本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000087
タイトル平成28年度成果報告書 研究開発型ベンチャー支援事業/SUIによる企業化可能性調査等の実施/パーキンソン病を撲滅する北海道大学発アカデミア創薬
公開日2017/6/7
報告書年度2016 - 2016
委託先名ライラックファーマ株式会社
プロジェクト番号P14012
部署名イノベーション推進部
和文要約北海道大学から導入する候補化合物のうち、酸化ストレス誘導性細胞死抑制活性が最も高かったコードネームHUP0381について以下の非臨床試験を順次実施した。
 ◆薬物動態試験
  ・ラット血中濃度分析バリデーション
  ・ラットPharmacokinetic(PK)試験
 ◆毒性試験
  ・ラット単回投与毒性試験
 ◆安全性試験
  ・変異原性試験
結果、変異原性試験にて強い変異原性を示したため、類縁の高活性化合物群に対しても変異原性試験を行なった結果、コードネームHUP2290の変異原性が最も弱いことが明らかとなった。従って以降はHUP2290について以下の非臨床試験を実施した。
 ◆薬物動態試験
  ・ラット血中濃度分析バリデーション
  ・ラットPharmacokinetic(PK)試験
  ・代謝物パターン解析試験
  ・反応性代謝物試験
  ・酵素誘導試験
  ・蛋白質吸着試験
 ◆安全性試験
  ・変異原性試験
  ・小核試験
  ・心毒性試験
 ◆毒性試験
  ・ラット単回投与毒性試験
結果、HUP2290については薬物動態、安全性、及び毒性について概ね問題が無いことが確認され、本件の医薬候補化合物について企業化可能性が十分にあることが明らかとなった。
他方、HUP0381及びHUP2290の作用機序が明らかになれば本件の医薬候補化合物の有効性の予測や化合物改良の方針が立てやすくなることから、これら化合物を対象にパーキンソン病に関連する各種活性測定を行った。結果、HUP2290がある酵素に選択的に結合することを示唆する成果が得られた。
本件化合物は本委託期間終了後も臨床試験に向けて開発が続くことから、今後の資金調達を目的として、ベンチャーキャピタルや大手製薬企業が集まる展示会等に参加し広報活動を実施した。その結果、複数の大手製薬企業が本件化合物に強い興味を持っていることが明らかとなった。それら企業とは共同研究および事業への出資について交渉を実施した。
英文要約Among the candidate compounds that will be further developed by Lilac Pharma, we chose the compound named HUP0381 as the first case of our pre-clinical study. The HUP0381 has the strongest effect of the cell protection against the oxidative stress-induced neuronal cell death. List of the pre-clinical study for the HUP0381 is below;
◆Pharmacokinetic study.
- Validation of the blood levels of the compound in rat.
- Pharmacokinetic study in rat.
◆Toxicity study
- Single-dose toxicity study in rat.
◆Safety study
- Mutagenicity test.
Since we found strong mutagenicity of the HUP0381, we checked the mutagenicity of the backup compounds and found that the HUP2290 was the weakest mutagenicity among the active compounds. Then we next carried out the pre-clinical study for the HUP2290.
◆Pharmacokinetic study.
- Validation of the blood levels of the compound in rat.
- Pharmacokinetic study in rat.
- Metabolite pattern analysis.
- Reactive metabolite analysis.
- Enzyme induction analysis.
- Protein adsorption test.
◆Safety study
- Mutagenicity test.
- Micronucleus test.
- Cardiac toxicity test.
◆Toxicity study
- Single-dose toxicity study in rat.
As the result we confirmed the HUP2290 was a low-risk compound in view of its toxicity. This implies that we can commercialize it as a medical compound.
On the other hands, to elucidate the mode of action of the active compounds we checked the effect of the compounds on enzyme's activity and binding the compounds to an enzyme. We found the HUP2290 bound to an enzyme specifically. This finding shed light on the mechanism of action of the compound.
Since we should carry out the further pre-clinical and clinical study after the NEDO-SUI project, to obtain the R&D budget from outside, we took part in some exhibition and met some VC and Pharma company's peoples. Some of the companies were very interested in our project and negotiated with us for the collaboration.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る