本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000120
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際関連事業/国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/太陽光発電システム遠隔保守実証事業
公開日2017/7/6
報告書年度2014 - 2015
委託先名NECネッツエスアイ株式会社 株式会社システム・ジェイディー
プロジェクト番号P93050
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際関連事業/国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/太陽光発電システム遠隔保守実証事業

自動車を中心とした産業の集積によって着実な成長を続けるタイでは、経済の発展に伴って増加する電力需要に対応するため、安定した電力供給源確保が重要な課題となっている。現在、タイは発電量のうち全体の約7割を天然ガス火力発電に依存しているが、国内生産天然ガスは2015年頃にピークアウトするとされていることから、とりわけ「発電用エネルギー割合の多様化(Fuel Diversification)の実現」が重要課題とされ、その中で、再生可能エネルギーについても積極的な開発目標を定め、固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ、「FIT」)を設けるなど、その実現を後押ししている。太陽光発電は、再生可能エネルギーの中でもっとも多くの発電量を賄うことが期待され、2011年頃から多くの産業用太陽光発電所が建設されてきており、今後もルーフトップ型を中心にさらなる増加が見込まれている。また、このような発電案件数の増加に伴い、発電所の発電高効率の維持が課題となってきているが、現在市場に投入されている従来型の遠隔監視システムは、発電量の変化から故障を検知する方法が主体で、故障なのか天候不良なのか、他の要因なのか「原因」を特定することが困難である上、パワーコンディショナー(パワコン、PCS)またはストリングス単位での監視となり、故障パネルを特定することが困難であるという問題点がある。そこで、NECネッツエスアイ株式会社ならびに株式会社システム・ジェイディーは、パルス検知型(TDR方式)によって故障をパネル単位で検知する技術「SOKODES」を搭載した携帯型端末および同技術を組み込んだ遠隔監視システムのタイ国における展開を目指し、同技術の実証要件適合性等の検証調査を実施した。調査においては、太陽光発電事業に関係する事業者として、発電事業者、パネル・パワコン等機器サプライヤー、EPC事業者、保守運用(O&M)事業者等へのヒアリングを行ない、同技術のタイでの市場性が大きいことを確認すると同時に、今後1ー2年間が同技術のタイ市場におけるニーズがもっとも高まるタイミングにあることを確認した。また、技術的な検証の観点から、携帯型のSOKODESを使用して実際のサイトで故障検知テストを実施したところ、気候条件等の異なるタイにおいても日本での試験結果と同程度の検知性能が発揮できることが確認された。なお、タイでの市場をさらに拡大していくためには薄膜系パネルや多セル型パネルへの対応といった解決課題が洗い出されたため、今後、技術的な対応を含めて検討を進める必要があることも確認された。以上の調査結果から、本件は、国際関連事業/国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業として実証実験を実施していくよりも、現在ある商機を逸さずに市場展開に向けた商業ベースでの活動を進めていくメリットの方がより大きいものと判断し、実証のステージには進まず、本調査結果をもってビジネスベースでの展開を進めることとした。
英文要約itle: The interim performance report in (FY2014-FY2015)Final Report

-Demonstration experiment of global technology and systems for energy efficiency -Investigation of demonstration requirements suitability -Demonstration experiment of photovoltaic system’s remote maintenance For optimization of photovoltaic system in Thailand, we developed a hypotheses about efficient photovoltaic system’s remote maintenance, and examined the system marketability and suitability for future business. The details are as follows.Securing a stable supply of energy has become the top-priority issue in Thailand because of the recent rapid economic growth attributed mainly to automotive industry development. The country currently depends on natural gas-fired power generation, which produces approximately 70% of the total output; however, the domestic production of natural gas in Thailand is expected to reach its peak around 2015. Therefore, As Thai government recognize that the realization of a ‘Fuel Diversification’ is one of the most important issues, they boost the development of renewable energy by setting attractive target and introduction of Feed in Tariff for those business operators.Since a lot of photovoltaic (PV) power plant has been built from 2011, the market of rooftop solar system is expected to grow further. With this background, keeping those PV systems to generate with high efficiency has become the most important issue for those business operators. However, the technology to detect failure of PV systems currently used in the market can detect the strings in problem, but cannot detect the exact position of damaged panels or connection cable. NEC Networks & System Integration Corporation and System JD Co., Ltd., the contractors of this project, examined the feasibility of introducing portable type ‘SOKODES’, the technology to detect the position of damaged PV panels, and the total Operation and Management(O&M) system of PV systems which uses the technology of SOKODES above, which realizes sustainable high-efficiency operations of PV firms in Thailand. The contractors conducted interviews on relevant players of PV business in Thailand, for instance, Power producers, PV panel manufactures, Power conditioner manufactures, EPC business operators, and O&M business operators in the study. The results of the study indicated that the ‘SOKODES’ technology is suitable for Thai PV market and will be most welcomed in very near future, this one or two years from now on. From a technical perspective, the contractors also conducted the examination of portable ‘SOKODES’ at some PV power plants in Thailand and the study showed the technology can be used in same condition as in Japan despite difference of climate between Japan and Thailand, but also clarified several issues to be tackled, such as technical adaption to thin film type PV panel or 70cell multi cell panel.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る