本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000285
タイトル平成28年度成果報告書 バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業 地域自立システム化実証事業 山林循環再生をめざすバイオマスエネルギー活用地域自立システム化実証事業の事業性評価(FS)
公開日2017/6/7
報告書年度2016 - 2016
委託先名山陽チップ工業株式会社 株式会社EECL
プロジェクト番号P14024
部署名新エネルギー部
和文要約「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業」地域自立システム化実証事業 山林循環再生をめざすバイオマスエネルギー活用地域自立システム化実証事業の事業性評価(FS)

山口県下関市に本社があるチップ生産業者の山陽チップ工業(株)と熱供給事業者の(株)EECLが連携し、山口県で木質系バイオマスエネルギーを活用した地域自立システム化をめざす。山陽チップ工業(株)は、森林資源を活用した循環型社会構築を、(株)EECLは再生可能エネルギーを活用した6次産業化による地域づくりをめざしている。
山陽チップ工業(株)で発生する未利用の木質バイオマスを原料とする燃料化事業と、その燃料を使用して(株)EECLが行う熱供給事業および熱電供給事業の事業性評価(FS)を行った。以下にその要約を示す。
◆バイオマス原料調達、エネルギー変換のまとめ
山陽チップ工業(株)が収集している開発支障木を破砕したチップは堆肥用に利用されているが未利用分が多く、新規で有効な活用方法としてペレット燃料の原料として利用を検討した結果、ペレット販売単価を20円/kg、補助率2/3の補助金を活用した場合、初期投資が約8年で回収と予想された。
◆エネルギー利用のまとめ
山陽チップ工業(株)が製造したペレット燃料を(株)EECLが燃料としてペレットボイラで製造した温水をホテルや温浴施設へ供給する熱供給事業は、ペレット購入単価を20円/kg、補助率2/3の補助金を活用した場合、初期投資が約10年で回収と予想された。
また、ペレット熱電併給設備で製造した電力と冷温水をホテルへ供給する熱電供給事業は、ペレット購入単価を20円/kg、補助率2/3の補助金を活用した場合、初期投資が約5年で回収と予想された。
◆システム全体のまとめ
地域と連携し、地域自立システムの拡大展開が図れれば、燃料単価を下げることができ、経済性は向上すると考えられ、下関市や山口県等との連携を図っていく予定である。
英文要約Title:Business potential evaluation (Feasibility Study) of the local independent systematization utilized wood-based material biomass energy aim at forest recycling (FY2016) Final Report

Sanyo Chip Industry Co., Ltd. of a chip producer of which head office located in Shimonoseki City in Yamaguchi Prefecture cooperates with EECL Inc. of a heat supply company, and they aim at the local independent systematization utilized wood-based material biomass energy in Yamaguchi Prefecture. Sanyo Chip Industry aims at building a recycling society utilized forest resources and EECL Inc. aims at development of region utilized renewable energy by the 6th industrialization.
Business potential evaluation (FS) of the fuel enterprise, which uses as materials of unused woody biomass produced in Sanyo Chip Industry and the heat supply enterprise which EECL Inc. undertakes a heat and electricity supply business using the fuel, was performed.
The summary is shown below.
Summary of biomass raw material procurement and energy conversion
Although chips which crushed from forest thinnings collected by Sanyo Chip Industry are used for composts, there are many unused parts, and as for the result of having considered use as materials of pellet fuel as the new and effective practical use method, as the pellet sales unit price 20 yen [kg] when using the grant money 2/3 of the grand rate was utilized, the initial investment was expected to be paid back in about eight years.
Summary of energy use
About the heat supply business, which EECL Inc. produced the warm water by the pellet boiler used the pellet fuel Sanyo Chip Industry Co., Ltd produced is supplied to hotels and warm bath facilities, initial investment was expected to be covered in about ten years when the pellet purchase unit price of 20 yen / [kg] and the grant rates 2/3 are utilized.
Moreover, as for the thermoelectric cogeneration system which supplies the electric power manufactured with pellet cogeneration equipment and cold-and-warm water to hotels, initial investment was expected to be collected in about five years when the pellet purchase unit price of 20 yen / [kg] and the grant rates 2/3 are utilized.
Summary of the whole system
If they cooperate with the area and expansion deployment of a local independent system can be aimed at, the unit fuel price can be lowered, and the economic efficiency would be improved; accordingly it's expected to plan for cooperation with Shimonoseki City and Yamaguchi Prefecture, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る