本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000309
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 サウジアラビア王国における二酸化炭素の回収・貯留・利用(CCUS)プロジェクトの案件調査
公開日2017/7/6
報告書年度2015 - 2016
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約本案件調査では、サウジアラビアにおいて、CO2の回収・貯留・利用(CCUS)プロジェクトの事業化推進に係る各種調査・分析を実施した。サウジアラビアでのCCUSプロジェクトを想定し、日本企業によるCO2の回収・貯留・利用技術(主にCO2回収装置)の導入可能性を検討するとともに、当該プロジェクトの実現によって達成される温室効果ガス排出削減方法論を検討した。調査内容は以下のとおりである。1.サウジアラビアにおける気候変動政策および温室効果ガス排出状況:サウジアラビア政府は、2015年11月、UNFCCCに対してパリ協定に盛り込まれる自国の温室効果ガス排出削減目標を記載した、約束草案(INDC)を提出した。その約束草案において、気候変動緩和のために省エネルギーの推進、再生可能エネルギーの導入、天然ガス利用の推進と並んで、CO2回収・貯留・利用技術の導入を掲げている。また、国内の産業構成について多様化することを前提として、2030年に1.3億tCO2eの温室効果ガス排出削減を実現するとしている。一方、サウジアラビアのエネルギー起源CO2排出量は急増している。2014年の排出量は5億659万tCO2eとなり、1990年(1億1,508万tCO2e)の約3.35倍となっている。CO2排出量が増加している背景には、人口増加、経済発展に伴う電力・水需要の増加、天然ガスの不足による石油消費量の増加などが挙げられる。総CO2排出量の増加だけでなく、一人あたりCO2排出量も増加傾向を示しており、約束草案の目標を実現するには、抜本的かつ大規模な取組が求められる状況にある。2.対象プロジェクトの事業性評価: 本事業で導入を目指すCO2回収装置については、様々なCCUSプロジェクトへも適用可能である。CO2回収量やJCMプロジェクト化を目指すことをふまえ、本調査では火力発電所等の大規模なCO2源にてCO2を回収し、そのCO2をEORへ活用するCCUSプロジェクトを想定することとした。現地調査等を踏まえてサウジアラビア側の状況を反映させた事業計画を作成し、原油価格やCO2による増油効果等をパラメータに感度分析を行ったところ、1バレルあたりの原油価格がある一定価格に達し、CO2注入量1トンあたりの増産効果がある一定量に達した場合は、十分経済性のあるプロジェクトであることが確認された。3.MRV方法論の検討:方法論案については、米国The American Carbon RegistryがCalifornia州の排出権取引制度向けに開発した、CCSプロジェクト(EOR含む)におけるCO2排出削減量を算定するための方法論であるMethodology for GHG Emission Reductions from Carbon Capture and Storage Projects,v1.0を参考に、本プロジェクトにおいて想定される条件をふまえて検討した。本調査により具体化されるプロジェクト内容をふまえ、石油・ガス産業の特性やサウジアラビア側が想定しているCCUSプロジェクトをふまえつつ、環境十全性や法的責任などJCMプロジェクトとして登録可能な条件との調和を図り、方法論案を完成させる。4.温室効果ガス排出削減見込量は提案方法論と想定されるプロジェクトを元に試算を行い、約109万t-CO2/年の排出削減量となった。
英文要約In this Study, we carried out several investigations and analyses on the development CCUS projects in the Kingdom of Saudi Arabia (KSA). We considered the possibility of installing equipment related to carbon dioxide capture, utilization and storage that are provided by Japanese manufacturers and reviewed the methodology for reducing GHG emissions achieved by the project. Followings are the main survey items: 1. The KSA's climate change policy and status of greenhouse gas emission: We first investigated the status of KSA's climate change policy. Mainly on the basis of KSA’s INDC that were submitted to the UNFCCC in November 2015, we confirmed that KSA will actively tackle energy conservation, renewable energy, natural gas utilization, and CCUS as a part of climate change mitigation. In addition, KSA declared that KSA will seek to achieve mitigation co-benefits ambitions of up to 130 million tons of CO2e avoided by 2030 annually through contributions to economic diversification and adaptation. On the other hand, KSA’s CO2 emissions from fuel combustion are rapidly increasing. CO2 emissions in 2014 are 507 million tCO2e that is about 3.35 times CO2 emissions in 1990 (115 million tCO2e). Background of increasing CO2 emissions includes population growth, increasing power and water demand due to economic development and increasing oil consumption due to the lack of natural gas. To achieve the target declared in their INDC, drastic efforts are required for KSA. 2. Project plan review: This study considered CO2 that is captured from large-scale CO2 sources such as thermal power plants, which is commonly utilized for EOR as the CCUS project. In this feasibility study, we developed the CCUS project plan and evaluated business feasibility for the CCUS project by conducting sensitivity analysis of various crude oil price and incremental oil production. At a certain level of oil price and a certain level of incremental oil production, we confirmed the CCUS project is economically feasible. 3. MRV methodology: Referring to the achievements and investigation results of the past projects, we reviewed the MRV methodology. The proposed MRV methodology for reducing emissions in this project was developed by considering the expected conditions while referring to the Methodology for GHG Emission Reductions from Carbon Capture and Storage Projects, v1.0 developed by the American Carbon Registry for determining the amount of CO2 emission reduction in CCS (including EOR) projects. 4. Calculation of emissions reduction by the CCUS project: Calculation of emissions reduction by the CCUS project is estimated about 1.09 Mil. tCO2/year based on the developed methodology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る