本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000513
タイトル平成28年度成果報告書 クリーンコール技術開発 低品位炭利用促進事業 低品位炭利用促進事業可能性に関する検討 バリューチェーンの客観的検証及び事業の競合状況調査
公開日2017/6/15
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P16003
部署名環境部
和文要約地域遍在性が高く、価格のボラティリティーも高い原油や天然ガスと比較して、低品位炭は安価に生産可能であり、かつ供給ポテンシャルも豊富にある。こうした背景から、低品位炭の改質や乾燥技術が開発されてきたが、十分に価格競争力を持つビジネスモデルを構築できていなかったため、商用化には至っていない。平成24年、平成25年に当社が行った調査では、過去の研究開発を客観的に検証し、今後想定されるビジネスモデルを検証した。この結果、過去の研究開発においては、原炭の調達価格を安く、最終製品の価格を高く設定する傾向が見受けられ、これが商用化を阻む最大の要因であることが特定された。このことから、NEDOの研究開発マネジメントの一層の高度化のためには、「客観的な価格目標の設定」「バリューチェーンの構築」「実証体制の強化」の3点が重要であると指摘した。そこで本調査では、昨年度と今年度にて「1.バリューチェーン検証」、「2.競合プロジェクト調査」、「3.価格調査」、「4.評価委員会運営」を実施し、NEDOの研究開発マネジメントを支援した。本調査は調査対象としてインドネシアに焦点を当てた。調査対象技術は以下の通りである。(a) TIGAR(IHI)、(b) 褐炭改質(宇部興産)、(c) HPC(神戸製鋼所)、(d) A-SCC(エネルギー総合工学研究所)。それぞれについてバリューチェーン分析、競合分析、コスト分析により評価を行った。さらに、これら調査結果を評価委員会で報告するなど、評価委員会の運営を支援した。今後の主な課題としては石炭調達に係る交渉、調達や最終製品に係る価格戦略、コスト削減などが挙げられた。石炭ガス化技術、改質技術に関しては、インドネシアで強力な競合相手は見当たらなかった。並行して、低位推移しつつも上昇の兆しを見せる石炭価格の推移を今後も見守る必要がある。
英文要約Compared to crude oil and natural gas of which resources are unevenly distributed and have high price volatility, low-rank coal can be produced at a lower cost as well as it has plentiful supply potential. In this context, many technologies to upgrade low-rank coal has been developed. However, they have not been commercialized because price competitiveness and solid business models could not be established in the past R&D projects.n the surveys conducted in FY2012 and FY 2013, we studied past R&D projects, and concluded that the cost target of final products tended to be se higher than market price, procurement cost of low-rank coal were assumed lower than actual price, since technology developers set these cost targets by themselves. Therefore, it has been suggested to set the cost target objectively, build value chain in an early stage, and reinforce team formation of demonstration projects.In this context, this study researched four items; 1) value chain analysis, 2) survey on competing projects, 3) cost target survey, and 4) supporting service for the evaluation committee in FY2015 and FY2016.The target area of this study is Indonesia. The target projects are as bellow; a) TIGAR (IHI), b) Lignite upgrading (UBE), c) Hyper coal (KOBELCO), d) A-SCC (IAE). We conducted to estimate each projects by means of value chain analysis, competitive analysis and cost analysis. Finally these study results were presented in the evaluation committee, supporting objective assessment of proposed projects. The main issues in the future are the negotiation with coal suppliers, the price strategy of coal procurement and final product, and cost reduction. There are no strong competitors of coal gasification and upgrading technology in Indonesia. Moreover we should continue to pay attention to the coal price trend in the future, which has been low level for a while, however be seen to rise currently.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る