本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000188
タイトル平成28年度成果報告書 未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発の産業分野等への適用促進に関する検討
公開日2017/6/7
報告書年度2016 - 2016
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P15007
部署名省エネルギー部
和文要約「未利用熱エネルギーの革新的活用技術研究開発(本プロジェクト)」では、広域に分散した熱を有効活用する技術の基盤となる熱マネジメント技術、熱を逃がさない技術(断熱)、熱を貯める技術(蓄熱)、熱を電気に変換する技術(熱電変換)等の技術開発を一体的に行い、社会全体のエネルギー効率を向上させることで、革新的な省エネルギー技術を中核とした新たな産業育成を目指している。
本調査は、主に産業分野における未利用熱の発生と利用実態の最新状況を整理した上で、未利用熱活用技術の最新動向を調査することにより、本プロジェクトで開発した技術の効果及び導入に向けての課題・解決策を整理して、未利用熱活用技術の産業分野等への適用及び普及促進の方策を立案することを目的とし、次の調査項目I、II、IIIを実施した。

(調査項目I)未利用熱活用技術の産業分野等への適用及び普及促進に関する調査
既存の調査結果に対する考察とともに、未利用熱を資源と捉えて現在及び将来において有望な発生源を選択したうえで、未利用熱活用モデルケースを設定し、未利用熱の賦存量、活用技術の研究開発動向、実用化や更なる普及への見通しを述べた。

(調査項目II)本プロジェクトの開発成果の効果検証
有識者へのヒアリング等に基づき、産業分野や運輸分野等における未利用熱エネルギーのうち利用可能なポテンシャルと、それらに対する本プロジェクトの最終目標達成による効果を定量的に試算した。

(調査項目III)有機熱電材料開発の目標に関する検討
本プロジェクトで実施している有機熱電材料の開発において、実用化に向けた目標のあり方を検討し、設定根拠の背景や妥当性について整理し、目標とする性能指標として『出力密度』と『パワーファクター』の2つを選定した。
英文要約NEDO carries out “Research and Development Project for Innovative Thermal Management Materials and Technologies”. This project is aiming to develop new industries centered on innovative energy saving technologies by integrating the development of technologies such as heat management, insulation, heat storage and thermoelectric conversion.

In this research, we conducted the item I, II and III in order to know the following.
・Effectiveness of the technology developed in this project and problems for introduction
・Survey the latest trend of unutilized heat utilizing technology
・The latest situation of generation and actual situation for unutilized heat in the industrial field
・Dissemination of unutilized heat utilizing technology in the industrial field

I. Survey on application and dissemination of unutilized heat utilizing technology in the industrial field
We carefully read over the existing research report. We selected the sources of unutilized heat that is powerfully available in the present and future. We set up the model cases and estimated the amount of potential quantity of unutilized heat. And, we talked about the R&D trend of utilization technology, practical application and prospect for further dissemination.

II. Verification of the effect of the developments of this project
Based on interviews with experts, we quantitatively estimate the available potential among unutilized thermal energy in industrial and transportation fields and so on.

III. Examination the goal of organic thermoelectric materials development
We organized the background and examined the way of goal for practical use. As a result, we selected as the performance indicators, "power density" and "power factor" for the development of organic thermoelectric materials undertaken in this project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る