本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000119
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 チリ共和国における火力発電所への太陽熱エネルギー供給プロジェクトの案件調査
公開日2017/6/15
報告書年度2015 - 2016
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約世界の温室効果ガス排出量の主たる排出ソースである火力発電所に対して、集光型太陽熱システムを導入し、ソーラー蒸気を供給すること(ISCC化- Integrated Solar Combined Cycle )によって、化石燃料の消費削減及び発電量の増加を図り、CO2排出量削減と増加する電力需要への対応に貢献することを目的とする実証事業の可能性について、我々は調査を実施した。
事業の基本形態は、特定目的会社が集熱設備、蓄熱設備、蒸気発生設備から構成される太陽熱プラントを保有し、太陽エネルギー由来の高温高圧蒸気(ソーラー蒸気)を製造・販売すること、さらにコンバインドサイクル発電所が購入したソーラー蒸気を蒸気タービンに供給し発電を行うものであり、その結果として、ガスタービンで消費する燃料量が削減でき、CO2排出量削減に寄与するものである。
発電事業者の関心は発電にかかる変動費を低減し、メリットオーダーにおける競争力を高めることであるとの仮説に基づき、燃料消費量削減技術としてISCC事業の実現可能性を探った。関係省庁や民間企業と面談を行った結果、ENEL Generation社が保有する”A”発電所での実証事業を前提に技術検討を行った。その結果、燃料消費量削減に効果があることが確認された。物理的な条件(土地、日射量、コンバインドサイクル発電所の仕様)は実証に差し支えないことが確認できた。
なお、本プロジェクトに適用するMRV方法論案は、CDM AM0100 Integrated Solar Combined Cycle (ISCC) projectsを参考に、本プロジェクトの想定される条件を踏まえて検討を行った。具体的にはCDM AM0100の前提条件である設備構成と運転状況が異なることや、溶融塩を熱媒に用いるために高温蒸気を発生させることができることを踏まえ、リファレンスシナリオや適格性要件を検討した。
本調査の結果、環境面および燃料消費削減の点でENEL Generation社は実証事業に強い関心を示したが、現在”A”発電所において発電指令がかなり少ないことが、実証事業実施の障害となることが判った。発電はグリッドオペレーターからの発電指令に基づくためである。また発電指令は法で定められた仕組みに基づいており、実証事業のためだけの特別措置は期待できない。
ISCCの価値は燃料消費量削減であり、チリにおいてISCCの潜在的ニーズがあることは確認できた。この先建設費の低減等プラント建設側で出来る努力に加え、炭素税の強化、コンバインドサイクルへの発電指令増加など外部要因が整った際には案件形成のチャンスを期待できるが、短中期的にそのタイミングを見通せる状況ではないといえる。
ISCCの展開はコンバインドサイクル発電の普及・利用拡大と表裏一体であり、案件形成には政策実現も含めた幅広い努力と時間が必要であると言える。太陽熱技術を活用したJCM案件組成においてはISCCに限定することなく、太陽熱エネルギーが活用できる案件を視野に入れる必要がある。チリにおける太陽熱技術の普及が進むことで、ISCC実現にもプラスに働くと考えられる。
英文要約This Study is aimed to introduce ISCC, integrated solar combined cycle to existing thermal power plant in Chile for the purpose of reducing fossil fuels consumption and CO2 emission. One of the basic business form for the ISCC is that a special purpose company owning a solar heat plant composed of facilities to collect and accumulate heat, facilities to generate steam, generates and sells superheated- pressurized steam (solar steam) derived from solar energy. Then, a solar heat plant provide the existing thermal power plant with the steam. As a result, the existing thermal power plant can reduces fuel consumption at a gas turbine and CO2 emissions.
Assuming that power producers prioritize reducing costs to boost competitiveness on merit order, we investigated the feasibility of the ISCC project for reducing fuel consumption. Interviewing relevant government entities and private enterprises, we chose ”A” power plant owned by ENEL Generation as the site for a verification project. Based on the investigation, we confirmed the ISCC effective in fuel consumption reduction. We also confirmed that the verification was unhindered by physical conditions (site, insolation and specification of a combined-cycle power plant).
The MRV methodology for this project, based on CDM AM0100 "Integrated Solar Combined Cycle (ISCC) project", was established. During the study it was also evaluated by third-party entity. The reduction amount of CO2 emission, calculated by using established MRV methodology, was 7,302 tCO2/year in the case that generation capacity of solar thermal plant was 5 MW.
ENEL Generation showed strong interest in our project from the standpoint of environment and reducing fossil fuels consumption. We, however, concluded that the relatively few output commands to the power plant, which grid operators made according to their merit order, should hamper the implementation of the project at this time. Then, external factors such as raising carbon tax and increasing chance of getting output commands to the power plant, in addition to our reducing construction costs, should be necessary to establish the project of ISCC.
The expansion of ISCC is considered to be inextricably linked with the dissemination of combined-cycle power generation and making continuous efforts and time including preparing policies is important for project formations.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る