本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000391
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業(普及促進事業/実証要件適合性等調査)/農業廃棄物を利用したBDF等普及による省エネルギー実証事業に関する調査
公開日2017/7/6
報告書年度2014 - 2015
委託先名豊田通商株式会社 株式会社野村総合研究所 伊藤工機株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名イノベーション推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成27年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業(普及促進事業/実証要件適合性等調査)/農業廃棄物を利用したBFD等普及による省エネルギー実証事業に関する調査

本調査は、パーム油生産に伴い発生する廃棄物からバイオメタノールを生産する事業の可能性を評価するための基礎調査である。メタノールは、バイオディーゼル(BDF)原料やガソリンへの直接混合などの輸送燃料として利用することができる。また、廃棄物から製造することにより、第2世代のバイオ燃料として高付加価値市場にアクセスすることが期待できる。一方で、タイ・マレーシア・インドネシアではパーム油生産にともない、大量の廃棄物が発生しており、特にPOMEは開放池で浄化処理され、温室効果の高いメタンガスを大量に大気放散し、地球温暖化の要因ともなっている。政府は、嫌気性メタン発酵装置の設置を推奨しているが、経済的な課題から普及のスピードは遅く、経済的な活用方法が求められている。当事業は、これらの廃棄物からメタノールを経済的に生産するしくみを構築することを目的としている。パーム油生産は1千工場以上にもおよぶ分散型の生産体系となっており、メタノールの大規模生産のためには、エネルギー密度の低い廃棄バイオマスを大量に輸送する必要が生じ、物流コストにより経済性が得られなくなる。当事業の課題は、パーム油工場単体もしくは近隣の工場から発生する廃棄物量で経済的にメタノールを生産するしくみの構築であり、年間5千ー1万トンの生産規模における実現性を評価した。
英文要約Title: Fundamental Research Project for the demonstration project in energy-saving measures by production and utilization of biofuel such as BDF by using waste biomass in palm oil industry (FY2014-FY2015) Final Report

This basic research was made to assess the potential of Bio-Methanol production from waste in palm oil production. Methanol can be used transport fuel such as biodiesel fuel (BDF) and gasoline direct blending, and Methanol made from waste can access to the high value market as 2nd generation biofuel. Major palm oil production countries are Thailand, Malaysia, Indonesia, and generate huge amount of waste. Especially, palm oil mill effluent (POME) is treated in the open lagoon system and emit huge amount of Methane gas, the strong greenhouse gas. The government has promoted installation of the anaerobic digestion system in order to capture and use of biogas, but it would be left behind in many palm oil mills due to economic reason. Aim of this project is production of the Bio-Methanol from these wastes economically. However, Palm oil production factories are distributing, more than 1000 factories are located in each palm plantation area. So it is not economical in logistic cost of low energy density waste biomass when we think large volume of Methanol production. This research was made Challenges of this project are how to make the Bio-Methanol economically in small production scale around 5,000-10,000 tons annually.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る