本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000267
タイトル平成28年度成果報告書 クリーンコール技術開発 低品位炭利用促進事業 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討/インドネシアにおける褐炭利用改質事業のビジネスモデルに関する検討 
公開日2017/6/7
報告書年度2016 - 2016
委託先名宇部興産株式会社 月島機械株式会社 一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P16003
部署名環境部
和文要約インドネシアは、経済成長の進展に伴い、石炭の国内需要量の増加が継続しており、瀝青炭から中品位炭への燃料転換も進んでいる。電力事業及び一般産業においては、瀝青炭から亜瀝青炭への転換が進んでいる。インドネシア政府は、経済成長とCO2排出量の増加抑制とを両立させたGreen Economy Growthを推進しており、褐炭への燃料転換やその利用拡大においては、CO2排出量増加を抑制するための信頼性が高い技術の実用化・普及が望まれている。一方、日本は現在インドネシアより年間3,000万トンの亜瀝青炭を輸入している。中品位炭のピークアウトに伴って、亜瀝青炭に代わる代替石炭燃料の確保はエネルギーセキュリティー上からも喫緊の課題である。本業務では、インドネシア褐炭の改質事業への適用を目指し、宇部興産が独自に開発した褐炭改質技術(全水分50%程度の褐炭を原料として日本で流通している亜瀝青炭と同等のハンドリング性(粉化性、再吸水性、自然発熱性を抑制)を有する高品質ブリケットを製造する改質技術(破砕・乾燥・粉砕・高圧2段成型で構成されるプロセス、乾燥工程に月島機械製乾燥機(STD)を採用、褐炭乾燥時の高密度化現象を利用して高密度ブリケットを製造))を適用した改質事業ビジネスモデルの事業性を検証し、本事業の実現可能性を評価した。本ビジネスモデルで適用する褐炭改質事業において一層のコスト低減が見込める要因(事業化時点で想定する規模での原料褐炭生産コストならびに輸送コストなどの低減効果)を抽出して、改質事業規模の最適化(規模拡大)による炭鉱コスト(採炭・輸送インフラ)と改質設備コスト(設備費・ユーティリティーコスト)の低減策を織り込んだ事業性の評価を実施すると共に、ビジネスモデルの妥当性を評価するため市場規模とバリューチェーンの客観的検証、事業の競合状況の調査並びに製造される最終製品(改質炭製品)価格の客観的調査等を行った。以上の整理によって、ビジネスモデル実現に向けた事業形態の具体化を行った結果、所期の事業実現のための目標値である石炭市況(BM)をUSD80/t、製品価格をUSD57/t(石炭市況に連動する市場評価価格を前提)とした場合の、純利益製品トンあたりUSD15-20/tならびにIRR20%が達成できることを確認した。
英文要約The increase in the amount of Indonesian domestic demand of coal is continuing with progress of economic growth. The coal fuel conversion to middle-rank-coal from bituminous coal is also progressing. In both electric power industry and general industry sectors, the conversion to subbituminous coal from bituminous coal is stepping at present. The Indonesia government is promoting Green Economy Growth which is compatible in increase control of economic growth and CO2 emissions. Regarding to the coal fuel conversion to lignite and its utilization expansion, in order to control the increase in CO2 emissions, the use and spread of reliable technology are highly expected. On the other hand, Japan imports 30 million-t subbituminous coal per year from Indonesia currently. Reservation of the alternative coal fuel which replaces subbituminous coal with peaking out of midle-rank-coal is an important problem also from energy security for Japan. On this work, the business potential and its feasibility of coal upgrading business model appling the lignite upgrading technology uniquely developed by Ube Industries was investigated aiming at application in raw lignite property modification business of Indonesian lignite. The business potential which incorporats the reduction plan of coal mine cost (coal-mining and transport infrastructure) and upgrading plant cost (cost of equipment and utility cost) by optimization (effectiveness of scale expansion) of the lignite upgrading business scale was evaluated. In order to evaluate the adequacy of this business model, market size and its value chain investigation, the business competition situation study and objective investigation of the end-products price of produced upgraded coal were conducted. As a result of actualizing the corporate structure towards business model realization, when a coal market condition was performed into the market price interlocked with a coal market condition in upgrading product price of USD57/t by coal benchmark price of USD80/t, it was confirmed that IRR20% which is a targeted value for expected business realization could be achieved.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る