力確保のために、環境技術のみによる競争の確保は難しく、機器価格、ファイナンス、さらに運用も含めた総合力を強化していかなければならないことが浮き彫りになった。
英文要約The coal production and the amount of consumption in the world are increasing consistently in recent years, and forms about 30% of the energy supply of the entire world. According to the International Energy Agency (IEA), the coal consumption in the world in 2035 will be foreseen by the increase in the coal consumption in a newly emerging country from now on, if it expands by 1.2 times the present condition.
About coal fired power generation, 40% or more of the electric power production in the present world is supplied from coal fire power, and it is supposed in the prospect of IEA that the electric power production with the coal fire power in 2035 is expanded by the present 1.3 times.
On the other hand, energy saving is promoted as a measure against global warming prevention, and the measure towards greenhouse-gas-emission reduction, such as CO2, is also made. Moreover, in the U.N. climate change conference in December, 2015 (COP21), CO2 reduction promise draft is shown from every country in the world, and much more greenhouse-gas-emission reduction efforts are called for its reduction.
Clean coal technology (CCT) of Japan is in world's best standards, and aged deterioration of power generation efficiency, etc. are minimized by the advancement of the operation maintenance technology of plant. When economic development spreads and develops the strong point of these Japan to the coal fire power of a remarkable newly emerging country, it becomes possible to solve the increase in global coal demand, and the dilemma of greenhouse gas reduction, such as CO2.
Then, in main enumeration, the energy policy trend of each country, the export performance of the thermal power plant, etc. were investigated. As a result, reservation of competition only by environmental technology was difficult to export Japan's coal fired power plant, and it was thrown into relief to strengthen an apparatus price, a finance, and also collective strength including operation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る