本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000475
タイトル平成26年度ー平成27年度成果報告書 水素利用技術研究開発事業/FCV及び水素供給インフラの国内規制適正化、国際基準調和・国際標準化に関する研究開発/水素ステーション機器における実用化技術の海外動向及び国際標準化動向に関する検討
公開日2017/7/6
報告書年度2014 - 2015
委託先名一般財団法人エンジニアリング協会
プロジェクト番号P13002
部署名新エネルギー部
和文要約開発項目「水素利用技術研究開発事業/FCV及び水素供給インフラの国内規制適正化、国際基準調和・国際標準化に関する研究開発/水素ステーション機器における実用化技術の海外動向及び国際標準化動向」に係る調査検討(平成26年度ー27年度)
1. 事業内容 サブテーマ1:ISO等の国際標準化の動向調査 サブテーマ2:海外の水素ステーション機器メーカーの開発動向調査 2. 成果概要
2-1<サブテーマ1:ISO等の国際標準化の動向調査>水素ステーション機器に関連する国際標準化活動であるISO/TC197等について動向を調査し、制定状況を把握した。国内意見が反映されたISO等の国際標準案策定の支援を通じて調査の確度を高めた。
2-1-1 ISO/TC197における標準化対象項目、内容、制定状況等を調査した。・WG24(水素ステーション)に日本のエキスパート4名を登録し、日本の技術意見を反映した。
・日本主導による新規提案を行い、WG27(水素仕様の改定・統合)及びWG28(水素品質管理)を 日本コンビナにて立ち上げた。・WG15(蓄圧器)、WG17(PSA)、WG18(車載用水素容器)、WG19(ディスペンサー/日本コンビナ)、WG20(バルブ)、WG21(コンプレッサー)、WG22(ホース)の国際会議に日本エキスパートを派遣し、国際規格策定に日本の技術意見を反映し、我国の国益に資するように努めた。2-1-2 国内の有識者の参加協力を得てISO/TC197の動向調査内容の確度向上を行った。
・ISO/T197水素エネルギー技術標準化委員会を実施し、各WGの課題等を討議した。2-1-3 ISO/TC197総会の支援を通じて動向調査内容の精度向上を行った。
・2014年12月に日本ホストにて福岡にて総会開催した。(参加者、海外30名、日本20名)
・2015年12月に、米国LA/Torranceにて総会開催。日本から約10名参加、日本意見を反映。
2-1-4 業界団体及び国際標準化関連審議団体との連携した。・(一財)日本自動車研究所 (ISO/TC22審議団体)、(一社)日本電機工業会(IEC/TC105燃料電池
審議団体)、高圧ガス保安協会(ISO/TC58高圧容器審議団体)との連携を取り、国際標準化活動の状況を調査した。2-2<サブテーマ2:海外の水素ステーション機器メーカーの開発動向調査>
海外の水素ステーション機器及び水素ステーションの設置状況を把握し、普及開始に向けた状況を調査した。2-2-1 国際ワークショップへ参加し、海外メーカーの開発動向を調査した。
・WG24(水素ステーション)国際会議にて離隔距離Task、保安検査Task、危機管理Task等のワークショップへ参加し、海外メーカーの開発動向を調査した。
2-2-2 水素関連の国際会議に参加し、関連情報の収集・交換を実施した。・WHEC 2014(世界水素エネルギー会議2014)や、FC Seminar 2014 (US)(FCセミナー2014/米国)等の水素に関連する国際会議に参加して、海外の水素ステーション機器及び水素ステーション設置状況等、技術開発情報の収集を行った。
英文要約Title: Research and survey for the development item "hydrogen utilization technology-National regulations optimization of the FCV and hydrogen supply infrastructure-international standardization trends of practical technologies in research and development of hydrogen station equipment on international harmonization and international standardization
Contents: Sub-theme 1: Survey for ISO international standardization movement Sub-theme 2: Survey for the development trend of overseas hydrogen station equipment manufacturers
2. Outcome Overview: 2-1 Sub-theme 1: Survey for ISO international standardization movement. We investigated the trends for ISO/TC197 (H2 technology) international standardization activities related to hydrogen station equipment and we reflected Japan’s domestic opinion.
2-1-1 Investigated for ISO/TC197 movements and its establishment status - WG24 (h2 station): registered 4 Japanese experts to reflect the technical opinion of Japan.
- Conducted a new proposal by the Japan-led, WG27 (H2 specification, revision and integration and WG28 (H2 quality control) were launched with Japan convenor.
- Japan’s experts attended to International Conference of WG15 (H2 Tank), WG17 (PSA), WG18 (H2 tanks for vehicle), WG19 (dispenser/JP convenor)- WG20 (valve/JP conveno), WG21 (compressor), WG22 (hose) and contributed Japan’s interest into these standardizaions.
2-1-2 The participation and cooperation of domestic experts to improve the survey.- We conducted the mirror committee meeting to discuss the issues and subjects of each WG. And improved the accuracy of survey.
2-1-3 To support ISO/TC197 Plenary meeting: - Held in Fukuoka with Japan's host in December 2014. (Participants, overseas 30 people, Japan 20 people)-In 2015 December, held at US/LA (Torrance) and about 10 JP experts and reflected JP opinion.
2-1-4 Cooperation and coordination with industry associations and groups.- We coordinated and cooperated with Japan Automobile Research Institute (JARI) (ISOTC22), Japan Electrical Manufacturers' Association (JEMA) (IEC/TC105/FC), and the High Pressure Gas Institute of Japan (KHK) (ISO/TC58 high-pressure container) and investigated the situation of the international standardization activities.2-2 -WHEC 2014 (World H2 Energy Conference 2014) and FC Seminar 2014 (US) internationalconference related to hydrogen station equipment and its installation status, etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る