本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000276
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タイにおけるファインバブル応用水質浄化技術に係る実証要件適合性等調査
公開日2017/7/6
報告書年度2014 - 2015
委託先名一般社団法人ファインバブル産業会 グリーンブルー株式会社 株式会社サイエンス 株式会社富喜製作所
プロジェクト番号P93050
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/実証要件適合性等調査/タイにおけるファインバブル応用水質浄化技術に係る実証要件適合性等調査

我々はファインバブルが持つ「生理活性作用」などの効果を利用した廃水処理に関するノウハウを日本において培ってきた。このノウハウを活用し、タイにおいて廃水処理にファインバブルを用いることにより、消費エネルギーも削減でき、水質浄化効果も得られる一貫した排水処理システムの普及を図ること目的に、調査事業をスタートした。様々な業種に及ぶ現地事業所において実際の廃水にファインバブル処理をかけ、水質浄化効果、消費エネルギーの検証を実施した。食品工業(高脂肪、低脂肪)ではファインバブルによる水質浄化の効果が確認できたことから、当調査への協力企業の関心は高い。一方で、金属プレス加工業では、ファインバブル単独での十分な水質浄化効果を得られなかった。特に、低脂肪食品工業の1社については、ファインバブルによる廃水処理により排水基準を下回り、追加料金を課せられないレベルまで改善できる結果が得られている。提案時には、日本国内で実績のあるファインバブルを用いた水質浄化処理システムを、タイ国内で実証し普及させることを想定していたが、実際の調査の結果以下の2点が明らかとなった。(1)廃水処理の過程は各工場でまちまちであり、画一的な水質浄化処理システムについては需要がなかった。(2)システムの導入より、少ない経費で既存の施設に取り付けられ浄化効果の得られるファインバブル発生装置に需要がある。今後、システムとして販売するのではなく、ファインバブル発生装置単体の販売、設置時のコンサルティングをビジネスとして展開することが望まれる。
英文要約Title:International Demonstration Projects for Finebubble technologies to Water treatment facilities in Thailand (FY2014-FY2015) Final Report

We had obtained the know-how for waste water treatment using the fine bubble effect of "physiological activity“, etc. in Japan. Taking advantage of our know-how, we started the project for the purpose of reducing energy consumption in Thailand, with the aim to disseminate an integrated waste water treatment system which fine bubble technology is applied in various part of. We have implemented on-site FB treatment to the various kinds of factory sites to verify water purification effect and energy consumption. At food industry (high-fat, low-fat) the effect of the water purification by fine bubble could be confirmed. Therefore, the interest of companies who participate in the on-site survey is high. On the other hand, in the metal stamping we did not obtain sufficient water purification effect of the fine bubbles alone. In particular, for the low-fat food factory surveyed, FB treatment improved water quality below the drainage standard to a level that cannot be subject to surcharge. At the time of proposal, the integrated water purification processing system using a fine bubble was supposed to be popular in Thailand, but we realized that; (1) process of wastewater treatment is different at each plant, so there was no demand for uniform water purification processing system, and (2) compared with an integrated system for wastewater treatment, there is more requirement to a fine-bubble generating device, in the additional installation to an existing facility at low costs. Instead of selling as a system, expansion of unit sales and consulting of fine bubble generating devices are expected as a business.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る